■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


電通本社ビル売却「3000億円」規模

2021年01月20日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

私が電通に入社したのは2001年で、

築地・聖路加タワーの大部分を借りて

経営している企業でした。

 

翌年2002年には、汐留に

ジャン・ヌーヴェルが設計した

巨大な本社ビルが完成するとのことで、

そのような環境で働けることを

大変誇りに思っていたことを思い出します。

 

築地から汐留を眺めながらエスプレッソを飲み、

同期の社員達と天下を取ったような気持ちで

語り合っていました。

 

ところが、研修期間が終わって

現場に配属されると、突然、

天国から地獄に突き落とされます。

 

配属先の上司から殴られ、蹴られ、

トイレに行く暇も無いほどの仕事に

追い詰められる日々。

 

「派遣社員に電話を取らせるな。

 それは、お前のような奴隷達の仕事だ」

 

「こんな仕事もできないお前は、クソだ」

 

そんな罵詈雑言に自己尊厳を破壊され、

いつの間にか、

 

「俺は、汐留に移転するまで

 生きているのだろうか?」

 

そう思うようになりました。

 

そうして、命を投げ出してしまうかどうか

真剣に悩んでいた新入社員時代を

何とか乗り越えて、働き始めた汐留の自社ビル。

 

辛い思い出もたくさんありますが、

私の人生を彩った出来事もたくさんありました。

 

東京タワーを眺めながら、

億単位の仕事を多数受注し、

まるで自分が世界を動かしているように

感じていたこともありました。

 

会いたかった芸能人と

ご一緒する仕事に向かうため、

汐留から出発するタクシーの中で覚えた、

あの高揚感も忘れません。

 

汐留の「不夜城」と呼ばれたビルで

過ごした約10年間は、

私の人生に色濃く刻まれています。

 

その本社ビルの売却を、

電通が検討していると報道されました。

 

日経新聞等メディアは、多少忖度しているのか、

 

「遠隔勤務を主体とした

 分散型のオフィスに改革する」

 

と伝えていましたが、多くの人が感じる通り、

本業の業績悪化に伴って、

キャッシュフローを改善するための苦肉の策でしょう。

 

国内最大級の「3000億円」規模とのことで、

時価総額で抜かれたサイバーエージェントに買われたら

プライドも何も無くなってしまうでしょうが、

さて、どこが買うのか?

 

インターネットの台頭と、コロナの、ダブルパンチ。

 

旧態依然とした会社は、

続々と窮地に追い込まれるでしょうね。

 

と、古巣をチクリと刺してしまいましたが、

自分も登壇していた舞台の1つの時代の終焉を感じて、

一抹の寂しさを覚えているというのが、本音です。

 

追伸;

 

実は、電通を退社する時に、

 

「このビルを買収できるくらいに

 でっかい男になってやる!」

 

と思っていました。

 

3000億円か。ちょっと足りないな。笑

 

ということで、本日の写真は、

退社直後は複雑な感情で見るのも嫌だった

(今はただ懐かしい)電通本社ビルです^^

 

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆藤沢涼のスマホ在宅「月収5万円」プロジェクト

 

完全在宅で、まずは「月収5万円」を

着実に得ていきたいあなたへ。

 

こちらから、私のLINEにご申請の上で、

「お名前」と「スマホ在宅 月収5万円」

というメッセージをお送りくださいね。

 

http://fujisawa-ryo.com/smart_b

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: