■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


日本の二極化要因〜税〜

2014年09月26日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 

ZAZA0926

 

納税額3000万円以上の高額納税者を

調査すると、下記の通りでした。

 

会社経営・幹部 43.3%

医師      15.4%

芸能人     1.3%

スポーツ選手  0.9%

弁護士     0.4%

その他     38.7%

※「新・日本のお金持ち研究」

 森剛志・橘木俊詔著/日本経済新聞出版社

 

企業経営者や幹部と医者だけで

60%ということです。

 

この中でも特に収入が高いのが、

 

・オーナー経営者

 

・開業医

 

になります。

 

そして実は、

彼らには税金の抜け道があります。

 

オーナー経営者は、

自社の株を保有していますね。

 

この配当所得は

分離課税となっていて、

所得税に比べると格段に安いのです。

 

所得税のように、収入が高い程、

税率が高くなるというルールでは

ありません。

 

一律、約20%で良いのです。

(昨年までは10%)

 

額に汗して働いたら

最高50%を払う必要があるのに対し、

配当で得た収入はどれだけ大きくなっても

20%で良いということです。

 

続いて、開業医。

 

彼らは日本医師会という

強力な圧力団体を保有し、

自民党に多額の政治献金をしてきました。

 

そして、開業医は、

社会保険診療が2500万円以内であれば

診療報酬の72%を無条件に経費にして良い

という優遇を受けています。

 

これは段階的に縮小されているものの、

明らかにこのおかげで、

税を大きく圧縮出来ているのです。

 

更に、事業税でも優遇されています。

 

収入が大きいだけでなく、

税金が少ないのであれば、

金持ちになって当然ということです。

 

現在、国の歳出で最も高いのは、

社会保障費です。

 

そして、その中でも一番大きいのは、

医療費なのです。

 

高い医療費は、

開業医を優遇することの

代償ということですね。

 

税に無知な会社員からは

取れるだけ取っておきながら、

一部の金持ちだけは優遇する。

 

このようにして、

日本は二極化に突き進むのです。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

【Free Agent TRIBE Project】

 

半田やすひろさんと私が、

組織に依存せずに働く仲間を

拡大するプロジェクトです。

 

→ http://t.fujisawa-ryo.com/fatp

 

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料

 


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: