■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


電通の先輩とジムで遭遇して知った事実

2018年08月18日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

私が通っている低酸素ジムの中で、

電通の先輩Tさんと、約7年ぶりに

再会しました。

 

Tさんとは、仕事で直接ご一緒したことは

残念ながら無いのですが、

隣の部署にいらっしゃった敏腕の営業マンで、

当時から、大活躍されていたのを拝見していました。

 

Tさんは、現在も、

電通で働いていらっしゃるのですが、

社内の状況は、

 

「良い意味でも、悪い意味でも、

 この数年で激変したよ。。。」

 

とおっしゃっていました。

 

そして、

 

「君が電通に関する発信をしているのは、 

 社内で回覧されるから、良く知っているよ」

 

とのことでした。

 

新入社員の過労死事件の時は特に、

テレビ、新聞、雑誌から取材を受け、

私が見た電通の真実を語りましたから、

社内では頻繁に、取り上げられていたそうです。

 

そのほとんどが、電通への批判ですから、

 

「辞めた人間が苦言を呈し、申し訳ないです」

 

とお伝えしたのですが、

 

「まあ、君の言いたいことはわかるよ」

 

と、理解を示してくださいました。

 

電通の社員は、大きく、2種類に分かれます。

 

・酷い縦社会を継承し、

 後輩を奴隷のように見下す

 

・悪しき文化を断ち切り、後輩を守る

 

前者が8割、後者が2割くらいだと

私は感じていました。

 

そして、Tさんは、間違いなく後者の方です。

大きな器で受け止めてくださり、

優しく接してくださって、大変感謝しています。

 

その他にも、私を温かく見守り続けてくださる方が

今も電通にいらっしゃるので、私が発信することを

心苦しく感じることは事実です。

 

ただ、私がやりたいのは、

電通を陥れることではありません。

 

社会的体裁がとても良い企業の中に、

社会が知らない真実があることを伝え、

過労自殺者のような次の犠牲者を出さないためです。

 

そして、私のように大企業から脱して、

自由に生きる道があることに、

希望を持って欲しいからです。

 

インターネットの台頭により、

人生の選択肢は急拡大しています。

 

その可能性を信じて欲しいのです。

 

もちろん、私の記事も、

すべてが正しいとは思っていません。

 

私という人間のフィルターを通して、

偏った見地から発しているので、

違う見解があって当然だと捉えています。

 

ただ、大企業の内情を伝える数少ない1つの見解として、

今苦しんでいる方に、参考にしていただけるよう、

これからも努力していきたいと思います。

 

追伸;

 

本日の写真は、家族で横浜!の続編です^^

 

 

 

綺麗な観覧車を見ながら、夕食をいただきました。

横浜も、とても素敵な街ですよね!

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、
もうすぐ「1億円」を達成するkeiさんと開催した
セミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「仮想通貨」1ヶ月で資産50倍が狙える裏技

私は「ビットコイン」の値上がり益だけで
資産を「10倍」にすることができましたが、
これからは、この裏技でさらに資産拡大していきます。

http://fujisawa-ryo.com/kyohei_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: