■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


英語教育で重視される「意思決定」

2015年12月15日

※激戦の社長ランキングの中で、

 藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

DiCaprio1215

 

親子で英語を学ぶ中で良く目にするのが、

「Decision」という単語です。

 

息子のスクールのレポートでも、

 

「He made a good decision!」

 

などと書かれ、「Decision making」が

とても重視されていることが分かります。

 

子供達に、複数のものから

選択する機会を与えて、

 

「You can have only one.

 You have to make a decision.」

 

と本人の「意識決定」を迫る機会も

頻繁に設けているようです。

 

日本では、

例えばおもちゃ屋さんなどで、

 

「これにしなさい!」

 

「あれはダメ!」

 

などと、親の意思決定を

子供に強制するような光景が

良く見られます。

 

このようにしてしまうことが、

子供の考える力、

意思決定する力を奪い、

いつまでも誰かの指示を待つような思考に

結び付いてしまうのではないかと考えました。

 

日本人に

「意思決定力」が不足しているのは、

学校の洗脳教育が原因だと非難されますが、

その前に、親の家庭教育にこそ

問題があったのではないかと感じています。

 

英語では、

「Make up your mind.」

と言って、「決める」ということに

「心と向き合う」ことを求めます。

 

誰かの視線を気にして、

誰かの評価を求めて

人生を歩むのではなく、

自分の「心」に従って生きていく。

 

それが、とても大切なのですよね。

 

欧米や英語に

かぶれるつもりはありませんが、

この「Decision」には、

私達日本人に大いに不足するものが

隠されていると感じました。

 

誰の責任にもせず、自分の心で決めて、

「Decision making」していく

素敵な人生にしていきたいですね。

 

追伸1;

 

ハリウッドスターに会いに、久しぶりに

マダムタッソーに遊びに行きました。

 

また激太りしてしまったと報道された

レオナルド・ディカプリオ、来年公開の

主演映画「レヴェナント」では、

坂本龍一さんが音楽を担当するそうで、

楽しみです!

 

追伸2

 

私からの総額45万円の豪華旅行プレゼント、

本日(12/15)までです!

たくさんのご応募、ありがとうございます^^

 

http://fujisawa-ryo.com/?p=6382

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

ハイブリッドな人生のアプローチ

2015年11月01日

※激戦の社長ランキングの中で、

 藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

papa_tsubasa1101

 

息子のインターナショナルスクールで

ハロウィンパーティー兼発表会があり、

英語で歌って踊る息子に感激しました。

 

どの子よりも上手にできて(親バカ w)、

「Trick or Treat!」と叫びながら

お菓子をねだる姿を見て、これからの

更なる成長に胸を躍らせています。

 

早期の英語教育に関しては、

賛否両論あるかと思います。

 

まずは母国語である日本語を

しっかり習得させるべきで、

幼少期から英語を詰め込むべきではない、

というご意見もあるでしょう。

 

ただ、日本語とは大きく異なる英語の

周波数を聞き取れる耳を作るには、

3歳までが圧倒的に有利であると判断し、

早期に、ネイティブの英語に触れる環境を

与えることにしました。

 

私自身、高校、大学の「受験英語」で

それなりに英語を学んで来ましたが、

残念ながら、聞き取る力が

大きく不足していますので、、、

 

一方、3歳前後で習い始めたピアノでは、

絶対音感を身に付けられたので、

やはり、「耳の黄金期」にしっかり

「聞く」ことが大切だと考えたのです。

 

このように、社会には様々な見解があり、

それらを収集しながら、自分なりの

「バランス」で判断する必要があります。

 

価値観は多様化していきますし、

情報は爆発的に増えていきますから、

自分なりの軸を持つことは

今後ますます重要になるでしょう。

 

そのためにも、

あらゆる情報からキュレーションし、

自己を成長させる力を磨きたいですね。

 

息子には、英語の「言語」だけでなく、

ハロウィンのような「文化」に触れ、

肌の色が違う「人」にも触れ、

ダイバーシティー(多様性)を

身に付けて欲しいと思っています。

 

ダイバーシティーを手にして、

個々人の違いを尊重することこそが、

独自のバランス感覚に結び付くと

考えているからです。

 

このような考え方は、

これからの「医学」を考える時にも

大切なことだと思います。

 

病気になってから

診療にあたる「西洋医学」は、

きわめて対処療法的で、

根本的解決を目指すものではありません。

 

しかし、全否定するのも違います。

 

DNA検査など最新科学を駆使した

西洋医学からこそ、

得られる大きな成果があるからです。

 

その一方で、

「鍼」や「アーユルヴェーダ」のような

「東洋医学」を積極的に取り入れて、

「未病」の段階を意識し、早期に改善する

自分なりの「総合医療」を確立すべきです。

 

語学も医学も、はたまた、

働き方や暮らし方なども含めた

様々なことに関して、

「ハイブリッド」なアプローチと

自己管理が必要な時代ですね。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

日本人英語力の「残酷な真実」

2015年10月07日

※激戦の社長ランキングの中で、

 藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

tsubasa1007

 

世界で最も簡単なのが「英語」で、

最も難しいのが「日本語」だと言われますが、

この両言語は、とても相性が悪いようです。

 

日本人にとっては「英語」が最も難解で、

逆に、英語を母国語とする人には

「日本語」が理解できないということです。

 

私自身、直近のハワイ滞在中においても、

自分の気持ちを現地の方に全く伝えられず、

悔しい思いをしました。

 

中学、高校、大学と、

英語を10年間も学び続けたにも関わらず、

ほとんど話せないという現実を目にして、

とても悲しく感じたのです。

 

私の友人達の中には、

学業に真剣に取り組んできた人も多いですが、

残念ながら、英語を「ちゃんと」話せる人は

ほとんどいません。

 

英語を十分に使える人は、

幼少期や若い時期に留学を経験したような

一部の人だけです。

 

しかし、だからと言って、

日本人の英語力の無さを

諦めて良い問題だと片付けてはいけません。

 

グローバル社会において、

英語は、強く生き抜く為の

「ライセンス」だと言えるからです。

 

もちろん、技術進化による

翻訳機能の著しい発展に伴い、

「言語の壁が消える社会」が

目前にあるという側面もあります。

 

iPhoneの「Siri」や

「Google Glass」などの延長線上に、

デバイス化した「通訳」が

現れるでしょう。

 

ただ、そのような文明は

「活用」するものであって、

「依存」してはいけないと考えます。

 

依存し続けてしまうと、

いずれ人の脳は退化して、

ヒューマノイドに牛耳られる社会を

導いてしまうでしょうからね。

 

ハワイに滞在するアジア人で、

上手に英語を話すと感じたのは、

フィリピンの方と韓国の方でした。

 

フィリピンは、

英語が公用語の一つですから当然なのですが、

韓国は、日本の隣にありながら、

日本よりも圧倒的に英語力を身に付けている

現況がありました。

 

サムスンやヒュンダイの躍進も、

いち早くグローバル化に成功したことに

起因していると言えるでしょう。

 

15年程前のサムスンの時価総額は

ソニーやパナソニックの3分の1程度でしたが、

今や、ソニーとパナソニックを足して、

更に、その3倍以上というところまで

飛躍的に成長しているのです。

 

このような現実に、

私達は危機感を持たなければ

いけないですよね。

 

日本政府は、英語力向上のために

10年程前から様々な施策を

取り入れていますが、

どれも、効果が出ているとは思えません。

 

ですから、国には任せず、

自分で努力しなければいけないのです。

 

そこで、韓国がどうして

英語力を伸ばしているのか、

色々と調べました。

 

すると、

 

・英語の早期教育で耳を作っていること

 

・フィリピンを活用した

 ローコスト学習を取り入れていること

 

などが分かりました。

 

現代は、Skypeを活用して、

フィリピン人とのマンツーマンレッスンが

驚く程に安く受講できます。

 

月額数千円から学べるので、

長く継続できるし、その分、

成果も出やすいということです。

 

フィリピンの「訛り」は

多少気になりますが、

それを敬遠して何もしないよりも、

行動することが大切ですよね。

 

ということで、我が家は

息子をインターナショナルスクールに入れ、

親は、オンラインの語学学習サービスで学ぶ、

という方針で、しばらくいこうと思います。

 

近い将来には、海外移住も視野に入れますが、

取り急ぎ、国内でも英語を学び続ける環境を

整えることが大切だと判断しました。

 

このような試みにより、

また新たな気付きがありましたら、

どんどんシェアしていきますね^^

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料