■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2023年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


大谷翔平選手と、人間の「根っこ」

2023年03月13日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

社長ブログランキングへ 

 

人を木に例えるなら、地面から上の部分、

つまり、幹や枝や花にばかり、

注目が集まっているような気がします。

 

見た目や持ち物、地位など、

表面だけを見て、

比較されてしまうのです。

 

しかし、輝いているように見える人でも、

あっという間に輝きを

失うことが多くあります。

 

これはまさに、

突然枯れ木になったり、

倒木してしまうような、

「根が張らない」木のようです。

 

無理に養分を吸い上げ、

地面から上の部分だけで立派に見せると、

じきに抜け殻のように

なってしまうということです。

 

私が、生きることを

苦しいと感じていた頃は、

根が十分に育っていなかったと感じます。

 

当時は、自分が弱くて

ダメな人間だと考えていましたが、

まだ根が育っておらず、

幹も芯から太くなっておらず、

エネルギーを吸い上げることが

できていなかったのです。

 

そのことに気付き、

根っこを大切にしてから、

生きることの本当の幸せに気付きました。

 

「電通」という看板に、依存していた頃。

 

「ベンチャーの役員」という地位に、

おごっていた頃。

 

あの頃の自分は、

「幹」や「枝」や「花」だけを立派に見せて、

根っこは、ボロボロだったのです。

 

このような、

「人に見せる」ための生き方から、

「自分自身を大切にする」

生き方に変えたことで、私はやっと、

人生の喜びを再認識したのです。

 

子育てをしていると、今が、

人としての「根っこ」を育てる

とても大切な時期だと感じます。

 

だからこそ、

1分でも長く一緒にいたいし、

眠りにつく瞬間まで、

話していたいと思います。

 

そうすることで、

子ども達の根っこが育っていくのを

強く感じるからです。

 

日本社会は、

根っこを見られない人が多くいます。

 

だからこそ、

息苦しい社会になっているし、

根っこを見られず、幹や枝や花に

騙されてしまう人が多くいると感じます。

 

「根っこ」を大切にし続ければ、

人としてのあり方を見つめ続ければ、

やがて、寒い冬や嵐にも負けないような

強い幹や枝を伸ばし、そしていつか、

美しい花を咲かせることができると信じています。

 

WBCでも大活躍の大谷翔平選手は、

この「人としての根っこ」が

とても美しいということを、

多くの方が否定しないでしょう。

 

二刀流も、それぞれのプレーも

本当に素晴らしいですが、

彼の人間としての根っこにこそ、

ファンが魅了されていると思います。

 

本日の写真は、

すっかり大谷選手のファンになった娘と、

大谷選手との2ショットです^^

 

 

 

 ※本日の藤沢涼の記事が

  少しでも有益だと感じて頂けたら、

  こちらのブログランキングに

  ご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、

特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

春風のように、人に温かく接したい

2023年03月07日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

社長ブログランキングへ 

 

 

公園で美しく咲く花を愛でながら、

もうすぐ、「春」が来ると感じます。

 

佐藤一斎は、こう言いました。

 

 「春風」を以て人に接し、

 「秋霜」を以て自らを慎む

 

少しずつ吹いて来た春の風のように、

温かく、和やかに周囲の人に接していくこと。

 

そして、秋霜のような厳しさで、

自己を抑制すること。

 

他人に優しく、

自分に厳しくあれという教えで、

とても素敵な言葉だと感じています。

 

いざ人に接する時、

「自慢」してしまったり、

「威張って」しまったり、

他人を見下す人が少なくないと思います。

 

自己成長には、他人が不可欠です。

 

それなのに、

他人を高いところから見てしまうと、

やがて、周囲には誰もいなくなります。

 

そして、成長するチャンスを失うのです。

 

ですから、どれだけ成果が出ても、

それは自分だけの力ではなく、

周囲のおかげなのだということを

忘れないようにしたいですね。

 

日本の現況を見ていても、

これと同じことを感じます。

 

先輩達が築いてくださった

日本の高度成長により、

「世界一」と言われた時代に、

日本は天狗になり、他国を、

見下してしまったのではないでしょうか。

 

その結果、現在の体たらくが

あると思うのです。

 

現在の現役世代の方は、

先輩達の世代の方に感謝しながらも、

今一度、日本を輝かせる使命があります。

 

私は、そのための努力を続けながらも、

私自身が何か誇れるようなものを持った時、

勘違いして驕り高ぶらないように、

そして、謙虚さを欠かないように、

細心の注意を払いたいと考えています。

 

これから吹いて来る、春風。

 

そんな優しい風のように、

穏やかに、和やかに、

周囲の方に接することを、

いつまでも忘れないようにしながら、、、

 

今日の写真は、春を感じる

暖かい公園で撮った、家族の写真です^^

 

 

 

 ※本日の藤沢涼の記事が

  少しでも有益だと感じて頂けたら、

  こちらのブログランキングに

  ご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、

特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

人生逆転継続術「やめる」は必見!

2023年02月26日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

社長ブログランキングへ 

 

私が尊敬する慶應の先輩・三浦孝偉さんが、

また私を、大いに刺激してくださいました。

 

 

長く予定されながらも見送り、

その時を待っていた「出版」を、

ついに、実現されたのです。

 

 

本のテーマは、「継続」です。

私も、電通を退社してから10年以上、

毎日、毎日、記事を書くことで、

人生を変えてきました。

 

ですから、「継続」こそが、

人生において最も重要だと考え、

定期的に私の記事のテーマにしてきました。

 

しかしながら、

 

「どうすれば、継続できるのか?」

 

その言語化はとても難しく、

悩む日々だったのです。

 

そんな高い壁を、

いとも簡単に壊してしまった三浦さんは、

美しく、論理的に、「継続」を解明し、

見事に書き上げていらっしゃいます。

 

そして、「継続」の本なのに、

タイトルが「やめる」という

逆説的なアプローチで、それがしっかりと、

腑に落ちていくのです。

 

三浦さんのメルマガは、毎回、

小説のような展開に心を奪われるのですが、

まさにこの本でも、その技術が発揮され、

1ページ1ページ、次の展開を想像し、

時に興奮し、時に裏切られ、

時に深く納得しながら読み進めて、

気が付いたら、最後のページになっていました。

 

そして、

 

「次の本が読みたい!」

 

と感じた私が、そこにいました。

 

もしあなたが、何をやっても、

なかなか続けられないと感じているなら、

三浦さんから37の「やめる」を学び、

三日坊主を卒業していただきたいです。

 

さて、昨夜は、

この初出版を記念したパーティーが

渋谷「ACCESO」で開催され、

私も皆様の前で、ご挨拶しました。

 

 

その時に感じたのは、

ご参加されていた皆様の

体格の良さと、男臭さです。

 

 

会場は、屈強なラガーマンで

埋め尽くされていたのです。

 

これも、ラガーマンの三浦さんが、

YouTubeでラグビーチャンネルを開設され、

そちらも人気チャンネルになっているからこそ。

 

副業も、ラグビーも、

 

語り合う仲間がなかなかいない中、

その「サードプレイス」を創り続け、

人と人を繋ぎ続ける三浦さんは、

やっぱり凄いです。

 

何より、毎日、

記事更新するだけでも大変なのに、

動画も投稿し続ける力は、驚異的です。

その極意を学ことができる、

三浦さんの処女作「やめる」。

是非、書店かAmazonで手に取られ、

しっかり学んでくださいね!

 

 

 ※本日の藤沢涼の記事が

  少しでも有益だと感じて頂けたら、

  こちらのブログランキングに

  ご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、

特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

人間は「本能が壊れた」動物

2023年02月24日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

社長ブログランキングへ 

 

動物は、本能に従うだけで、

生きていくものです。

 

お腹がすいたら食べて、

眠たくなったら眠る。

 

しかし、人間はそうではありません。

 

「生きる理由」を求め、

彷徨い続けてしまうのです。

 

心理学者の岸田秀氏は、

 

「人間は、本能が壊れた動物である」

 

と言いました。

 

この理由は、人間が生きる理由を

求める動物だから、と捉えています。

 

この生きる理由・・・

 

具体的な答えは何でしょうか?

 

私は、

 

・人に感謝されること

 

・人に認められること

 

・人に必要とされること

 

だと考えています。

 

もし、これらが一切無くなってしまうと、

人は「死」さえも選んでしまうのです。

 

今、あなたが息苦しさを感じていたら、

この生きる理由の原点に

返ってみると良いと思います。

 

私は、大企業の中にいて、

これらの生きる理由を

失ってしまっていました。

 

感謝されるのは、会社。

 

認められるのも、会社。

 

必要とされるのも、会社。

 

会社の中で、

自分自身の価値を模索し続け、

12年彷徨っても見付からなかったので、

外に出ることにしたのです。

 

そして、その結果、

苦しみから逃れられ、

生きる喜びを感じる毎日を

過ごすことができています。

 

私自身が感謝され、

 

私自身が認められ、

 

私自身が必要とされ、、、

 

求めていた人生が、今ここにあります。

 

私のように会社の外に出なくとも、

生きる理由を定義できる環境さえ創れば、

もっとラクに生きていけます。

 

私は、生きる理由が見付からずに

苦しんでいる方のために、

生きる理由を定義できるような

お手伝いがしたいと思っています。

 

追伸;

 

鉄棒で遊んでいた娘が落下して、

顔をぶつけ、怪我をしてしまいました。

 

 

もう少し、打ち所が悪ければ、

目も怪我していたかもしれないので

不幸中の幸い、一安心ではありますが、

しばらく、傷が残ってしまいそうです。

 

それでも、恐怖を越えて、雲梯に登る娘。

 

 

本能が壊れているのは

大人なのか、子どもなのか、

考えさせられる勇敢な娘の姿でした。

 


 

 

 ※本日の藤沢涼の記事が

  少しでも有益だと感じて頂けたら、

  こちらのブログランキングに

  ご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、

特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

「やり方」よりも「あり方」を磨く

2023年02月07日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

社長ブログランキングへ 

 

 

「知識」と「人格」は、人生で

成果を生み出すための「両輪」です。

 

そのどちらが欠けても、

人生の質は下がってしまいます。

 

そして、仕事は円滑に進まず、

人から愛されません。

 

私は、特に重視すべきなのは、

「人格」だと考えています。

 

何故なら、知識の無さは

人格でカバーすることができますが、

人格の無さを知識でカバーすることは

とても難しいからです。

 

ITの発展に伴い、私達は

直接のコミュニケーションの機会を

減らしています。

 

それに伴い、

面倒なことはできるだけ無くし、

早く成果に繋がることばかりを

追い求めるようになっていると感じます。

 

表面的なテクニックを詰め込んだり、

何らかの資格を取得することに

フォーカスしてしまい、人と人との

コミュニケーションから逃げているのです。

 

つまり、「どうやるか?」

という「やり方」ばかりに

目が向いているのです。

 

しかしながら、人は、

他人の何気ない言動や姿勢を

注視しています。

 

「最前線の従業員の

 15秒間の接客態度が、

 企業の成功を左右する」

 

と言い、その15秒を

「真実の瞬間」と表現したのが

スカンジナビア航空を立て直した

ヤン・カールソン氏です。

 

その真実の瞬間で、

より良い印象を与えるのが、

人の「あり方」と言えるでしょう。

 

一瞬で伝わる「人となり」にこそ、

私達は意識を向けるべきなのです。

 

私自身は、そのためにも、

ビジネスをオンラインで済ませず、

オフラインこそを重視する

バランス感覚を大切にしたいと思います。

 

「やり方」ではなく、「あり方」を磨き、

より多くの人に愛される豊かな人生を

歩んでいきたいですね。

 

追伸;

 

子ども達は、横浜の「アニタッチ」で、

思いっきり遊んできました!

 

 

 

動物にこんなに触れられて、

それぞれの「あり方」を体験できる空間、

とても素敵ですね^^

 

 

 

 ※本日の藤沢涼の記事が

  少しでも有益だと感じて頂けたら、

  こちらのブログランキングに

  ご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、

特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

「一身にして二生」を経るが如く

2023年01月12日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

社長ブログランキングへ 

 

 

福沢諭吉は「文明論之概略」緒言の中で、

幕末から明治への変化について、

 

「恰も(あたかも)

 一身にして二生を経るが如く、

 一人にして両身あるが如し」

 

と表現しました。

 

彼の六十六年の生涯の半分は、

封建制の江戸時代(三十三年)に。

 

残りの半分は、

明治維新の時代(三十三年)に。

 

まさに、

 

「一身にして二生を」

 

生きたのです。

 

奇しくも、私は三十三歳で、

電通を退社しました。

 

福沢諭吉になぞらえるのは

大変おこがましいことですが、

彼と同じく、三十三年で

人生の前半戦を終えました。

 

福沢諭吉が創った

慶応義塾大学を卒業し、

電通という大企業に勤めるという

旧来型の成功法則に則り、

三十三年を生きたのです。

 

そして、時代の変化に伴い、

もう一つの人生を歩み始めました。

 

それは、

インターネットの世界で

生きていく人生です。

 

この大きな変化は

私だけに起こったことではなく、

すべての人間にとって、

向き合わなければいけない

新たな時代の幕開けです。

 

情報技術(IT)が

世界を劇的に変えたのです。

 

この激変の中で、

これまでの常識に縛られていると、

これから歩まなければいけない道が

危うく見えてしまいます。

 

しかし、旧来の常識に対しては、

懐疑の目を向けなければなりません。

 

新たな時代を過小評価し、

旧来の環境に過剰適応したままだと、

これからの世界で

サバイバルすることは出来ません。

 

インターネットの世界は、

善悪、清濁、可能性、危険・・・

 

あらゆる矛盾を抱え、

混沌とした空間です。

 

それでも、このような矛盾で起こる

難題を解決する為には、

新たな時代の構築過程に

積極的に関与していくしかない、

と考えています。

 

だからこそ私は、リスクを取って、

生きる場所を変えたのです。

 

養老孟司氏は、こう語っています。

 

「時代というものがあって、

 いまの時代は年寄りが威張る。

 若い人は、年寄りが

 ダメな世界で頑張ること。

 ウェブは格好の分野ではないか」

 

まさに、その通りのことが起きています。

 

既得権益にしがみつく人間は、

大きな傷を負うことになります。

 

気が付かない間に、

異常な程に大きな波が

押し寄せているのです。

 

もちろん、これまでの世界での生き方を

教えてくださった先人への感謝は、

忘れてはいけません。

 

その上で、新たな世界での生き方を、

若者がリスクを取って行動し、

多くの方に示すべきなのです。

 

インターネットは、巨大な強者より

小さな弱者に親和性が高く、

今まで一部の方に制限されていた

表現や社会貢献などを

すべての人に開放する技術です。

 

これまで弱い立場にいた方にこそ、

新たな光をもたらすものです。

 

太陽の温かい光を子ども達と浴びながら、

そんなことを考える1日でした。

 

 

私も、この子達から学ぶ日が、

いよいよ近付いていますね。

 

 

 ※本日の藤沢涼の記事が

  少しでも有益だと感じて頂けたら、

  こちらのブログランキングに

  ご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、

特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

「一極集中」の人生に潜むリスク

2023年01月11日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

社長ブログランキングへ 

 

 

人生に幸福を感じられる人は、

自分の人生に自分の責任で取り組み、

リスクの上にリターンがあると理解し、

成功も失敗も受け入れられる人だと

考えられます。

 

一方で、あらゆるリスクを避け、

人にリスクを押し付けるような人は、

周囲の人から避けられて孤独になり、

不幸になっていきます。

 

当然ながら、

幸せの源泉は決して1つではなく、

「愛」や「富」の循環が構築できるように

「時間」を分散投資していくべきです。

 

それなのに、

 

「仕事だけ」「お金だけ」「恋人だけ」

 

というように、

何かに「一極集中」すると、

環境変化が起こる度に、

不幸になってしまいます。

 

たとえば、

 

「会社の仕事が忙しい」

 

という理由で、

その他の収入源を生み出さず、

家庭にも時間を使わず、

自分の会社の中での社会的立場ばかりを

気にしている人がいらっしゃいます。

 

会社の寿命が、

どんどん短くなっている現代、

そのような生き方が時代錯誤であることは

きっと頭では理解しているはずです。

 

ところが、実際の言動では、

視野を全く拡げられずにいるのです。

 

そのまま、いつか、

家族からも見放され、

会社からも見放された時に、

自分の過ちに気付いても遅いでしょう。

 

このことを裏付けるかのように、

日本人は、加齢と共に幸福度が下がり、

アメリカ人は加齢とともに幸福度が上がる、

という調査結果があります。

 

アメリカ人は、年を重ねるごとに

「一極集中型」から離れ、

リスクをとって行動し、

自分の人生の舵を、自分で取っていきます。

 

これに対して、日本人は、

リスクをとらないままで歳を重ね、

結果的に、国や会社に依存せざるを得なくなり、

人生の自由を失っているからだと考えられます。

 

「円」だけに「一極集中」するのも、

これからの時代は危険であることを、

昨年は強く、思い知らされましたね。

 

あらゆるものに分散投資をして、

突然の環境変化にも

対応できるようにしておく。

 

それが、とても大切な時代であり、

そうやってリスクを取る人こそが、

幸せな未来を手にするのだと確信しています。

 

追伸;

 

今日は、新年初スイム1.5kmを泳ぎ、

 

 

年末年始で17.4%まで膨らんだ体脂肪率を、

16.4%まで下げられました。

 

 

ただ、急な減量は筋肉を落としてしまうので、

身体が、全体的に萎んでしまったと感じます。

 

 

このバランスが、とても難しい。

 

ボディメイクにおいても、

有酸素運動や摂取カロリー減だけに

一極集中せずに、視野を広げて、

身体をデザインしていくことが

とても重要ですね。

 

 

 

 

 ※本日の藤沢涼の記事が

  少しでも有益だと感じて頂けたら、

  こちらのブログランキングに

  ご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、

特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

「人生100年」時代の未来を創造

2022年12月15日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

社長ブログランキングへ 

 

1963年に153人しかいなかった

日本の100歳以上の方は、

2014年に5万人を超えて、現在、

9万人を超えています。

 

2050年には、70万人になるとも

予想されています。

 

戦後は寿命が50年で、

文字通り、「人生50年」でしたが、

あっという間に30年も延び、

皆が80年生きるようになりました。

 

更なる医療の進歩により、

人生100年になる日が確実に来ます。

 

寿命が100歳となる時代は、

働き方も大きく変わっていきます。

 

65歳で定年など言っていられず、

80歳位までは働かないと、

個人の生活も、社会自体も、

立ち行かなくなります。

 

「人生において、職業はひとつ」

 

という前提でのキャリア形成は

現実的ではありませんね。

 

半世紀以上働くのですから、

その間に、働く業界が大きく変わり、

その仕事自体が不要になってしまうことも

有り得るでしょう。

 

ですから、私達は常に、

時代の流れに合わせて、

自分が提供できる価値を

スイッチしていく必要があるのです。

 

その為には、

 

「一度手に入れたらOK」

 

という、これまではの価値観を、

大きく変えなければいけません。

 

「◯◯大学を卒業しました」

 

「◯◯に勤めていました」

 

そんなことは、

どうでも良い時代なのです。

 

貯金、学歴、職歴のような、

「ストック型」の資産を

重宝するのではなく、

0から1を生み出せる

「フロー型」の能力を

手に入れなければいけないのです。

 

その為には、

時代の変化の最先端を学び続け、

未来を読む力を

身に付けなければけません。

 

過去に獲得した栄光にしがみつかず、

過去はリセットして、

未来を創造していく努力を

しなければいけません。

 

価値観の大転換をして、

新たな時代を勝ち抜きましょう。

 

追伸;

 

私も新たな挑戦で、表参道へ。

 

 

 

人生を思いっ切り楽しみながら、

自分を生まれ変わらせ続けていきます^^

 

 

 ※本日の藤沢涼の記事が

  少しでも有益だと感じて頂けたら、

  こちらのブログランキングに

  ご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、

特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

人生の大きな岐路「お酒を・・・」

2022年10月09日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

社長ブログランキングへ 

 

スイス8泊・大阪2泊・名古屋1泊を経て、

体脂肪が「2.5kg」増えってしまったことを

ご報告しました。

 

あれから1週間が経ちましたが、

脂肪が全く落ちません。

 

酒量も食事量も、楽しい旅行の延長で、

膨らんだままです。

 

ジムには通っているのですが、

このまま無酸素運動だけでは、

脂肪を落とせないことが明白です。

 

さあ、どうしよう?

 

と考えているうちに、

ウィスキー2.7リットルのボトルが、

空いてしまいました。

 

 

このボトル、スイスの直前に、

初めて買った巨大サイズです。

 

「こんなものは、

 業者が買うものだ!」

 

と思っていた異常なものを、

日本滞在期間で考えると1ヶ月も経たずに

飲み切ってしまったことになります。

 

これは、ちょっとマズいと感じてきました。

 

「このままだと、

 アルコール中毒になってしまうのでは?」

 

と、怖くなりました。

 

脂肪は全然落ちないし、

酒量は増える一方だし、

ここで、軌道修正しなければ!と。

 

何事も極端な私は、

お酒をやめることも考えました。

 

そこで、自分に課しました。

 

「今日、10kmランを

 1時間以内に走れなかったら、

 断酒しなさい!」

 

脂肪を落とすためには、

有酸素運動が必要だと分かっていても、

ついつい、ラクな無酸素ばかり

やっていた自分を鼓舞するためにも、

雨が降る前の駒沢公園を

久しぶりに走りました。

 

なんだかんだ4ヶ月ぶりだったので、

走り出しから苦しかったのですが、

 

「おいおい、6分/kmは遅過ぎるぞ!」

 

「こりゃもう、断酒になるぞ!」

 

「ダサいぞ!このまま、

 走れないデブに戻るのか?」

 

と怖い幻聴が聞こえて(もうアル中?)、

何とかギリギリ、

1時間以内に走り切りました。

 

 

一安心して、ご褒美に、

また2.7リットルのウィスキーボトルを

買ってきたところです。

 

 

さあ、この岐路で、

飲み続けることを決断した私は、

正しい道に進んでいるのか?

 

時に自分を甘やかし、

時に自分を追い込んで、

心身の変化を見守っていきたいと思います!

 

 

 

 ※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

藤沢涼


あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

人生における「追い風」と「向かい風」

2022年09月28日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

あなたは、「追い風」と「向かい風」、

どちらがお好きでしょうか?

 

きっと、「追い風」に乗ってラクをしたい!

というのが、多くの人の本音だと思います。

 

例えば、ゴルフのプレーにおいては、

追い風が吹くとボールの飛距離が伸びて、

向かい風が吹くとボールは止まります。

 

この事実と同じように、

追い風が吹き続けてくれたら、

自分の努力や実力以上に、人生がどんどん

前進していくと捉えられますね。

 

実際に私も、

マスメディアに吹く「向かい風」を避け、

インターネットに吹く「追い風」に乗ることで、

自由なライフスタイルを手にしました。

 

しかしながら、「向かい風」の絶大な力も

忘れてはいけないと考えています。

 

たとえば、スキージャンプにおいては、

向かい風が吹くことによって浮力が付き、

より高く、より遠くまで、

飛ぶことが可能になります。

 

もし、ジャンプの際に

追い風が吹いてしまうと、

浮力が打ち消されてしまい、

距離を伸ばすことができません。

 

ゴルフと、スキージャンプでは、

常識が「真逆」になるということです。

 

そして、人生においても、向かい風こそが、

自分を飛躍させてくれる瞬間があります。

 

私にとっては、それが起業直後でした。

 

想定外のトラブルが連続して起こり、

どれだけ努力しても全く成果が出ず、

そのまま、吹き飛ばされて

しまいそうだったあの頃。

 

「もう、吹き飛ばされた方が、

 ラクなんじゃないか、、、」

 

そんな気持ちに陥ったこともあります。

 

しかし、妻と息子の顔を見ては、

あと1歩、あと1歩と、

何度も何度も踏ん張って、

向かい風に突き進んでいきました。

 

すると、ある時、急に身体が浮いて、

あっという間に遠くにジャンプするような

感覚になりました。

 

そして、いつの間にか大きな成果が出始め、

収入も急増していったのです。

 

このように、

人生が向かい風にさらされた時でも、

逃げずに果敢に立ち向かえば、それは、

大いなる飛躍のチャンスとなります。

 

今、あなたに向かい風が吹いているなら、

その力をしっかり活用して、

遠いところまで飛ぶ準備をしてください。

 

いつ吹くか分からない追い風を待つよりも、

圧倒的に早く、成長した自分と出会えると、

私は信じています。

 

追伸;

 

娘の微熱が続くので、

今日は、妻が娘を看病して、私と息子は、

東京駅の週末の懇親会のお店の下見をしつつ、

その近くのヤエチカのラーメンで、腹ごしらえ!

 


 

久しぶりの町田商店!

 

 

これぞ家系!美味しかったです^^


 

 

 ※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!