■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


日本の新CEO「世界最高齢」「女性ゼロ」

2017年05月17日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

世界の上場企業2500社を対象としたPwCの調査で、

CEO承継」に関して、日本の問題が改めて

浮き彫りになりました。

 

まず、新任CEOの平均年齢が世界平均53歳に対し、

日本は61歳と、世界最高齢です。

 

また、世界のCEO87%が、

本社所在国と同じ国籍という中で、日本は100%

つまり、海外から全く、CEOを受け入れていません。

 

さらに、世界の女性CEOの起用は

2014年の5.2%から減り、2016年は3.6%ですが、

日本は、なんとゼロです。

 

日本の「平均寿命の高さ」や「少子高齢化」などを

多少割り引いて考えたとしても、

 

・年功序列

 

・ドメスティック

 

・男尊女卑

 

な経営が、明らかになったと感じます。

 

60歳や65歳が「定年」とされる現代社会で、

CEOの平均年齢が61歳ということに、

違和感が拭い去れないのは私だけではないでしょう。

 

視聴率の下落が止まらないフジテレビが、

比較的若かった60歳の亀山千広氏の後に、

73歳の宮内正喜氏を新社長にするのも、

日本の社長人事の象徴的な出来事です。

 

他企業での業務経験も少なく、

「生え抜き内向きシニア」が就く上がりポスト、

というのが、日本の多くのCEOの実態だと感じます。

 

メディアの未来を創っていくためには、

10代、20代の心理や思考も理解した経営が必要ですが、

70歳以上の方に、それができるのでしょうか、、、

 

このままでは、サイバーエージェントの

藤田社長(44歳)率いる「AbemaTV」に、

「マスメディア」を奪われてしまう日も

近いかもしれません。

 

もちろん、「AbemaTV」にも問題はあり、

先日の「亀田興毅に買ったら1000万円」企画で

サーバーダウンしてしまったように、

インフラを整えるコストが積み重なっていますが、

これを乗り越えることができたなら、

その可能性は果てしなく広がっていきます。

 

社内政治に勝った人ではなく、

現在の会社を根本的に変えてしまうような挑戦を、

果敢にできる人こそが、CEOとなって欲しいですね。

日本社会、そして、日本経済のためにも、

真っ先に変えなければいけないことが、

ここにあると思います。

 

追伸;

 

娘が、初めてのソフトクリームを味わう隣で、

私は「黒ビール」の美味しさを(今更?)覚えております^^

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料


下品に徹したヤツが金儲けしているだけ

2016年10月25日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

aoi_ryo20161025

 

ビートたけしさんは、「TVタックル」の中で、

このように苦言を呈しました。

 

下品に徹したヤツが金儲けしているだけ」

これは、東京五輪や豊洲新市場をめぐる関係者の

利権問題への指摘ですが、その周辺の方だけではなく、

現代に生きる日本国民全員が、

大切にしなければならない視点だと思います。

 

個人のビジネスを見ていても、

下品にお金を見せつけるような人に、

お金が集まっているという現実があります。

 

損することが大前提の「宝くじ」が、

いつまでも無くならないことに象徴されるように、

人は、ファンタジーにお金を払うのです。

 

その脳回路のままで、SNSを見て、

札束を積んだり、高級品を見せ付ける人に、

夢を見せられ、お金を奪われてしまいます。

 

そうやって集められたお金が、また、

札束として積まれ、高級品への散財に

使われていくという愚が、繰り返されているのです。

 

また、決して上品ではない会社の

「安定」という幻想に労働者は酷使され、

判断力を奪われていきます。

 

そして、給料という麻薬に飼いならされ、

最終的には、命を会社に捧げてしまいます。

 

一流会社と言われる大企業でも、

社員は常に、他者と待遇を比較し、

自分の位置を確かめ続けています。

 

このような悲しい現代において、

私達が意識したいのは、幸福の分母と分子です。

 

「欲求」を分母に、「所有」を分子にして、

幸せを算出すると仮定したら、

幸せになる方法は、「所有」を増やすか、

「欲求」を減らすかです。

 

少し前までは、欲求を増やし、所有をさらに増やし、

分母の拡大以上に分子の拡大があったことで

幸せを感じられていました。

 

そして、社会も、個人の幸せの拡大と共に

上手く成長していました。

 

しかし、分母の拡大には、

様々な弊害が伴うことが確認された現代、

これ以上の拡大路線は、危険です。

 

私達は、今一度、この分母と分子に

向き合うべきだと思うのです。

 

インターネットを上手に活用すると、

ビジネスも飛躍的に拡大しやすくなります。

 

ところが、拡大だけに夢中になっていると、

お客様の心を無視することになってしまいます。

 

お客様が満足しているかを常に考え続けないと、

儲けたのは自分だけ、という悲劇が待っているのです。

 

そして、因果応報、そういう人には必ず、

何らかの罰が与えられます。

 

1つの解決策としては、「欲求」を減らすことによって、

「足るを知る」ことです。

 

ただ、私は、それだけでは無く、

分母にも、分子にも、「お金」に関わらない新たな指標、

「お客様の笑顔」を取り入れるべきだと考えています。

(社長であれば、当然、「社員の笑顔」も含む)

 

そうすれば、どれだけ拡大路線に向かっても、

社会を混乱させることはありませんし、

誰かを悲しませることもありません。

 

社会が合理的に進んでいく現代では、

私のような意見は「キレイゴト」と笑われますが、

私は、笑われ続けても、私のあり方を貫いて、

社会に提言し続けたいと考えています。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料