■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


電通の「パワハラ」を告発した時の想い

2019年07月22日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

雨上がり決死隊の宮迫博之さんと、

ロンドンブーツ12号の田村亮さんの会見、

私は、涙無しでは見られませんでした。

 

3年前、電通の過労自殺事件が報道された時、

私は、元電通社員として、テレビ・新聞・雑誌で、

電通にあった「パワハラ」を告発した過去があります。

 

あの時の苦悩が思い出され、

彼らの気持ちが、痛い程に分かったのです。

 

「こんなアホを30年間育ててくれた吉本に対して、

 そりゃ、感謝しかないですよ。

 

 こんなこと、したいわけないじゃないですか。」

 

と、号泣した宮迫さん。

 

私も、電通に対して、同じ想いでした。

 

電通に憧れて入って、

「電通ブランド」を手にすることができて、

12年間、育ててもらったからこその、私の人生。

 

私も、電通は親のように感じていますし、

電通のおかげで、今があると思っています。

 

ところが、あの会社には、闇がありました。

 

そして、一部上場企業が抱えている深い闇が、

社会の中では、葬られていました。

 

だからこそ、私は、

それを社会に伝える使命があると考えたのです。

 

退社後、自分の媒体で少しずつ発信し始めた時、

 

「お世話になった会社の顔に泥を塗るのは

 いかがなものか?」

 

と、多くの方から、ご批判をいただきました。

 

私自身も、自分の言動が、

人としてのモラルに反する行為なのではないかと

悩んだ時期もありました。

 

しかし、その後に、過労自殺事件が起こりました。

 

あの事件を受けて、私は、

 

「電通の闇を、私がもっと声高に叫んでいれば、

 この悲劇は起こらなかったのではないか」

 

1人の若い女性の命を

 救うことができたのではないか」

 

と、大変後悔しました。

 

電通の深層を、個人媒体で発信することと、

マスメディアで語ることは、大きく違います。

 

マスメディアの取材に応えると、これまで以上に、

子が親を「公開処刑」するように感じて、

とても苦しかったです。

 

でも、今、私がやらなければ、

また、次の被害者が出てしまう。

 

そう思って、私が知り得る真実を語ったのです。

 

 

 

 

今回の宮迫さんと田村さんの問題は、

元々は、彼らが間接的にでも

反社会勢力と関係を持ってしまったことと、

ギャラを手にしていないと嘘を吐いたことが発端です。

 

ですから、私も、彼らを

完全に擁護する訳ではありません。

 

ただ、岡本社長の

 

「おまえらテープ回してないやろな」

 

「全員クビにするからな。

 俺にはおまえら全員クビにする力がある」

 

という脅迫・恐喝の方が、よほど反社会勢力的であり、

罰せられるべき、重い罪だと思っています。

 

岡本社長の記者会見を拝見している最中ですが、

彼は、記者の質問に対して

誠実に回答しているとは全く思えず、

宮迫さんよりも、田村さんよりも、

岡本社長こそが、一番保身していることを

露呈していると感じています。

 

私が、超縦社会の電通で上司から暴力を受けた時、

降格を恐れた部長が、刑事事件にしないよう、

口止めしてきたことを思い出します。

 

電通も、ジャニーズも、吉本も、、、、

 

悪しき古い文化が残っている会社には、

こうして、続々とメスが入っています。

 

時代が大きく変わる中で、

それぞれが抱える膿が、除去されているのです。

 

もう1つ、大きな変化は、

松本人志さんの言動に注目が集まるように、

「大企業」が持っていた巨大な力を、

「個人」の発信力が超えてしまっていることです。

 

この変化の中には、

 

「既得権益の崩壊と、チャレンジする個人の逆襲」

 

がある。

 

私は、そう強く信じて、引き続き、

未来に向かって挑戦していきます。

 

追伸;

 

私の記事では、家族の笑顔とともに、

できるだけ前向きな内容を発信することを

心掛けています。

 

ところが、本日は、

笑顔の写真は相応しくないと判断し、

私が電通の取材を受けた当時の、

テレビ・雑誌の画像を再度アップすることで、

当時の感情を思い出しながら、書き綴りました。

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、

現在は「1億円」以上の資産構築に成功したkeiさんと

共同で開催したセミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: