■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「働き方改革」で「収入源」が2割

2018年09月01日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

多くの会社員の方が恐れていただろうことが、

現実に起こってしまいました。

 

NTTデータ経営研究所の調査によると、

働き方改革によるマイナスの変化として、

 

「収入が減少している」

 

という回答が、

22.9%」もあったということです。

 

残業時間の減少が、直接、

給料の減少につながっている状況です。

 

もちろん、

 

「無駄な残業を削減した」

 

という効果はあると思います。

 

しかしながら、本来の目的は、

生産性を高めて、より少ない時間で、

より多くの給料を還元できるような

仕組み創りだったはずです。

 

それなのに、結果的には、

国と会社が組んで、人件費を上手に削減できた、

という末路に向かってしまっています。

 

こうなってしまうと、

必然的に国民の所得が減り、

デフレがどんどん加速してしまうでしょう。

 

事態は、どんどん悪化するばかりです。

 

もし、それぞれの会社の中で、

「時短」と「利益向上(給料アップ)」を

兼ねる明確な策が無いのであれば、

社員の自由を束縛することなく、

副業を認めることが必須です。

 

そして、その先には、起業を奨励することも

視野に入れていくべきでしょう。

 

一方で、長く会社員だった方が、

個人のビジネスや投資で陥りやすい罠は、

 

・時給が低い時期

 

・損失が出ること

 

に耐えることができないという、

メンタルの弱さです。

 

会社員は、

 

・能力の無い時期から給料が出る

 

・自分の財布からお金が無くなることは無い

 

というのが当たり前という甘い環境で、

「労働」を続けます。

 

そうすると、

 

・アフィリエイトの作業を10時間やって、

 利益が1000円にも満たない

 

FXにチャレンジするも、

 連敗で損失が続く

 

このようなことには、耐えられません。

 

これは、まさに、

 

・時給で給料が出るのが当たり前

 

・自分のお金が減らないのが当たり前

 

という環境化で飼い慣らされた弊害であり、

私自身も、当然ながら、

このような時期に辛く苦しい経験をしています。

 

ただ、私は、途中で諦めませんでした。

 

だからこそ、

 

・時給が10万円、100万円と算出されるような

 生産性の高いビジネスに辿り着くことができた

 

・損失が続く時期を乗り越えて投資し続け、

 資産がどんどん膨らんできた

 

という状況になっているのです。

 

途中で投げ出してしまったら、結果的に、

会社に依存するしか無くなります。

 

日本の働き方改革は、

自分の人生を創り出すチャンスだと捉え、

果敢にチャレンジし続けたいですね。

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、
もうすぐ「1億円」を達成するkeiさんと開催した
セミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「仮想通貨」1ヶ月で資産50倍が狙える裏技

私は「ビットコイン」の値上がり益だけで
資産を「10倍」にすることができましたが、
これからは、この裏技でさらに資産拡大していきます。

http://fujisawa-ryo.com/kyohei_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: