■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「家庭の事業」と「社会の事業」の違い

2017年11月13日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

東京メトロが綾瀬車両基地を一般公開するイベント

「メトロファミリーパーク in AYASE」が開催され、

家族とともに参加してきました。

 

千代田線・代々木上原駅で出会った私と妻にとって、

東京メトロは出会いの場を提供してくれた

心から感謝すべき存在です。

 

 

息子も、最近は見事に「鉄オタ」になりつつあり、

電車関係のイベント、特に、東京メトロ関連は、

家族全員にとって欠かせません。

 

今回は、15000人枠の抽選だったのですが、

私達の願いが通じて、見事に当選しました。

 

やはり、代々木上原駅の「神」がいつも、

見守り続けてくださっていると感じます^^

 

快晴にも恵まれた中、車体を間近で見たり、

線路を歩くなど、様々な経験をすることができました。

 

 

今年の2月に、松本伊代さんと早見優さんが

線路内立ち入りで書類送検されてしまいましたが、

今回は東京メトロ公認ですので、なんと、

線路内で寝ることも可能です!w

 

 

妻には、千代田線のキーホルダー、

息子には、千代田線と連結する

小田急線「ロマンスカー」のカレンダーを買い、

また1つの思い出を刻むことができました。

 

 

さて、このように家庭第一にしながら、

「公私統合」で仕事を進めている私ですが、

「家庭の事業」と「社会の事業」の間には、

明確な違いがあると捉えています。

 

「社会の事業」は、結果論であり、

上手くいかなければ失敗という烙印を押されます。

 

しかし、「家庭の事業」には、

失敗というものはありません。

 

命を誕生させ、育てて世の中に出すにあたり、

命が無くなるまでがプロセスであり、

今現在を切り取って評価するべきではないのです。

 

だからこそ、何事にも、「マイナス」をつけず、

すべてに意味を感じられるようにしたいと考えています。

 

命をもらえたこと自体が「奇跡」ですから、

そのように感じられる子に育てる教育を、

子供達にもしていきたいと願っています。

 

子育てで悩む方の大半は、

「家庭の事業」を「社会の事業」と同様に、

結果論で考え過ぎてしまうのかもしれません。

 

奇跡に感謝し、プロセスを楽しんでいくことが、

人に与えられた2つの事業の1つ、

「家庭の事業」をより良く運営する

最大の秘訣ではないでしょうか。

 

私は、これからもそのように捉え、

子供達と共に、成長していくプロセスを

いつまでも楽しんでいきたいと思います^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

男性トイレに「おむつ交換台」が無い時代錯誤

2017年03月23日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

 

 

息子と娘と私の3人で外出する時、いつも困るのが、

男性用のトイレに「おむつ交換台」が無いことです。

 

男性トイレの中で、娘を片手で抱っこしながら換えたり、

少し離れた場所にある、私も入ることが可能な

男女兼用のトイレまで急いで行くなどして、

交換することが多いのですが、それらのロスによって、

娘を泣かせてしまったり、洋服の着替えが

必要になることも少なくありません。

 

最近建てられた複合施設などでは、

その点にも配慮されたお手洗いが多くなりましたが、

公園や古い建物の中でおむつ交換が必要になった際、

現状がいかに、「時代錯誤」かを思い知ります。

 

「育児は、女性がするべき」

 

という、古い偏見を反映していると感じるのです。

 

アメリカでも、このような声が高まって、

昨年、まだオバマ政権だった当時に、

 

Bathrooms Accessible in Every Situation Act

(トイレをすべての状況に適応させる法)

 

が成立しました。

 

これにより、連邦政府の施設にある

男性・女性トイレすべてに、

赤ちゃんのおむつ交換台が設置されていき、

民間にも、少しずつ広がっているようです。

 

日本はまだまだ遅れていると感じますので、

私達が積極的に、社会へ働き掛けることが必要ですね。

 

さて、おむつと言えば、購入する時に驚くのが、

赤ちゃん用より、大人用のものの方が多いお店があることです。

 

実際にデータを調べると、すでに2013年から、

赤ちゃん用のおむつの売上高を、大人用が上回っています。

 

要介護で排泄が困難になる高齢者の方は200万人近くに達し、

一方で、ゼロ歳児は100万人を割る時代ですから、

これは当然だと言えるかもしれません。

 

少子高齢化が急激に進んでいることが、

お店の商品ラインナップからも分かってしまいますね。

 

「老後破産」「老老介護」という不安が叫ばれる将来、

長く生き続けることが「幸せ」であるように、

今のうちから、生き方を見つめ続け、

社会のあり方をより良い形にしていきたいですね。

 

追伸;

 

「なんで、男の子のトイレでおむつ換えられないの?」

 

「なんで、赤ちゃんのおむつより、大人用が多いの?」

 

いずれも、息子の言葉で、ハッとしました。

 

私の視界に入っていても、日常の中で免疫が付き、

そんなに問題視しないようなことを、

子供の純粋な視点によって気付かせてもらえる。

 

子供達と過ごす時間は、このような学びに溢れています。

可愛い息子と娘に、心から感謝です^^

 

  

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

身体もデスクもメタボ検診を!

2014年08月02日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

desk0802

 

仕事で成果を上げられない時は、

デスクがメタボになっていないか、

確認してみましょう。

 

メタボと言うと、

ポッコリお腹を想像しがちですが、

本来の意味は「代謝症候群」。

 

不要物を排泄出来ず、

機能不全に陥る状態を指します。

 

あなたが毎日を過ごす大切な場所が

メタボデスクになっていたら、

成果が出なくて当然なのです。

 

年収1500万円以上と

年収500万円台の2グループを対象にした

「片付け」に関するアンケートでは、

下記のような明確な差が出ています。

 

◆毎日書類を捨てているか?

 

年収1500万円以上 56%

年収500万円台    42%

 

◆名刺をデジタル管理するか?

 

年収1500万円以上 27%

年収500万円台      3%

 

◆新聞雑誌記事をクリッピングするか?

 

年収1500万円以上 31%

年収500万円台    16%

 

◆自宅を毎日整理整頓するか?

 

年収1500万円以上 18%

年収500万円台      5%

 

◆マインドマップで思考を整理するか?

 

年収1500万円以上 25%

年収500万円台      8%

 

稼ぐ人は、

デスクも、部屋も、頭の中も、

常に整理し続けているのです。

 

身体の場合は、

食べて(IN)、

栄養分を吸収して(STOCK)、

排泄(OUT)します。

 

これと同様に、

ビジネスの場面でも、

データや書類を入れて(IN)、

収納し、頭に記憶して(STOCK)、

不要なものを捨てる(OUT)ことが

繰り返されますね。

 

身体はSTOCKの工程で、

デンプンをブドウ糖に分解します。

 

そして、整理をする工程でも、

この「分解」が大切なのです。

 

資料の必要な部分だけ切り取ったり、

データをフォルダや日付で管理して

不要なものはゴミ箱に入れる技術を

鍛えなければいけません。

 

「時系列で並べる」

 

「頻繁に使うものは手前に配置する」

 

「1ヶ月経過したものは捨てる」

 

など、明確なルールを

設ける必要がありますね。

 

必要な資料やデータを探すのに

不必要な時間を掛けるのは

明らかな無駄です。

 

1枚の紙を探し出す為に

30分も掛かってしまったり、

パソコンのフォルダから

目当てのデータを見付け出せずに

また2時間掛けて作り直したり・・・。

そのようなことを繰り返す限り、

ライバルより大きな成果を

上げることは難しいでしょう。

 

IN-STOCK-OUTの工程を

しっかり見つめ直して、

生産性を飛躍的に向上させることを

意識して下さいね。

 

 

藤沢涼

 

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

 

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料