■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


目線を「一度」上げることの重要性

2016年02月21日

※激戦の社長ランキングの中で、

 藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

ryo_tsubasa0221

 

私が過去に大きなストレスを抱えていた時、

目線は常に、下を向いていました。

 

誰かと顔を合わせたくなくて、

誰にも話し掛けられたくなくて、

首肩にのしかかる大きなストレスに

強引に押されるようにして、

時に倒れそうになりながら、

下を向いて歩んでいました。

 

そのような方は、

現代社会にとても多いと思います。

 

実際、会社員だった頃を思い返すと、

満員電車ではほとんどの方が下を向いていて、

誰もが、暗い顔をしていました。

 

そして、その環境が、

お互いの心を更に暗くしてしまい、

負のスパイラルを招いていたように思います。

 

私は、その環境を脱するためにも、

起業して、目線を上げることに努めました。

 

その努力の結果、

現在は、常に明るい未来を描き、

日々を全力で楽しみながら、背筋を伸ばし、

胸を張って歩むことができています。

 

周囲の成功する起業家と

なかなか成果の出ない方を見比べても、

その目線に大きな違いがあることに気付きます。

 

たった「一度」でも上を向き、

その目線の先を長く、長く伸ばしていくと、

富士山、あるいはエベレストの山頂に

到達していきます。

 

反対に、「一度」でも下を向いてしまうと、

その線はあっという間に海に沈み、

さらに、海底を目指して突き進んでしまうのです。

 

たった「一度」「二度」の差が、

長い間には天と地ほどの差を

生み出すということですね。

 

これは、実際の目線でもあり、

心の中の目線でもあります。

 

心が上を向いている人は、

自然と、目線も高くなっているからです。

 

一人の力で上を向けない場合は、

周囲の方の力を借りるべきです。

 

私自身も、妻や息子の存在が大きな力になり、

メンターやビジネスパートナーの支えによって

目線を高められるようになりました。

 

人は、一人では生きていけません。

 

誰かの支えがあって、

はじめて前に進ことができるし、

誰かに守られて、

はじめて上を向くことができます。

 

共に、できるだけ高い山を目指して、

「一度」、目線を高く保ちたいですね。

 

追伸;

 

最近、ビールばっかり飲んでいるというツッコミは

無しでお願いします!笑

 

今更ながら、ドイツビールとウィンナーにはまってます。。

 

でも、、やはり少し太ってきたので、、、自制します^^

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: