■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「AbemaTV+電通+博報堂」資本業務提携

2018年10月24日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

私が電通に入社した直後、社内では、

サイバーエージェントを敵対視する声が多く、

それを潰そうとするような営業活動も見られました。

 

そして昨日、AbemaTVと電通と博報堂が

資本業務提携に至ったことが発表され、

時代の流れを感じます。

 

私が想像したよりも速度は遅いですが、

いよいよ、広告業界の勢力図が

塗り替えられつつあるのです。

 

私は、

 

「インターネットを早く攻略しなければ、

 やがて、電通はそこで力を持った企業に

 飲み込まれてしまう」

 

という危機感を持っていました。

 

かつて、「敵」だったサイバーエージェントと

「味方」になった現在、、、

 

それは、どんな未来につながるでしょうか。

 

現時点では、AbemaTVは、

地上波テレビに敵いません。

 

しかしながら、スマホの普及、

データ容量の拡大、通信速度の高速化により、

手のひらで動画コンテンツを楽しむ文化が、

急速に浸透しています。

 

5年後、いや、2-3年後には、

現在の私達の常識が大きく変化していることは

間違い無いでしょう。

 

その時、勝っているのはどの企業か?

 

私は、「勝負師」である藤田社長に

軍配が上がると考えています。

 

懸念点としては、今回の提携を機に、

最近の地上波のように、

コンプライアンス重視になり過ぎ、

番組がつまらなくなってしまうことです。

 

Abemaには、独自の方針を貫いて、

尖った番組を創り続けて欲しいと思っています。

 

さて、スマホの普及や通信環境の改善により、

私達は、新たなことを学ぶ機会にも恵まれました。

 

資産を拡大し続けるFX手法の教育においても、

北海道と沖縄、あるいは、日本と海外をつないで、

無料で、学び合うことが可能です。

 

Abemaは、手のひらに映像コンテンツを届けますが、

私達は、仲間の手のひらに学習コンテンツを届け、

勝てるトレード情報を配信し続けることで、全員で、

「勝ち続けるトレーダー」に生まれ変わっています。

 

すべてが、スマホで完結するからこそ、

手のひらで、「億」の資産を構築する未来に

確実に向かって進んでいるのです。

 

15分」で、莫大な富を形成する未来へ。

 

11/11FX無料セミナーは、

お席がどんどん埋まってきました。

 

このチャンスを失う前に、

お席を確保してくださいね。

 

http://fujisawa-ryo.com/keis_b

 

追伸;

 

本日の写真は、家族と海鮮丼&こぼれイクラ丼&ビール!

 

 

最近また、ビールばかり飲んでます!

 

少し痩せ過ぎたので、脂肪を蓄え中です^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、
もうすぐ「1億円」を達成するkeiさんと開催した
セミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「仮想通貨」1ヶ月で資産50倍が狙える裏技

私は「ビットコイン」の値上がり益だけで
資産を「10倍」にすることができましたが、
これからは、この裏技でさらに資産拡大していきます。

http://fujisawa-ryo.com/kyohei_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: