■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「思考」を「ジャンプ」させ、課題解決を

2020年09月10日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

「宇宙計画に政府が出資しないならば、

 自分が宇宙を、地球に持って来る!」

 

と語り、映画「E.T.」で人々を熱狂させた、

スティーヴン・スピルバーグ。

 

彼のように、「思考」を「ジャンプ」させる力が、

閉塞感溢れる現代には、とても重要だと思います。

 

与えられた課題に対して、

身近にある解決方法の選択肢から選ぶのではなく、

今までの枠組みから外れた、革新的な発想を生み出す

「水平思考」を取り入れる必要があるのです。

 

確実性は低くなりますが、それを恐れていたら、

自分も、社会も、何も変わりません。

 

私が起業を決意した時も、

このような「思考」の「ジャンプ」を意識しました。

 

マスメディアが凋落し、

インターネットメディアが繁栄していく時代に、

電通は、収益構造を変えることに苦戦していました。

 

まだ若手だった私にとって、

組織全体を動かす力はありません。

 

しかしながら、

 

「下りのエスカレーター」

 

と言えるマスメディアから、

 

「上りのエスカレーター」

 

となるであろうインターネットメディアに

乗り換えていくチャンスは、目の前で、

一瞬のうちに、過ぎ去ろうとしていました。

 

私が社内で指揮を取ることができるまで

待っている猶予はありません。

 

だからこそ、

自らが飛び出ることを選んだのです。

 

また、起業してからも、常に、

思考のジャンプを考え続けています。

 

例えば、高級車や高級マンション、

ブランド品などで人を魅了するマーケティングは、

一つの成功例でした。

 

ところが、そこに嫌悪感を抱く層は確実に存在し、

私自身も、その一人でした。

 

ですから、自然体の自己表現を貫き、

その延長線上に、一つの新たな成功例を

創り出すことを考えたのです。

 

このように、私は、これまでにあった成功例や

選択肢から選ぶのではなく、自ら、

新たな道を創り出す思考を大切にしています。

 

ゴールドラッシュが沸いた時代に、

テントを売って儲けようとしたリーバイ・ストラウスが、

売れないテントの山を見て、その厚手のデニム地を使い、

ジーンズを売ることに切り替えて大成功したように。

 

何か上手くいかないことがあっても、すぐに諦めず、

発想を転換すれば歯車が回り始めます。

 

私自身も、これまでに何度もジャンプする瞬間があり、

その度に、恐怖感を乗り越えてきました。

 

本当に自分が歩みたい道を歩むためには、

いくつかの「谷」を、

越えていかなければいけないと考えています。

 

これからも、道の途中で

ジャンプを要求されることがあるでしょうが、

恐れず、怯まず、飛んでいきたいと思います。

 

追伸;

 

本日の写真は、車の中で仲良しな息子&娘です^^

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

http://fujisawa-ryo.com/rp_b

「思考」の「ジャンプ」で課題解決

2016年07月30日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

tsubasa20160730

 

宇宙計画に政府が出資しないならば、

自分が宇宙を地球に持って来ると語り、

映画「E.T.」で人々を熱狂させたスピルバーグ。

 

彼のような「思考」を「ジャンプ」させる力が、

閉塞感溢れる現代に、とても重要です。

 

与えられた課題に対して、

身近にある解決方法の選択肢から選ぶのではなく、

今までの枠組みから外れた、革新的な発想を生み出す

「水平思考」を取り入れる必要があるのです。

 

確実性は低くなりますが、それを恐れていたら、

自分も、社会も、何も変わりません。

 

私が起業を決意した時も、

このような「思考」の「ジャンプ」を意識しました。

 

マスメディアが凋落し、

インターネットメディアが繁栄していく時代に、

電通は、収益構造を変えることに苦戦していました。

 

まだ若手だった私にとって、

組織全体を動かす力はありません。

 

しかしながら、

下りのエスカレーターであるマスメディアから

上りのエスカレーターとなるインターネットメディアに

乗り換えていくチャンスは、目の前で、一瞬のうちに、

過ぎ去ろうとしていました。

 

私が社内で指揮を取ることができるまで

待っている猶予はありません。

 

だからこそ、自らが飛び出ることを選んだのです。

 

また、起業してからも、常に、

思考のジャンプを考え続けています。

 

例えば、高級車や高級マンション、

ブランド品などで人を魅了するマーケティングは、

一つの成功例でした。

 

ところが、そこに嫌悪感を抱く層は確実に存在し、

私自身も、その一人でした。

 

ですから、自然体の自己表現を貫き、

その延長線上に、一つの新たな成功例を

創り出すことを考えたのです。

 

このように、

これまでにあった成功例や選択肢から選ぶのではなく、

自ら、新たな道を創り出す思考を大切にしています。

 

ゴールドラッシュが沸いた時代に、

テントを売って儲けようとしたリーバイ・ストラウスが、

売れないテントの山を見て、その厚手のデニム地を使い、

ジーンズを売ることに切り替えて大成功したように、

何か上手くいかないことがあっても、すぐに諦めず、

発想を転換すれば歯車が回り始めます。

 

私自身も、これまでに何度もジャンプする瞬間があり、

その度に、恐怖感を乗り越えてきました。

 

本当に自分が歩みたい道を歩むためには、

いくつかの「谷」を、

越えていかなければいけないと考えています。

 

これからも、道の途中で

ジャンプを要求されることがあるでしょうが、

恐れず、怯まず、飛んでいきたいと思います。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

宇宙を地球に持って来るんだ!

2013年12月09日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

1118_12

「人の想像力をかきたてる宇宙計画に

政府が出資しないなら、

私は宇宙を地球に持って来て、

少しでも想像力の助けにする。」

 

映画『E.T.』は、

中止された宇宙計画に対する

スピルバーグのメッセージです。

 

80年代最大のヒット映画で、

公開当時は映画史上最大のヒット作。

 

伝説の映画ですよね。

 

子供達がE.T.と初めて出会うシーンは、

実際に撮影する際に初めて、

会わせたそうです。

 

ですから、あの絶叫は演技ではない。

 

子役の素の表情なのです。

 

また、E.T.の特別な力の中で、

主人公のケガを治すシーンがあります。

 

映画の中でも、

名シーンの一つですね。

 

これは、子供達に、

 

「こんな力があったら良いな」

 

と思うものを聞いてみた時に

出て来たものだそうです。

 

子供は、誰かの命を救うような

大げさな願いの前に、

「イタイの」を無くして

欲しいのですね。

 

そして、映画は全編を通して、

カメラの視点を低くしています。

 

子供目線を意識して、

子供が自然と見られるように

考えられているのです。

 

このように、すべてにおいて、

「子供が楽しんでもらえるように」

作られた名作。

 

マダム・タッソーでE.T.に再会してから、

もう一度見たくなったんです。

 

まだ理解出来なくても、

翼にも見せてあげたいと思って。

 

そして・・・

 

途中で飽きて

寝てしまった息子の両脇で、

号泣してしまった私達夫婦。。

 

最近、涙腺がゆるくて困ります・・・。

 

【Ryo’s Video】

・vol.1 「コミュニケーションデザイナーになろう」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2793

・vol.2 「電通SIPSの考察」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2802

 

【Ryo’s Voice】

・vol.1 「情報業界ってどうなの?」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2729

・vol.2 「就職はすべきかどうか?」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2767

 

藤沢涼


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料