■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2021年2月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「勝者」よりも、「笑者」でありたい

2021年02月12日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

「日本一」をいただいた今だからこそ、

自分を戒めたいと思います。

 

・どちらの方が学歴が上か?

 

・どちらが年収が高いか?

 

・どちらが知名度が高いか?

 

・誰が「1位」か?

 

このような「勝敗」を意識するシーンに、

ビジネスを継続していく中で、頻繁に遭遇します。

 

自分と他人、あるいは、自社と他社を比べて、

どちらが「勝ち」で、どちらが「負け」なのか、

どちらが「上」で、どちらが「下」なのか、

常に、競争意識を持つことが求められるのです。

 

もちろん、このような競争原理の中で、

それぞれが切磋琢磨することで、

より良い商品やサービスが生まれてきたことは

間違いありません。

 

私も、私自身のためだけではなく、

仲間のために「日本一」を目指し、

それを実現したことを、誇りに思っています。

 

しかしながら、成熟社会の昨今では、

あまりにも「勝敗」だけにこだわることは、

避けるべきだと思います。

 

私は、これまでの人生で、

 

・企業戦士として、

 会社で高い評価を受けながらも、

 家庭が崩壊してしまい、決して、

 幸せそうではない人

 

・人心掌握術に優れ、多くの人を巻き込んだのに、

 慢心してしまい、裸の王様になってしまった人

 

など、様々な「失敗例」から、

 

「俺が勝ちだ」

 

「俺が上だ」

 

という驕りが、

人生を狂わせると感じてきました。

 

そして、今はまさに、「縦」の社会から、

「横」の社会への転換期であり、それに抗うと、

痛い目に遭ってしまうのだと捉えています。

 

現在のような社会の中では、

競争をして「勝者」になることだけを目指す人は、

決して、幸せになれません。

 

私は、同じ「しょうしゃ」なら、「笑者」でありたい。

 

いつも笑顔でいたいし、笑顔が素敵な人と、

いつまでも接していきたいと思っております。

 

追伸;

 

「獺祭を飲み比べてみよう!」

 

と3種類買って来て、

美味しくいただきました。

 

 

子ども達と美味しいお酒を飲んで、

お互いがとびきりの「笑者」になる日を

楽しみにしています。

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆藤沢涼のスマホ在宅「月収5万円」プロジェクト

 

完全在宅で、まずは「月収5万円」を

着実に得ていきたいあなたへ。

 

こちらから、私のLINEにご申請の上で、

「お名前」と「スマホ在宅 月収5万円」

というメッセージをお送りくださいね。

 

http://fujisawa-ryo.com/smart_b