■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「糖質制限」と「アドラー心理学」

2016年07月17日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

ryo0717

 

 

糖質制限が大流行してからしばらく経ち、

少しずつ、流行に乗って実践していた方が

離脱している状況のようです。

 

早い人で1-2ヶ月、頑張った人でも半年程度で、

元の食生活に戻っている方が多いですね。

 

私は、以前も書きました通り、

無類の糖質好きでして、

ビール、お寿司、ラーメン、パスタなど、

糖質の多い大好物を手放すことは考えられず、

最初から敬遠していました。

 

ただ、これだけ流行する事実の裏は学ぶべきだと、

糖質制限関連の書籍を20冊以上読んで、

自分なりの見解を持つ努力はしています。

 

それこそ、

 

「糖質制限が人類を救う」

 

から、

 

「糖質制限で人は死ぬ」

 

まで。

 

幅広く、バイアスが掛からないよう

無意識に手に取って知識を仕入れています。

 

まだまだ勉強中の身ですが、

現時点の糖質制限に対する結論としては、

 

・糖尿病患者には、最適な処方箋である

 

・一時的に体重を落とす効果はとても大きい

 

・ただ、病人やストイックな方以外には、

 続けることはストレスが大き過ぎる

 

と定義しています。

 

糖質を学ぶ中で、

日本における過剰な糖質摂取が

大量の糖尿病を誘引していて、

年間3000人が失明し、3000人が脚を切断し、

16000人が人工透析を受けているという

深刻な現状を知りました。

 

ですから、私も、

糖質が「過剰」であった部分は反省し、

ご飯のお代わりを控えたり、

宴会後のラーメンを(時々)控えたり、

「うどん」と「丼物」セットなどは

選ばないようにしています。

 

適度に続けられる範囲で、

新たな知恵を取り入れていく、

というスタンスです。

 

最近は、日本米よりタイ米の方が糖質が少なく、

また、タイ米には血糖値上昇スピードが比較的遅い

デンプンの「アミロース」が豊富とのことで、

お米を食べたくなったら

タイ料理で「ガパオ」を選んだりしています。

 

タイ人が痩せているのは、

気候の違い、文化の違い、さらには、

唐辛子やパクチーなどデトックス作用の高い

食を好むという食文化の違いなど、

原因が多数あると思いますが、勉強しながら、

楽しみながら、体内実験しています。w

 

私の選択は、常に、

 

「それを長く続けることができるか?」

 

を大事にしています。

 

ビジネスも、結婚も、食生活も、

何かを選択する時に、一時的な感情で

短絡的に動くのではなく、

5年後も10年後も、変わらずに続けられることを

重視して選択しているのです。

 

「アドラー心理学」で啓蒙されている通り、

誰かの視線を意識して、褒めてもらったり

認めてもらうためにやるのでは無く、

他者と切り離し、自分の心で選ぶのです。

 

それこそが、人生において、

ストレス無く幸せに生きていくコツだと

考えています。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

  • by 竹澤

    いろいろな情報が溢れている中で、どの情報が正しいものなのか、考えながら吸収していく作業って面白いですよね!
    そしてそれらの情報をもとに長く続けていくことが出来るのか?を考える。
    褒められるため、認めてもらうためではなく、自分のために!ってことですね!

    19 7月, 2016 3:34 PM




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: