■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2021年1月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


親子で「感情のシェア」をする喜び

2020年11月19日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

すべての幸福は、幸せな家庭から

生まれると言われています。

 

社会の最小単位である家庭が幸せなら、

社会全体が幸せにならないはずが無いからです。

 

ですから、私も、家庭を幸せにすることは、

親としての使命だと考えています。

 

そして、そのために現在、

私が強く意識しているのが、

子どもの「感情表現」のサポートです。

親が子どもの気持ちを代弁して教えないと、

 

子どもは、今、自分が感じている感情が

何なのか分かりません。

 

それを言葉として表現できないので、

その感情の整理もできません。

 

公園やレストランでは、

 

「そんなことで泣くんじゃないよ!」

 

と怒っている親を見ることが多くあります。

 

このように表現を禁じられた感情は、

後に、様々な問題として表れるのでは

ないでしょうか。

 

自分の感情としっかり向き合えるかが、

その人の一生を幸せなものにも、

苦しいものにもすると思うのです。

 

子育てにおいては、

「叱り方」、「褒め方」が

大切と言われます。

 

良い学校での

教育を受けさせることも、

重要視されています。

 

しかし、それらよりも、もっと大切なのは、

子どもの感情を認め、代弁するために

隣にいてあげるということだと、

私は息子と幼少期ずっと一緒にいて、

強く感じています。

 

だからこそ、娘にも、

 

「このケーキ、美味しいね!」

 

「夕陽が綺麗だね!」

 

「この絵本、面白いね!」

 

「あのゴリラ、怖いね!」

 

「ママと離れて寂しいね!」

 

「炭治郎はすごくかっこいいね!」

 

などと、常に感情を代弁して、

その感情を共有するようにしています。

 

もう少し大きくなったら、

自分から感情を表現させ、

更に大きくなったら、

その感情を整理して

次の行動に結び付けるように

隣でコーチをしていたいと思います。

 

「悔しい」からこそ努力して、

「悲しい」からこそ、そうならないように

頑張るんだということを、教えていくのです。

 

そうすることで、

社会の中で強く生きていく力が

身に付いていくと考えています。

 

そして、このように

娘のために教育しているように感じながら、

実は、感情との向き合い方を私も教えられていると、

息子の育児から学んでいます。

 

子育ては、本当に奥が深くて、

学びの宝庫ですね!

 

追伸;

 

本日の写真は、娘が“炭治郎Tシャツ”を着て、

テンションMAX”1枚です^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆藤沢涼の2021年「年収1,000万円以上」プロジェクト

 

2021年に「年収1,000万円以上」を達成し、

人生を大きく変えたいのであれば、

こちらから、私のLINEにご申請の上で、

「お名前」と「2021年1000万円」という

メッセージをお送りください。

 

http://fujisawa-ryo.com/smart_b

「心の身長」を伸ばしていく意識

2020年11月18日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

ボウリングの後は、こちらも久しぶりの

ダーツを楽しみました。

 

 

息子の身長&筋力では、

ダーツボードまで届かせることができず、

悔しそうでしたが、少し前から投げて、

見事に、ブル(ど真ん中)に当てた息子。

 

 

どんなに大変な状況でも、諦めず、

的に当てたいと努力する息子の強い心は、

親の私でも驚く程でした。

 

そして、息子のような不屈の精神で、

私も、あらゆることに挑んでいきたいと、

改めて、息子に気付かせてもらいました。

 

さて、体の身長に関しては、

生まれ持ったDNAでほぼ決まると言われていて、

後天的に自分の力で伸ばすことは難しいですね。

 

しかしながら、「心の身長」に関しては、

本人の心掛け次第で、

どんどん伸ばしていくことができます。

 

「心の身長」とは、つまり「志の高さ」です。

 

心の身長が低いままだと、

物事の本質が見極められず、

あらゆるものを表面的に判断してしまいます。

 

自分のことも、表面的に飾ってしまい、

高級なモノで身を包むことに奔走します。

 

ところが、そのような姿は見苦しいものです。

 

息子のように、

たとえ身長が低くてハンディキャップがあっても、

自分ができることを最大限行い、

限界まで挑んでいこうという姿勢が、

心の身長を伸ばしていくのだと感じています。

 

これからも、あらゆる体験を親子で共にしながら、

人生について、考えていきたいと思います。

 

「育児」は「育自」であり、

育ててもらっているのは私の方だと

最近強く感じております。

 

追伸;

 

ブルに当てた息子と、

息子のことを一生懸命応援していた娘には、

ご褒美として、鬼滅の刃のアイスを

プレゼントしました!

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆藤沢涼の2021年「年収1,000万円以上」プロジェクト

 

2021年に「年収1,000万円以上」を達成し、

人生を大きく変えたいのであれば、

こちらから、私のLINEにご申請の上で、

「お名前」と「2021年1000万円」という

メッセージをお送りください。

 

http://fujisawa-ryo.com/smart_b

コロナ禍での運動会決行に感謝!

2020年10月12日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

コロナウィルス感染拡大の影響で

運動会を中止する学校もあるようですが、

息子の小学校では、決行してくれました。

 

 

 

親が、子どもの成長を感じられる、

とても貴重な機会。

 

コロナに負けずに開催してくれたことを、

とても嬉しく思っています。

 

学校内では、競技ごとに、

応援する親の入れ替えをしたり、

学年ごとに2日に分けて行うなど、

密にならないような工夫がなされていました。

 

その中で、競技によってはマスクをしながら、

頑張って運動をする子ども達。

 

かけっこでは、追い越し、追い越され。

 

大玉転がしでは、トーテムポールを回る時、

ぶつかってしまって、やり直し。

 

このように、頑張ったのに、

それが報われないこともある。

 

でも、思いっきり力を出し切れば、

結果がどうであれ、清々しい。

 

人生の縮図が、ここにあるように感じます。

 

だからこそ、応援する方にも力が入りますし、

本気で応援すればするほど、とても感動します。

 

息子は、かけっこでは1位を取れず、

大玉転がしのチーム戦でも負け、

とても悔しそうでした。

 

「その悔しさをバネに、これからも、

 パパと運動頑張ろう!」

 

「つっくんが頑張ってる姿、

 すごくカッコ良かったぞ!」

 

そう言うと、表情が和らぐ息子。

 

ビジネスでもそうです。

 

頑張っても、願った結果が出なかった時、

そのチームの中で、

 

「あのアドバイスは素晴らしかったです!」

 

「いつも元気なメッセージをくれて感謝です!」

 

「率先して企画してくれたことが嬉しかったです!」

 

このように、プロセスの努力を讃え合うことが、

次に向かうエネルギーになります。

 

私が今、ビジネスに夢中になっているのも、

大人の運動会をやっている感覚なのかもしれません。

 

「親」と「子」の前に、「人」と「人」。

 

支え合い、励まし合い、

相手と一緒に“人間として”成長することが、

育児、そしてビジネスを通して実現できることに、

心から、感謝しています。

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆藤沢涼の2021年「年収1,000万円以上」プロジェクト

 

2021年に「年収1,000万円以上」を達成し、

人生を大きく変えたいのであれば、

こちらから、私のLINEにご申請の上で、

「お名前」と「2021年1000万円」という

メッセージをお送りください。

 

http://fujisawa-ryo.com/smart_b

娘に贈ったケーキと、私に届いた花束

2020年10月03日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

私たちの家庭では、子ども達の誕生日を、

「1年ごと」ではなく、「1ヶ月ごと」に

お祝いしています。

 

息子は「7歳9ヶ月」なので、「93回」。

 

娘は「4歳5ヶ月」なので、「53回」。

 

プチケーキを買って、

お祝いを重ねて来ました。

 

その度に、家族写真を撮りますから、

もう「146回」も撮影したことになります。

 

146枚の家族写真を並べると、

子ども達の成長や、表情の変化が、

ハッキリと見えてきます。

 

そして、私達夫婦も、

年齢を重ねていることを実感します。

 

こうして、何度も何度も重ねていくことで、

必ず、見えてくるものがあるのです。

 

このように、「継続すること」は、

とても偉大なことだと、

子ども達のお祝いからも感じます。

 

私は、より豊かな人生を歩むためには、

 

・道を定め

 

・継続していく

 

ことが、極めて重要だと考えています。

 

そのような思いが、

「毎月お祝い」にも反映されていますし、

子ども達にも、私達の思いを

感じ取ってくれたら嬉しいです。

 

さて、本日は、

私が取り組んでいる健康事業で、

お花を贈っていただきました。

 

 

 

私が達成した成果へのお祝いとして、

自宅まで届けていただいたものです。

 

これも、コツコツ継続したからこそです。

 

このまま継続した先に、

どんな未来が待っているのか。

 

たくさんの方が豊かな人生を歩み、

お互いに笑顔になっている未来を想像し、

心から、楽しみにしています。

 

ということで、本日は娘の「4歳5ヶ月」を

「ケーキ with 花束」でお祝い!

 

娘は、ゴールドのティアラでご機嫌です^^

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

http://fujisawa-ryo.com/rp_b

激務な月末に「パパ、焼肉!」

2020年09月30日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

私は月末に大人気で、今日も朝からずっと、

ハードワークをこなしていました。

 

LINE、メッセンジャー、メール、

チャットワーク、ZOOM・・・

 

ずっと、パソコンとスマホが鳴り続ける1日。

 

こうして、多くの方から

必要としていただけることは、

とても幸せなことです。

私が頑張ることで、少しでも、

 

皆様の問題が解決し、収入が増えるのであれば、

私はいくらでも、貢献したい思いです。

 

ところが、そんな日に限って、

息子が甘えてきます。

 

「パパ、焼肉が食べたい!!」

 

そんな息子に、

 

「ごめん、今日は忙しいんだ!」

 

と、断り文句が一瞬浮かぶのですが、

甘え上手な息子の可愛い顔を見ていると、

無下にすることはできません。

 

だからこそ、

 

「よし、行くぞ!」

 

となってしまいます。

 

そのしわ寄せが、まさに今来て、

24時が迫る恐怖を感じながら、

バタバタしておりますが、、、

 

まあ、何とかなります!笑

 

もし、私が息子の焼肉を断ったら、

 

「パパは、つっくんが小さい時、

 ご飯に連れて行ってくれなかった」

 

という記憶を引きずるかもしれない。

 

きっと、一般的な家庭に比べたら

たくさん連れて行っている自負がありますが、

断られた時のショックは、

小さい子どもにとって、

とても大きいと思うのです。

 

だからこそ、無視してはならないと感じます。

 

私が常に家にいるからこそ、

目の前の父親がしっかり、

自分と向き合ってくれる安心感を、

息子に得て欲しいと考えています。

 

もちろん、私にもご褒美があります。

 

息子がたくさん笑って、

私のことを元気にしてくれますし、

 

「パパ、焼肉美味しかったよ!

 マッサージ20分、無料でしてあげるね!」

 

という恩返しが、たまらなく幸せです。

 

このように、何かをしてもらったら、

ちゃんとお返ししてあげるという気持ちを、

小さい頃から醸成できたら嬉しいです。

 

さあ、9月も残り2時間!

 

ラストスパート、頑張るぞー!!

 

追伸;

 

本日の写真は、息子との幸せな焼肉デート

(息子はカルビ、私はホルモン!)です^^

 

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

http://fujisawa-ryo.com/rp_b

長者の「万灯」より、貧者の「一灯」

2020年09月27日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

釈迦に灯火を寄進した富者の万灯がすぐ消え、

貧しい女性が寄進した一灯だけが、

いつまでも明々と燃え続けたというお話、

ご存知でしょうか?

 

『長者の「万灯」より、貧者の「一灯」』

 

というお話です。

 

釈迦は、この様子を見て、

 

「海の水を注いでも、あの灯は消えないだろう。

 海よりも広い心で布施されたものだから。」

 

と弟子に伝えたのです。

 

私の息子は、

ラーメン屋さんのレジにあった募金箱に、

数十円を寄付しました。

 

この寄付は、私の大きな金額の寄付よりも

尊いと考えます。

 

大切なのは「心」であり、

金額の大小ではありません。

 

もちろん、寄付は、

息子の意志だけで行ったものではありません。

 

私が、

 

「今、辛い思いをしている人がいる。

 

 パパ達は、美味しいお料理をいただいて、

 とても幸せなのだから、困っている人達に

 少しでも分け与えるべきだよね。」

 

と、諭したからこそです。

 

そう言って、お金の大切さと、

それを分かち合うことの大切さを教えながら、

親子で寄付させていただきました。

 

国民総幸福量が高いプータンでは、

子供が小さい時から利他的行動を重んじ、

徳を積むことで来世に良い輪廻転生ができると

徹底して教育しています。

 

だからこそ、社会全体で

幸せを感じられているのですね。

 

「10億」稼いでも、

利己的にしか使わない人より、

数百万円の収入から少しでも利他的に費やす方が、

より価値のある生き方です。

 

妬みや憎しみが

流通してしまう利己的社会を脱し、

愛と思いやりに溢れた社会を、

私たちは築いていくべきですね。

 

追伸;

 

お金は分け与える息子ですが、

ラーメンだけでは満腹にならず、

二次会でステーキに行きました^^

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

http://fujisawa-ryo.com/rp_b

「褒める」ことで「挑戦」をやめる弊害

2020年09月18日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

私は、息子の育児において、「褒める」ことを

とにかく意識し続けてきました。

 

自分が、自分自身を強く信じて、

自尊心を高めていくことこそが、

人生を切り拓いていくために重要だと

考えていたからです。

 

そして、そのためにはまず、

周囲から認めてもらうことがとても大切であり、

幼少期に親が褒めることが、自分への自信の

「土台」になると捉えていました。

 

ところが、最近の息子の様子を見て、

「褒める」だけでは成長が止まってしまうように

感じていました。

 

そして、ちょうどこのタイミングで、

コロンビア大学のミューラーとデュエックによる

驚くべき実験結果を拝見しました。

 

10歳から12歳までの400人の子ども達に

知能テストを受講してもらい、

以下の3つのグループに分けます。

 

1:「本当に頭がいいんだね」と褒める

 

2:「努力の甲斐があったね」と褒める

 

3::何のコメントもしない

 

すると、次に「簡単な課題」と「難しい課題」を

同時に与え、どちらに取り組むか選択させた場合、

難しい課題を選ばなかった割合は、

 

1:65%

 

2:10%

 

3:45%

 

となったのです。

 

つまり、

 

“努力を褒められた”

 

子ども達は、

果敢に難しい課題に取り組んだのに対し、

 

“頭がいいと褒められた”

 

子ども達は、

何もコメントされない子ども達よりも、

高いハードルに挑戦しなくなってしまったのです。

 

さらに、グループ1の子ども達の40%は、

本当の自分の成績より良い点数を

みんなの前で報告したそうです。

 

・「頭がいい」と褒められたことで、

 頑張らなくても良いと努力をしなくなってしまう

 

・周囲に「頭がいい」と思わせなければならないので、

 平気で嘘を吐くようになってしまう

 

このような弊害が明らかに見られ、

その後の継続調査でも、グループ1の子ども達の成績は

どんどん下がっていったそうです。

 

「褒める教育が良い」

 

と鵜呑みにしてしまうと、

このような落とし穴が待っているということですね。

 

教育はとても難しいです。

 

完全な正解に辿り着くことは無いかと思いますが、

子ども達だけではなく、多くの方にビジネスや投資を

指導する立場になった現在、より良い教育者になるべく、

幅広く情報を得て、実践し続けたいと思います。

 

追伸;

 

連日、カブトムシの写真が続き、

昆虫嫌いの方には恐縮ですが、、、

 

息子が「オコリンボ」と一緒に

お昼寝する姿が、可愛くて、可愛くて、、、

 

今日も、「息子&カブトムシ」のショットです^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

http://fujisawa-ryo.com/rp_b

カブトムシの教訓「第2章」交尾

2020年09月17日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

大切に育てていたカブトムシの「ミツ」が

動かなくなってしまってから、1週間。

 

息子は、今も元気に生きているオスの

「キノ」&「オコリンボ」と遊んでいます。

 

キノは、“いつも木登りしている”から。

 

オコリンボは、名前の通り、

“いつも怒っている”から、

その名を付けたそうです。

 

ミツが死んでしまった時、

 

「ミツ!ミツ!どうして動かないの!?

 昨日まであんなに元気だったのに、

 あんなに可愛かったのに、

 なんで?どうして??」

 

と、号泣していた息子は、

数日間、元気がありませんでした。

 

ところが、「ミツ」を愛した気持ちと

同じくらいの大きさの愛情を、

今は、2匹のオスに注いでいます。

 

命の儚さを知っても、

また命に向き合う姿を見るだけで、

親は、感動してしまうものです。

 

そして、オス2匹との触れ合いの中で、

息子は、新たな知恵を得ました。

 

「パパ、これ見てごらん!

 チンチンだよ!」

 

「ほら、こんなに伸びてくるんだよ!」

 

「キノも、オコリンボも、

 凄い速さで動かすんだよ!」

 

「携帯で調べたらね、

 これは交尾って言うんだよ!」

 

いつの間にか、携帯で“交尾”を知る息子。

 

妻と顔を見合わせました。

 

「どうする?今、話す?」

 

「え?どう言うの?」

 

保健体育のあるべき家庭教育の姿を、

未だに決め切れていなかった我が家は、

混乱しました。

 

ところが、次の息子の言葉に、笑いました。

 

「交尾はね、オスがメスを守るためにするんだよ。

 

 ほら、また動いた!

 

 キノは、メスをすっごく守りたいんだね!」

 

正解一歩手前で、可愛い勘違いをする息子に、

夫婦で胸キュンなのでした。

 

追伸;

 

本日は、息子&キノ&オコリンボの、

仲良し3匹写真です^^

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

http://fujisawa-ryo.com/rp_b

インフル1000分の1と、子どもの免疫

2020年09月15日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

インフル患者数、1000分の1以下に…

コロナ対策で異例の少なさ

 

という記事、ご覧になりましたか?

 

厚生労働省が公表した

今季初の患者数のまとめによると、

全国約5000か所の医療機関からの報告数が

6日までの1週間で3人にとどまったのです。

 

新型コロナウイルス対策で

手指消毒やマスク着用の徹底など、

国民の衛生意識の高まりが

影響したということなのですが、、、

 

この数字、恐ろしくないですか?

 

私は、保育園や幼稚園において、

手足口病や、ヘルパンギーナなどが

流行することを、息子から学んでいます。

 

それが、今年は全く流行っていません。

 

子ども達は、小さい頃に病気をしながら

免疫を獲得して強くなります。

 

ところが、この半年、あまりに無菌状態、

人との接触がない状態なので、

ほとんど病気していないのです。

 

私の息子も、娘も、全く病気をしていません。

 

それを、喜んでいられないと思うのです。

 

たとえば、おたふくや、水疱瘡などもそうです。

 

子どもたちが小さい時に、

かかるべき病気にかからず、

免疫を獲得できていないのは、

問題ではないでしょうか?

 

振り返れば、私も妻も、この半年、

全く風邪を引いていません。

 

子ども達が持ち込む病原菌のせいで、

多少は熱を出したりなどあったのに・・・。

 

コロナに怯え過ぎて、

過剰に抗菌していることが、

将来的には、人間を弱くするのではないか?

 

そんな疑問が湧いてきます。

 

私達大人にとっては、

そこまで大きな問題では無いかもしれません。

 

ところが、子ども達にとってはどうでしょうか?

 

無菌室で育てた子どもは、

大切な免疫を育むことができないのでは?

 

そんなことを考えた、

インフルエンザ激減のニュースでした。

 

さて、平成20年6月1日の道路交通法改正により、

幼児および児童(13歳未満)に対する

ヘルメットの着用努力義務が施行されました。

 

これも、正しい未来に繋がるのかな?

 

今、目の前の「ルール」が、

本当に必要なものなのか、

疑問に思いながらも、法律改正に従い、

ヘルメットを買って、

写真撮影する我が家なのでした。

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

http://fujisawa-ryo.com/rp_b

「不妊治療・保険適用」に関して

2020年09月08日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

私がずっと前から願っていたことが、

やっと進みそうで、嬉しく思っています。

 

菅義偉官房長官が、自民党総裁選演説会で、

 

「出産を希望する世帯を広く支援するため

 不妊治療への保険適用を実現する」

 

と表明したのです。

 

私の多くの友人が、

高額の体外受精や顕微授精という

特定不妊治療に、悩んできました。

 

高額を長期間投資して、やっと、

待望の赤ちゃんを授かった方もいらっしゃれば、

同じように何度も治療を受けたにも関わらず、

授かることができずに、断念した方もいらっしゃいます。

 

中には、治療で経済的に困窮してしまい、

その後、喧嘩が絶えなくなり、

離婚してしまうケースもありました。

 

日本の大きな課題である少子高齢化に対して、

国が何らかのサポートをしていくことは急務であると、

私は考えていました。

 

時々、政治関係の記事を書くと、

私を政治家に推薦していただくような声も

たくさんいただくのですが、

そんなに甘い道ではないと思っています。

 

だからこそ、個人の見解として発信するに留め、

選挙権を持つ1人の国民として、政治家の皆様に

思いを託してきました。

 

今回、安倍さんが、気の毒なことに

ご持病で辞任となったことは残念ですが、

彼より10歳も先輩である菅さんから、

不妊治療に対する保険適用の表明があったことは、

想定外の明るいニュースでした。

 

これは、日本の未来をも、

明るく照らすと考えています。

 

もちろん、簡単に実現するものではないでしょう。

 

専門家の中には、

 

「保険適応するには、

 

 『どういう「病名」で

  どの「治療・検査」が適応になるのか』

 

 という難しい話に

 画一された指標を設定せなばならない」

 

というご意見もあります。

 

ただ、これまで議論されなかったことが、

菅さんによって注目されることは、

歓迎するべきことです。

 

何らかの形で、補助が増え、

日本にたくさんの赤ちゃんが

生まれて欲しいと思います。

 

なお、私達夫婦も、4年間不妊だったのですが、

私が電通退社直後に、息子、そして娘を、

自然妊娠で授かりました。

 

ですから、

 

「ストレス環境から脱して自由になれば、

 自然に授かることができる」

 

という持論を主張しています。

 

私は、多くの方を、

そんな未来に導くことができるよう、

現在の環境から救い出し、精神的にも、

経済的にも自由になって欲しいと

心から願っています。

 

追伸;

 

今日はリビングで、

息子と娘が仲良く並んでお昼寝していました。

 

 

たくさんの家庭で、このような光景に

幸せを感じられる未来がありますように^^

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

http://fujisawa-ryo.com/rp_b