■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


電通「鬼十則」社員手帳掲載中止検討へ

2016年11月18日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

oni20161118_2


 

電通は、この度の過労自殺問題を受け、

4代社長の吉田秀雄氏の遺訓であり、

電通社員の労働規範である「鬼十則」について、

社員手帳への掲載中止を検討しています。

 

oni20161118_1

 

oni20161118_3

 

私は、自らの媒体での発信だけではなく、

新聞、雑誌、テレビの取材に対しても、ずっと、

「鬼十則を廃止すべき」と言い続けてきました。

 

やっと、巨艦・電通が動いたことになりますが、

このスピードの遅さと、まだ「検討」と言っている

決断力の無さに関しては、非常に残念に思います。

 

ここで改めて、鬼十則とはどのようなものなのか、

ご紹介させていただきます。

 

1.仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。

 

2.仕事とは、先手先手と働き掛けて行くことで、

 受け身でやるものではない。

 

3.大きな仕事と取り組め、小さな仕事は己れを小さくする。

 

4.難しい仕事を狙え、

 そしてそれを成し遂げるところに進歩がある。

 

5.取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは

 

6.周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、

 永い間に天地のひらきができる。

 

7.計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、

 そして正しい努力と希望が生まれる。

 

8.自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、

 そして厚味すらがない。

 

9.頭は常に全回転、八方に気を配って、

 一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。

 

10.摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、

 でないと君は卑屈未練になる。

 

私自身は、この鬼十則を部分的に評価しています。

 

なぜなら、この「魂」があったからこそ、

電通の発展があった訳ですし、日本の高度経済成長も、

このような命を削った努力の上で成り立ってきたことは

疑いようの無い事実だからです。

 

そして、私が起業してから、

現在のような「自由」と「富」を手にできたのも、

鬼十則から学んだ哲学が寄与しているのは間違いありません。

 

しかしながら、経済が右肩下がりで

将来の不安ばかりが叫ばれる現代において、

過去の栄光のままに新入社員を洗脳しようとするのは

時代錯誤も甚だしいと言えます。

 

特に、ご遺族も問題視している、

5の「殺されても放すな」に関しては、

この言葉が1人歩きしたことによって、

今回の悲劇が起こってしまったと言っても

過言では無いでしょう。

 

鬼十則を残した第4代社長の吉田秀雄氏は、

「睡眠はしっかりとれ」と言っています。

 

しかし、その「行間」を伝えられるような上司が、

電通の中間層にはいなくなってしまった。

 

そのような中で、軍隊的な悪しき文化だけが残り、

鬼十則の表面的な言葉でエスカレートしていって、

長時間労働、パワハラ、セクハラにつながっているのです。

 

鬼十則は、経営者にとっては、

現在も重宝される部分があるでしょうが、

現代の労働者には、強制できるものでは無いでしょう。

 

国民の声の中には、

 

「電通は早く倒産しろ」

 

「経営陣を全員逮捕しろ」

 

このような声が多くなっています。

 

しかし私は、それが直接的な解決策になるとは思いません。

 

 最も強い者が生き残るのではなく、

 最も賢い者が生き延びるのでもない。

 唯一生き残るのは、変化できる者である。

 

電通は今こそ、この言葉を噛みしめて、

変化する恐怖を乗り越えなければいけない。

 

これまでの成功を捨てて、

ゼロから、新たな道を創造していくべきです。

 

そして、その姿が、日本社会をも変えていく。

 

そんな未来を願い、石井社長の言動に期待しています。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料


「ダイヤモンド」と「広告」の価値

2015年11月13日

※激戦の社長ランキングの中で、

 藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

ryo1113

 

私が構築するメディアからの広告収入が

月500~600万円に拡大してきました。

 

広告だけで月1000万円まで拡大し、

来年以降、その資産を別の事業へと

再投資していこうと考えています。

 

私が新卒で入社した

電通時代に頂いていた給料も、

各クライアントからの広告収入が

主な源泉です。

 

つまり、私は大学を卒業してから今まで、

ずっと広告に生かされて来たとも言えるのです。

 

この広告ですが、世界的に、

価値が急速に下がっています。

 

何故なら、「アテンションの大量生産」が

起こっているからです。

 

アテンションとは、広告業界の用語で、

最初の消費者との出会いで、

「注意を引く」ということです。

 

情報量が爆発的に増えている中、

このアテンションの値崩れが

起こってしまっているのです。

 

広告業界の現在の環境は、

過去のダイヤモンド業界と似ています。

 

ダイヤモンドの生産で鉱山開発が進み、

供給過剰に陥ったことで

デビアス社の収益が大幅に悪化したのと

構造的に同じだということです。

 

ダイヤモンドは希少性を維持することで

単価を高くしていたのですが、

複数の鉱山会社の参入によって

供給量が急拡大し、単価が急降下しました。

 

ところが、デビアス社が、

ロスチャイルド家の資金バックを得て

各鉱山会社を買収し、

供給量を制限したことで

希少性を回復したという過去があります。

 

ダイヤモンドは、鉱山という

物理的な限定性を持ったソースだったので

このような統制が可能でした。

 

しかし、広告に関しては、

情報や媒体が無限に拡大している最中ですから、

その統制は大変難しいと言えるでしょう。

 

広告をファンド化する試みもありますが、

その実現性も、それが示す未来も、未知数です。

 

そんな環境下にありますが、

広告は素晴らしいビジネスモデルであり、

そこから享受できるメリットは、莫大です。

 

媒体を拡大し、その価値を上げれば、

自然と収入も大きくなること、

受注した後のサービスの提供は

「掲載するだけ」で完結することなど、

個人に自由と富をもたらすビジネスであることは

間違いありません。

 

そして、広告単価が極端に下がっているのは

4マスメディア(新聞、雑誌、テレビ、ラジオ)

なのです。

 

拡大しているマーケットを選び、

インターネット上のメディアを拡大していけば、

必然的に広告収入が増えるということは、

私の実績によって証明されています。

 

また、60歳を超えて

パソコンやインターネットに不慣れだった方も、

メディアを作り込むことで広告収入が拡大し、

ご自分の商品と合わせ月収100万円を得ることも

できています。

 

まさに、万人にチャンスのあるビジネスなのです。

 

ただ、問題があります。

 

その広告の先にある

商品やサービスの価値を

どう見極めるかということです。

 

その観点で見ると、

電通は、広告業界の中で圧倒的な力を持つことで

クライアントの広告表現や商品内容にまで

口を出すようになりました。

 

ですから、私自身も、

マーケットをより良くするために、

媒体を大きくして発言権を得る必要が

あると考えています。

 

だからこそ、私は、

媒体を拡大する策を取り続けている、

ということです。

 

媒体を拡大せず、

少数の同志にだけ発信し続け、

広告は掲載しないという方もいます。

 

それはそれで、一つの美学だと思います。

 

ただし、媒体が小さいと、

出来ることも限られます。

 

自分だけの幸せではなく、

マーケット全体のことを考え、

望む未来があるのであれば、

媒体はどんどん大きくしていくべきだ

というのが、私の考えです。

 

 大きな仕事と取り組め、

 小さな仕事はおのれを小さくする。

 

まさに、電通イズムが

私を突き動かしているとも感じています。

 

私は、こうして鬼十則に鼓舞されながら、

これからも走り続けたいと思います。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料


個人電通になりましょう

2013年02月06日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

新婚旅行十四日目 029_1

 

電通は、メディアの人気枠を買い切り、
独占でクライアントに販売しています。

大手クライアントが出稿したい
広告枠は限られているので、

「電通でしか買えない」

という状況を作ることにより、
メディア業界の中で
君臨してきたのです。

売り場面積が限られている中で、
その独占販売面積を拡大し、
圧倒的な力を付けてきた
ということです。

しかし、インターネットの拡大で、
この成功法則は破綻しました。

無限に売り場面積が広がる世界で、
電通の「買い切り」という常套手段が
通用しなくなったのです。

広告のニーズは、
どんどんマイクロ化する。

この事実は、間違い無く、
どんどん進んでいます。

クライアントにとっては、
大量消費、大量販売という手法が
成立しなくなっていますね。

これは、個人のニーズが多様化し、
テレビによる洗脳が弱体化しているからです。

つまり、これからは、間違いなく、
個人が、個人を動かす時代なのです。

力を持った個人が、
「個人電通」として、
インフルエンサーとなり、
広告収入を得ていくということです。

それでは、具体的に、
どのようにすれば、
個人が電通のように輝き、
多額の報酬を得られるようになるのか。

私のノウハウをレポートに凝縮し、
1時間以上の動画で解説しているのが、
こちらです。

◆大手広告代理店の崩壊と個人アフィリエイトの繁栄

http://bit.ly/VBstXm

アフィリエイトに取り組んでも結果が出ない方、
稼ぎやすい副業を探している方、
自己表現の夢を持っている方、
電通のようなステータスを個人で獲得したい方・・・

多くの方が、共感して下さると思います。

ご覧になったら、
是非、ご感想を下さいね^^

藤沢涼


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料

 


元電通マン・フリーエージェントの先輩

2012年11月28日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

「さとなお」こと佐藤尚之氏をご存知でしょうか。

 

電通の先輩で、私より1年前に、
フリーエージェントになられた方です。

さとなお氏は、1995年8月に
個人サイト「www.さとなお.com」を立ち上げました。

当時まだ個人サイトはとても少なく、
ほぼ創世記に近い頃です。

当時から今まで、
ほぼ毎日更新しているサイトとしては
日本最古の個人サイトと言われています。

ページへのアクセスは、
5年目の2000年11月17日に100万人、
2003年5月30日には500万人、
2005年4月17日には1000万人、
2007年7月11日には2000万人を突破し、
今では1日のページビューが
3万に到達しています。

さとなお氏は、
広告業界の最先端のマーケティングを駆使し、
「SIPS」という用語を産み出しました。

この「SIPS」とは、
ソーシャルメディアの普及を前提にした
新しい消費行動プロセスの考え方です。

それまでは消費行動プロセスとして、
古くから言われている「AIDMA」や、
インターネット登場後の
「検索」と「情報共有」にスポットを当てた
「AISAS」などが提唱されてきました。

それがソーシャルメディア普及後は、

(Sympathize/共感する)→

(Identify/確認する)→

(Participate/参加する)→

(Share & Spread/共有・拡散する)

というプロセスに変わっていくと説き、
時代の変化を示しました。

私は、さとなお氏が電通にいた頃から、
社内の大ホールでの講演を何度か拝聴し、
勉強させて頂いていました。

突然の退社には驚きましたが、
さとなお氏が「個」として活躍する姿に、
大きな刺激を頂いたのは間違いありません。

そして、そんなさとなお氏が、
退社時に残したメッセージを見付け、
私が退社した時の気持ちに近く、
大変共感したので、ご紹介します。

——

ここ数年、
ソーシャルメディアを中心に
いろいろと活動を広げていくうちに、
リアルとバーチャル、
公と私の境目がどんどん
曖昧になってきました。

そして、ソーシャルメディア上で
より活動範囲を広げようとするとき、
どうしても組織人でいることの矛盾が
出てきてしまいました。

もっと自由に動きたいし、
いま動かなければ後悔する!

そんな想いが膨らみ続けました。

電通にいてできることも沢山ありますが
(かなり自由にさせてもらっていましたし)、
もう腰を据えて「個」に戻り、
一から活動を始めよう。

そう思ったのでした。

ただ、ボクは電通という会社を
かなり愛しているので、
相当悩んだのも確かです。

でも、こうして外から
電通と連携するカタチが整ったので、
決心することにしました。

——

私は「外から電通と連携するカタチ」を
整えず、先に飛び出しました。

そして、飛び出した先で結果を出し、
改めて、連携を模索しているのです。

さとなお氏をお手本に、
「元電通マン・フリーエージェント」として、
飛躍していきたいと考えております。

藤沢涼


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料

 


電通との協同キャンペーンを模索

2012年11月27日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 

電通を退社する時、
同僚の多くが、

「電通を辞めるなんて・・・」

と私を止めました。

しかし、最近の私の活躍を見て、

「今度ネットビジネスを教えて欲しい・・・」

「アフィリエイトってどうやれば良いの?」

とメッセージをくれます。

この情報業界は、新しく、
そして狭い世界です。

電通社員の多くは、
「虚構の世界」「怪しい業界」と
考えています。

事実、かつての私も
そうだったのです。

しかし、私の活躍をきっかけに、
電通の同僚達が、
この業界に注目し始めています。

最近は、Googleの検索エンジンにて、

「元電通マン」

「電通 フリーエージェント」

「電通 年収」

「電通 崩壊」

などで検索すると、
私のブログがトップページに
表示されるようになりました。

以前は、電通の社員として、
黒子に徹していたのですが、
退社したことで、
自己表現する側にまわることが出来たのです。

私は電通を辞めましたが、
電通は素晴らしい会社だと思っています。

コミュニケーション能力の高い
優秀な人材を抱えているし、
個々の才能の総和は
とてつもないパワーになります。

ですから、
私を育ててくれた電通への恩返しとして、
いつか、電通の同僚達と、
面白いキャンペーンを展開したいと
考えているのです。

そして実は、少しずつ動き出しています。

公表できる時を楽しみにしていて下さいね^^

藤沢涼

 


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料

 


【難しい仕事を狙え】 ~電通鬼十則に学ぶ~

2012年11月06日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

目の前のタスクを思い浮かべてみて下さい。

難易度の低いものから高いものまで、
様々なタスクがあると思います。

あなたは、その中の
どのタスクから処理をしますか?

恐らく、

「難易度の低いタスクを処理して、
それから難易度の高いタスクに取り組む」

とおっしゃると思います。

しかし、タスクはどんどん積み上がるもの。

難易度の低いタスクを処理している間に、
新たなタスクが舞い込み、
どんどん処理が追い付かなくなる・・・。

こうなってしまうものなのです。

つまり、難易度の低いタスクにばかり目をやると、
いつまでも、低いレベルのタスクしか
処理出来なくなります。

それでは、年中、雑務処理に追われますね。

電通鬼十則には、下記の教えがあります。
難しい仕事を狙え、
そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。
まず先に、「難しい仕事」を狙うのです。

それを成し遂げ、成長し、
更に難しい仕事を成し遂げて
どんどん成長する。

その先に、大きな成功があります。

目の前の「難しい仕事」から逃げないで下さい。

それは、自分を成長させてくれる
大きなチャンスなのです。

私は電通時代、
「絶対に無理だ」と言われていた
テレビ番組の企画を、
あらゆる障壁を乗り越えて実現しました。

深田恭子さんとの写真は、
その仕事を成し遂げた後の、
思い出の1枚です。

 

この難しい仕事の実現を評価され、
私はたくさんの仕事の依頼を
頂くことになりました。

皆様も是非、
「難しい仕事」に果敢に取り組んで、
大いに自分を成長させて下さいね。

藤沢涼


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料

 


長期の計画を持て

2012年10月30日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 

 

短期的な成功を望むと、
なかなかうまくいかず、
すぐに挫折してしまいます。

例えば、
アフィリエイト業界では、
月収1億円も夢ではありません。

実際に私も、たったの7週間で、
月収200万円を超えることが出来ました。

しかし、
アフィリエイトに取り組む方の平均月収は、
5000円未満と言われています。

これは何故なのか?

色々な見解があると思いますが、
私は、以下の通りに考えています。

アフィリエイトは参入障壁が低く、
誰でもすぐに挑戦出来る。

十分な知識やノウハウが無いまま、
見切り発車ではじめてみる。

全然稼げないので
色々と調べてみる。

意外とやることが多いことに気付き、
いつの間にか止めてしまう。

多くの方が、
このようにして諦めてしまうのです。

アフィリエイトは、
本当に素晴らしい仕事ですし、
これから更に拡大・洗練されていくでしょう。

ですから、正しい「地図」を持って、
人生を懸ける「航海」に出るつもりで、
取り組んで頂きたいと思います。

電通の鬼十則に、
下記の教えがあります。

計画を持て、
長期の計画を持っていれば、
忍耐と工夫と、
そして正しい努力と希望が生まれる。

「忍耐」

「工夫」

「努力」

「希望」

これらを手にするためには、
長期の計画が必要なのです。

短期的な成功を求めてはいけません。

しっかり先を見据えて、
一歩一歩、確実に歩んでいきましょう。

 

藤沢涼


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料

 


先手先手と働き掛ける

2012年10月26日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 

「仕事」に対して、
やることを「待つ」人は危険です。
先日書かせて頂いたことにも重なりますが、
「仕事」は創るものです。
「受け身」で与えられるべきではありません。
電通鬼十則では下記のように書かれています。
仕事とは、
先手先手と働き掛けていくことで、
受け身でやるものではない。
自ら、先手先手と働き掛け、
「仕事」を「生み出す」のです。
「上司に言われたことだけやれば良い」
というのは、
完全なる「負け組サラリーマン」の発想です。
自ら新しい仕事を創らなければ、
「フリーエージェント」になることは
出来ません。
「フリーエージェント」は、
誰にも指示をされないからです。
独立された「個」は、
働き掛け続けない限り、
取り残されていくだけなのです。
フリーエージェントを志す方は、
まず、この「負け組サラリーマン脳」を改革し、
新たな「フリーエージェント脳」を
インストールしましょう。
その為には、
成功しているフリーエージェントを
追い掛け続けることです。
私の場合は、
与沢翼会長です。
六本木オフィスで毎日、
一挙手一投足を注視し、
少しずつ、私の血肉にしています。
藤沢涼

 


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料

 


摩擦を怖れるな

2012年10月19日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 

 

普通の人間は、 「摩擦」を怖れます。

なるべく穏便に、 トラブルが起こらないように 目の前の仕事を片付けようとします。

しかし、「摩擦」を怖れることは、 成長の一歩を遠ざけることになるのです。

電通の鬼十則に、 下記の教えがあります。

摩擦を怖れるな、 摩擦は進歩の母、 積極の肥料だ、 でないと君は卑屈未練になる。

社内でも、社外でも、 果敢に「摩擦」を起こす人間が、 リーダーシップを取って 業務を一歩前に進めます。

「摩擦」こそが、 進歩の母であり、 積極の肥料になるのです。

もし、「摩擦」を怖れ、 何も行動しないなら・・・

ただの卑屈未練。

そこには何の進展もありません。

現在、FASの社内を見ても、 どんどん「摩擦」を起こしている人が、 評価され、昇格しています。

与沢会長は、 普遍的な成功法則を FASの中で体現されているのです。

さあ、今こそ「摩擦」を起こし、 熱を持った熱い人間になりましょう。

藤沢涼

 


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料

 


自信を持て~電通鬼十則に学ぶネット起業家の成功法則~

2012年10月16日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

最近の若手ネット起業家に共通するのは、
自信に満ち溢れているということです。

強い「自信」が他人を惹き付け、
賛同者を増やし、
そうして仲間が増えることで、
更に「自信」を付けて行く。

そういう好循環サイクルが生まれています。

この「自信」。

仕事を実践する上では、
非常に価値があり、
無くてはならないものです。

電通の鬼十則に、
下記の言葉があります。

自信を持て、
自信がないから君の仕事には、
迫力も粘りも、
そして厚味すらがない。

自信があるからこそ、
迫力がある。

例えば、

動画や文章において、
こちらに迫ってくるような力を感じる。

ちょっと「イタイ」と思われようが、
堂々と貫く粘りがある。

そして、中身がまだ未熟だとしても、
「自信」によって価値が何倍にも感じられる。

つまり、厚みが増す。

「自信」が、多くの人を扇動し、
周囲にも「自信」を与え、
大きな仲間を形成していくのです。

過去の革命は、
圧倒的な「自信」を持った個人が先頭に立ち、
多くの人が、その「自信」に吸引され、
鼓舞されて、成し遂げられたのです。

私達フリーエージェントは、
今こそ、「自信」を胸に、
羽ばたくべき時ではないでしょうか。

藤沢涼


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料