■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2024年6月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


日本の「世代間格差」をどう捉えるか

2023年02月11日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

社長ブログランキングへ 

 

「現代の日本に生まれた若者は不幸」

 

当然のように語られることですが、

私は、そうではない側面もあると

考えています。

 

非正規雇用者として

不安定な生活を強いられている方が

どんどん増えていたり、

年金などの社会保障の条件が

明らかに悪化していくことは問題です。

 

ただ、私は祖父母から、

1950年前後に産まれた日本人の苦労を

たくさん聞いてきました。

 

当時の日本は、

今よりずっと貧しい国で、

とても先進国と言える

状態ではありませんでした。

 

道路は舗装されていなくて、

砂埃が酷い状態。

 

あらゆる公害が深刻。

 

海外から来た観光客が、

日本のあまりの悪臭に

鼻をつまむような

状況だったようです。

 

インターネットやスマホのような

テクノロジーも無く、レジャーは、

今と比べものにならない程に

限られていました。

 

上下水道などの社会インフラも

未整備の状態だったのです。

 

上を見たらキリが無いですが、

現代の日本は、1950年前後と比べると、

驚く程に有難い環境だと

言えるのではないでしょうか。

 

街は綺麗で、治安も良く、

交通インフラも整っています。

 

何より、食事が安くて、

世界トップクラスに美味しいです。

 

私は、今の日本の素晴らしさに感謝して、

私達や子ども達の世代は、

先輩方から十分な贈与を

受け取っていると捉えています。

 

だからこそ、税金や社会保険の負担が

とても大きいと感じる一方で、

先輩世代への“ありがとうの印”として、

支払い続けています。

 

そして、これからの

日本において大切なのは、

世代間の歩み寄りだと思います。

 

若者は、世代間格差があって

自分達は不幸だと思い込まず、

先輩達に感謝の姿勢を示す。

 

先輩方は、今の若者に対して、

社会保障の利益を感謝しながら、

格差を是正する知恵を出す。

 

お互いの世代が歩み寄って、

更に若い世代にとって

素晴らしい日本を残せるよう

議論を重ねるべきではないでしょうか。

 

私自身も、大切な子ども達に

美しい国・日本を残せるよう、

小さなことでも少しずつ、

私にできることに取り組みたいと思います。

 

追伸;

 

今日は、少し忙しい1日だったので、

短時間ではありましたが、

子ども達と公園で遊びました!

 

 

快晴で気持ちが良く、

もっと遊びたい子ども達が可哀想でしたが、

新しいプロジェクトがいよいよ始まるので、

パパはお仕事も頑張りまーす^^

 

 

 ※本日の藤沢涼の記事が

  少しでも有益だと感じて頂けたら、

  こちらのブログランキングに

  ご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、

特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: