■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


WONDAがジョージアに勝てない理由

2013年12月02日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

1118_21

AKB48は電通の「商品」である!

 

ということに関しては、

以前も書きました。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/AKB48_1

 

ですから、本日のAKB48関連情報は、

広告の話題として、

彼女達がキャスティングされている

アサヒ飲料「WONDA」を

取り上げますね。

 

コーヒー飲料業界では、長い間、

熾烈なブランド戦争が行われています。

 

そのような中で、

「WONDA(ワンダ)」が生まれたのは、

1997年のことです。

 

アサヒ飲料が、

 

「新世代に向けた新世代の缶コーヒー」

 

として発表し、

当時、新世代のヒーローだった

タイガー・ウッズをCMに起用して、

一気にブランド認知戦略に出ました。

 

その戦略が当たり、

ある程度のイメージが定着しましたが、

競合との一進一退の攻防の中で

ブランドが薄まっていきます。

 

そんな危機感の中で、

2002年に開発された商品が

「WONDA モーニングショット」です。

 

この商品は、

斬新なマーケティングで

生まれました。

 

それまでのコーヒー市場では、

以下の2軸のマトリックスで

ブランド構築されていました。

 

1.「男性・女性」×「年齢高・低」

 

2.「ミルク・ブラック」×「加糖・無糖」

 

そんな中で、

「WONDA モーニングショット」は

 

「朝・夜」×「年齢高・低」

 

という新たなマトリックスを描き、

『朝・サラリーマン』に特化した

商品開発をしたのです。

 

「朝専用」という点を大々的にPRし、

所ジョージさんや仲間由紀恵さんを起用して、

「朝=モーニングショット」という

ブランドイメージを確立したのです。

 

そうした上で、

勝ち取ったブランドを

「WONDA」全体に拡げるべく、

AKB48を活用したCM展開を

行っているというのが、

現在の状況です。

 

極めて巧みなブランド戦略だと

評価出来ると思いますが、残念ながら、

「WONDA」は、「ジョージア」に

勝つことが出来ません。

 

「ジョージア」が起用しているタレントは、

古くは飯島直子さん、安田成美さん、

古手川夕子さんなど。

そして現在は、永作博美さん、三浦知良さん。

 

これらのタレントに負けている、

という訳ではありません。

 

起用しているタレントの差、

ではないのです。

 

ある重大な分野において、

圧倒的に負けている部分があるのです。

 

それが、自動販売機。

 

全国に設置されている自動販売機の数が、

両ブランドで圧倒的に違うのです。

 

ジョージアを持つコカ・コーラは、

約100万台。

 

WONDAを持つアサヒ飲料は、

約25万台。

 

販売母数が約4倍あるのですね。

 

コカ・コーラは、

ランチェスター戦略により、

競合との体力戦で

圧倒的勝利を収めています。

 

自動販売機という

チャネルの影響力に特化し、

数で勝負するという戦略ですね。

 

どれだけ緻密なマーケティングも、

圧倒的な「数」が凌駕する。

 

どんなに良いイメージを帯びても、

絶対量で負けていたら敵わない。

 

この視点は、

目の前のビジネスにも

役立てられると思いますので、

ご参考にしてみて下さいね!

 

 

【Ryo’s Video】

・vol.1 「コミュニケーションデザイナーになろう」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2793

・vol.2 「電通SIPSの考察」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2802

 

【Ryo’s Voice】

・vol.1 「情報業界ってどうなの?」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2729

・vol.2 「就職はすべきかどうか?」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2767

 

藤沢涼


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料

 


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: