■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


電通の「半沢直樹」でありたい

2020年10月07日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

今から4年前、私が「週刊エコノミスト」の

記者の方と組み、“電通の深層”を

語らせていただいた記事のWEB版が再掲載され、

Yahooニュースに取り上げられました。

 

 

 

「私達は、雑誌社として、記者として、

 大きなリスクをとります。

 

 ですから、藤沢さん・・・。

 

 電通の深層を語っていただけませんか?」

 

目の前に、ずらっと並んだ

毎日新聞出版の皆様の“本気の意気込み”に、

私がお応えする形で、実現した取材でした。

 

その直後、新入社員だった髙橋まつりさんの

過労自殺報道がありました。

 

私は、彼女の悲劇を知った時、

もっと早く、私が電通の中で知った真実を

社会に伝えるべきだったと、深く後悔しました。

 

だからこそ、あの事件の後は、

私が“元電通マン”として、

社会に電通の深層を伝え、

電通を外から改革する責務があると

考えるようになりました。

 

社会の中には、

様々なご見解があるでしょう。

 

「お世話になった会社の顔に、泥を塗るな!」

 

などと、私を批判する声も多いです。

 

しかしながら、これが、私の“正義”です。

 

私自身、電通という会社の中で、

自殺寸前まで追い込まれた過去があるのです。

 

「やられたら、やり返す・・・」

 

上司だろうが、社長だろうが、

私は、容赦しません。

 

電通の“半沢直樹”でありたい、

という思いです。

 

また、現在は、

 

“ネットでの拡散”

 

という力があります。

 

4年前の紙での報道よりも、今回の方が、

圧倒的な影響力があります。

 

1人から始まった活動が、

やがて大きくなって、大きな企業を破壊し、

そして、新たな未来を創造する。

 

そんな時代が、到来しています。

 

日本を良くするために。

 

世界を良くするために。

 

私が目にした社会の“悪”が暴かれ、

正しい方向に軌道修正されることを願っています。

 

さて、もしあなたが、

組織に属することなく、

「自由」と「富」を得たいなら。

 

電通を退社してから、8年。

 

私のこれまでの叡智をあなたに授けて、

2021年に「年収1,000万円以上」に

導きたいと思います。

 

私は、1円もいただきません。

 

完全無料で、コンサルティングを致します。

 

こちらから、私のLINEにご申請の上で、

「お名前」と「2021年1000万円」という

メッセージをお送りくださいね。

 

http://fujisawa-ryo.com/smart_b

 

追伸;

 

Yahoo!ニュースでは、

「トランプ大統領」と「半沢直樹」と並んだ私。

 

 

当該記事や、皆様からのコメントも含めて、

スクショ画像をアップしております^^

 

 

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

http://fujisawa-ryo.com/rp_b