■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


感情の「揺らぎ」と、意図的な「失敗」

2016年03月28日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

tsubasa0328

 

人は、自分の行動が他人にどう思われるか

常に考えているので、何らかのアクションには

リスクがつきものです。

 

失敗してしまった時の酷評や嘲笑には、

誰もが恐怖を覚えるでしょう。

 

私自身も、会社を辞める時や、

新しいビジネスに挑戦する時は、

その恐怖を強く感じていました。

 

しかしながら、いざ、行動する時には、

このような感情は少しずつ、手放してきました。

 

なぜなら、

感情というフィルタを排除しなければ、

客観的なデータで物事を見つめ、

現状を冷静に分析することができないからです。

 

例えば、あるプロジェクトを立ち上げ、

参加メンバーを募った時に、

最初の1人に断られてしまったらどうでしょうか。

 

熱を込めて伝えたのに拒否されると、

自分の自信の大きさの分だけ、

ショックも大きくなると思います。

 

この時、感情だけに縛られていたら、

プロジェクト自体を中止することも

視野に入るかもしれません。

 

ところが、そのまま諦めずに

100人に声を掛けたら、

数人は賛同者が見つかるはずです。

 

こうしてトライし続ける間に、

企画書を書き直したり、

プレゼンの手順を変えたりして、

参加していただく確率を上げることもできます。

 

そうして、10人、20人の賛同者を集め、

チームメンバーで大きな事業を作り出すことが

可能になっていきます。

 

物事がうまくいかない場合は、

チャレンジの回数が足りていないことが

ほとんどだと思います。

 

これ以上傷付きたくないと、

感情を理由にして、

途中で断念してしまうのです。

 

人間ですから、

誰もが、この感情の揺らぎから

逃れることはできないでしょう。

 

しかし、成否に一喜一憂することなく、

物事のパターンと確率を認識するまで、

感情をセーブして、「実験」する意識が大切です。

 

意図的に失敗をして、

そこから学んでいくという位に、

一時的に感情を抑えられるようになれば、

物事を成功に結びつける素養が身に付いたと

言えるのではないでしょうか。

 

人は感情の生き物だからこそ

これはとても難しいことではありますが、

現状を変えるために、

意識的に取り組んでいきたいですね。

 

追伸;

 

息子もたくさん失敗しながら、

上手に入れられるようになりました^^

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: