■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2024年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


大谷翔平モデルのグローブと、息子

2023年12月30日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

社長ブログランキングへ 

 

妻の実家がある熊谷に帰省して、

今年もあっという間に、

この年末が到来したと感じています。

 

そして、とても有難いことに、

妻のお義父さんから、

息子の11歳の誕生日お祝いとして、

アシックスの大谷翔平選手モデルの

グローブをいただきました。

 

 

サッカーから野球に

興味が移りつつある息子は、

このプレゼントに大喜びで、早速、

キャッチボールを楽しんでいます。

 

 

私もアシックスの外野用を買ったので、

投手用の息子のグローブとペアで、

ボールを投げ合う喜びを感じています。

 

 

グローブは最初、とても硬くて、

捕球が難しい状態です。

 

それが少しずつ、

自分の身体に馴染んでいきます。

 

手の大きさや、手の曲げ方に合わせ、

皮が、形を変えていくのです。

 

人間にも、相手の立場に合わせて、

自分を変化させていく人と、

自分は全く変わることなく、

その自分に合わせようとする人がいます。

 

時に、このスタンスの違いが、

人と人の衝突に繋がったりもします。

 

結婚や育児は、変化する環境に

自分を合わせていく必要があるので、

この特性を持っていなければ、

上手くいかないことが多いです。

 

周囲に合わせられなかった人が、

急に合わせられるようになる変化は、

時に、

 

「丸くなった」

 

と表現されますが、

自分の芯はしっかり保持したままで、

表面を柔軟に変化させられる状態が、

人としての成長だと思います。

 

表面を柔らかく変化させながら、

変わらない芯を定めていくのが、

人生だとも言えると思うのです。

 

現在の私は、起業した時とは

全くの別人のようだと、

自分でも感じます。

 

ところが、芯は変わりません。

 

企業に自由を奪われる人生から、

個人が自由に、豊かに生きていく人生へ!

 

子ども達にも、その選択肢を与え、

より充実した命にしてもらうためにも、

引き続き頑張っていきますね^^

 

 

 

 ※本日の藤沢涼の記事が

  少しでも有益だと感じて頂けたら、

  こちらのブログランキングに

  ご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、

特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

自慢の弟の新居&お誕生日お祝い

2023年12月11日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

社長ブログランキングへ 

 

テレビ局に勤めていて、

超人気番組のプロデューサーを担ってきた

私の弟の顔は、彼の立場を考えてずっと、

隠してきました。

 

でも、今日の気持ちを伝えるためには、

弟の顔を公開せざるを得ない!

 

ということで、

幼少期の私達兄弟の写真を公開します。

 

 

私が右で、弟が左。

 

私より遥にアイドル的な顔で、

可愛らしい、自慢の弟でした。

 

この私達は、母子家庭の寂しさ、

苦しさを、一緒に乗り越えてきた、

男兄弟です。

 

「父親の代わりに、兄である私が、

 弟のために強くならなければ!」

 

と、私は、父親不在の家庭の中で、

甘えん坊の弟を引っ張る強い兄を、

一生懸命に演じてきました。

 

当時、あまり甘えられなかったから、

私は今頃になって甘えん坊で、

妻にも、息子にも、娘にも、

甘えてしまうのかもしれません。

 

その後、弟は、身長で私を追い抜き、

バスケでも私を追い抜き、

日本人初のNBAプレイヤー田臥勇太選手と

世界大会に行くほどの活躍をします。

 

しかし、私が大学生の頃、

2番目の父と住んでいた埼玉で、

ヤンキー集団に目を付けられ、

半身不随一歩手前という痛ましい

暴力事件に巻き込まれました。

 

病院で管だらけになった弟を見て、

犯人達に、強烈な殺意を覚えました。

 

今もどこかで生きているのでしょうが、

その犯人だと分かったら、

すぐにナイフを向けそうな自分がいます。

 

そんな悲劇を乗り越え、

バスケでの大活躍の後、

テレビ局でも大活躍し、

先日、弟は満を持して、

都心に超豪邸を購入しました。

 

そんな弟の成功がとても嬉しいですし、

誇りに思います。

 

起業した私とは違う道ですが、

日本の会社員でここまで

自分のやりたいことをやり続け、

経済的に豊かな人は

数少ないでしょう。

 

ということで、弟の43歳の誕生日と、

新居のお祝いを兼ねて、家族で集合!

 

 

祝福のYOSHIKIワインを振る舞いました。

 

 

こうして、家族の誕生日に集まる時間が、

何より、幸せに感じます。

 

そして、広い戸建は、本当に気持ち良い!

 

私もいよいよ、新居を買おうかなー?

 

 

 

 

 ※本日の藤沢涼の記事が

  少しでも有益だと感じて頂けたら、

  こちらのブログランキングに

  ご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、

特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

イチローを観て、変わった息子

2023年12月10日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

社長ブログランキングへ 

 

 

サッカーチームに入って、

どんどん成長している息子に、

Jリーグの試合をたくさん

観せてきました。

 

プロのプレーを観て、サッカー熱が

どんどん高まっていく日々でしたが、

今朝、ドジャース移籍が決まった

大谷翔平選手の活躍などを見て、

少しずつ、野球にも興味を

持つようになっていました。

 

そこで先日、

イチロー選抜「KOBE CHIBEN」の

試合を見せてあげました。

 

 

東京ドーム・バックネットの

前から2番目という良い席で、

お友達と観戦した息子は、一気に、

野球が大好きになりました。

 

 

朝から晩までサッカーだったのに、

朝から晩まで野球という、

大胆な方向性の変更をしています。

 

50歳のイチローさんや、

43歳の松坂大輔さんが、

引退後も野球を思いっきり楽しみ、

一生懸命にプレーする様子を間近で観て、

野球というスポーツの奥深さを

知ったようです。

 

また、父親前後の世代の先輩達が、

少年のように笑顔で白球を投げ、

真剣に打ちに行く姿が、

とても眩しく感じたようです。

 

公園に行くと、

サッカー・野球・バスケの

3種類のスポーツを楽しむ息子ですが、

最近はどんどん、野球の比率が

高まっています。

 

そして、バッティングも、

ピッチングも、どちらも、

加速的に成長しています。

 

 

こうして、選択肢を与え続けることで、

子どもは自ら道を選択し、

成長していくのだと改めて感じます。

 

サッカーチームに加えて、

野球チームにも入りたいとのことなので、

チームの情報を色々と調べてあげて、

しっかりサポートしていきたいと思います。

 

世代を超えて、

周囲に影響を与え続ける、

イチローさんに感謝すると共に、

私も、子ども達に背中を見せ続けられる

大人であり続けたいと感じております。

 

 

 

 

 ※本日の藤沢涼の記事が

  少しでも有益だと感じて頂けたら、

  こちらのブログランキングに

  ご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、

特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

息子は、野球とサッカーの二刀流

2023年12月03日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

社長ブログランキングへ 

 

大谷翔平選手の大活躍の影響で、

ピッチャーとバッターの二刀流を目指す

野球少年達が急増しているそうです。

 

小学校に、大谷選手が寄贈した

グローブが届いたら、さらに、

野球に、そして二刀流に、

夢を持つ子が増えるでしょう。

 

一方で、少し変わっている私の息子は、

野球とサッカーの二刀流を目指しています。

 

「そんなの、無理だよ!」

 

という常識を覆して、

今の大谷翔平フィーバーがある訳ですから、

息子の非常識な夢を、私は応援しています。

 

さて、電話コンサルを重ねて感じるのは、

多くの方が、自分で自分を制限している、

ということです。

 

本当はもっと、凄い力があるのに、

 

「もう若くないから、、、」

 

「私は頭が良くないから、、、」

 

「文章を書く力なんて無いよ、、、」

 

などと、間違った信念を持ち、

本来の能力を引き出せずにいます。

 

人生を大きく変えるための処方箋は、

現在の自分への間違った「信念」を

変えるところから始まります。

 

このような、

自分の力を封じ込めてしまう

不要な信念を、

「リミティング・ビリーフ」と言います。

 

人生を変えるためには、

それまでの信念を、新たな信念に

入れ替える必要があります。

 

アインシュタインは、

こう言っています。

 

「今、あなたが

 このレベルに達してきた思考だけでは、

 次のレベルに上がることはできない。

 

 今、自分が対面している問題には、

 その問題に対面した時の自分のレベルでは

 乗り越えることはできない」

 

「信念」というのは、

「事実」ではなく、「思い込み」です。

 

人生を変えて成功するためには、

「私はできる」という正しい思い込みが

絶対的に必要なのです。

 

多くの方が、

 

「どうやったら成功しますか?」

 

と、成功を自分の外に求めます。

 

しかし、本当は、自分の内側にこそ、

成功への光が眠っています。

 

あなたも、あなたの中の

リミティング・ビリーフを見付け出し、

それを大きく入れ替えることで、

人生を大きく変えてください。

 

リミティングビリーフなど全く持たず、

バットと、グローブと、サッカーボールを、

リュックにぎゅっと詰め込んで、

寒空の公園に向かおうとする、私の息子。

 

 

この常識を破壊する若いエネルギーに、

大いなる刺激を受けている、師走です。

 

 

 

 ※本日の藤沢涼の記事が

  少しでも有益だと感じて頂けたら、

  こちらのブログランキングに

  ご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、

特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

電通では使い物にならなかった

2023年11月09日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

社長ブログランキングへ 

 

少し前の日本では、転職することや

退社すること自体を、ネガティブに

捉える文化が強く残っていました。

 

私が電通を辞めて起業した時も、

このように言われました。

 

「金に目が眩んだな・・・」

 

「どうせ失敗するだろう・・・」

 

そして、最近でも、

 

「電通では使い物に

 ならなかったんだろう・・・」

 

と言われることがあります。

 

「辞める」奴は、「悪」。

 

1つの会社で頑張ることが善、

独立して起業したり、

よその会社に移るのは悪。

 

1つの組織でうまくいかなかった

という場合だけでなく、

優秀な成績を残して

別組織に移るような場合でも、

あまり良い印象は持たれません。

 

メジャーリーグに挑戦する

プロ野球選手が、

 

「金の為に日本を捨てた」

 

と言われるケースも

あったくらいです。

 

大谷翔平が証明している通り、

ベースボールの本場で

自分の実力を試し、

日本球界の評価を高めて

外貨をたくさん稼ぐ訳ですから、

素晴らしいことなのに・・・。

 

これらの古い考え方から

少しずつ変わっているように感じますが、

完全に脱却しないといけません。

 

これは、高度経済成長時代の

終身雇用の幻想なのです。

 

1つの企業に死ぬまで貢献することが

「正義」だという考え方は、

時代と完全にミスマッチです。

 

同じ場所で頑張り続けることが

尊いと思われ、周囲から逸脱した人、

過去に失敗した人は、

落伍者のレッテルを貼られる文化。

 

これを変えないと、

日本は再成長しません。

 

逸脱や失敗こそが

人間を大きく成長させるということを

認識すべきです。

 

アメリカにおいて、

ベンチャーキャピタルが

出資をする際、

 

「過去に失敗したことがあるか?」

 

をチェックしています。

 

どれだけ才能があっても、

過去に大きな失敗が無い人は

投資対象になりません。

 

大きな失敗を経験した人こそ、

次は高確率でビジネスを

成功させる人間なのだと

有望視されるのです。

 

日本とは、真逆の考え方です。

 

これからの時代は、

 

「一所懸命で視野の狭いビビり屋」

 

よりも、

 

「逸脱し、失敗し、

 その度に成長するチャレンジャー」

 

時代の変化を読み取り、

自らの意志で動ける人材に

なりたいですね。

 

浅草のお土産に喜ぶ子ども達にも、

どんどん逸脱して、失敗して、

その先に、成長して欲しいです^^

 

 

 

 

 ※本日の藤沢涼の記事が

  少しでも有益だと感じて頂けたら、

  こちらのブログランキングに

  ご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、

特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

子ども達「バスケが一番面白い!」

2023年10月26日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

社長ブログランキングへ 

 

 

約4年前に、田臥勇太選手が所属する

「栃木(現・宇都宮)ブレックス」と、

「アルバルク東京」の試合を、

息子と一緒に観戦しました。

 

試合はずっとアルバルク優勢で、

惨敗を覚悟していたのに、

最後の最後にブレックスが大逆転し、

そのドラマティックな展開に大興奮。

 

さらに、日本人初のNBA選手である

田臥選手からサインをもらい、

きっと息子は、この体験を通して、

バスケの道に進んでくれると

期待していました。

 

ところが、息子が選んだのは、

サッカーでした。

 

W杯でのサムライブルーの勝利に、

バスケ以上の興奮を覚えた息子は、

悲願のW杯優勝のメンバーに

なりたいと頑張っています。

 

そんな息子に、改めて、

バスケの魅力を知ってもらおうと、

代々木体育館へ。

 

 

「アルバルク東京」と、

「秋田ノーザンハピネッツ」の一戦。

 

 

体調が優れなかった妻は

自宅に待機してもらって、

ホームのアルバルクの応援のために、

息子と娘と3人で向かいました。

 

 

会場の装飾も、照明も、

音楽も、チアリーダーも、

もちろん、選手達も、

全てがレベルアップした試合でした。

 


 

終了後、

 

「野球と、サッカーと、バスケ、

 どの観戦が楽しかった?」

 

と聞くと、子ども達は2人とも、

 

「バスケが一番面白い!」

 

とのこと。

 

私自身も、そう感じました。

 

バスケ部だったからこそ、

より深く味わえるということもありますが、

 

・野球やサッカーより会場が小さいので、

 選手の活躍をダイナミックに感じる

 

・選手達のチームワークも、

 より強く感じられる

 

・天気に左右されない観戦環境

 

など、バスケが優位な部分を

たくさん感じました。

 

これから、日本でもバスケが一段と

人気スポーツになっていくと思います。

 

息子がどのスポーツを頑張るかは、

最終的には本人に任せますが、

引き続き、色んな刺激を与えて、

人生の選択のサポートをしていきたいです^^

 

 

 

 ※本日の藤沢涼の記事が

  少しでも有益だと感じて頂けたら、

  こちらのブログランキングに

  ご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、

特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

息子のサッカースクールと、私の後悔

2023年09月06日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

社長ブログランキングへ 

 

息子が本気でやりたいスポーツは、

「サッカー」「野球」「バスケ」の

3択に絞られてきました。

 

私自身は、漫画スラムダンクの影響で、

中学校からバスケ部に入り、

最も好きなアスリートが、

マイケル・ジョーダンです。

 

ですから、個人的には、

 

「バスケをやってくれたら、

 嬉しいなあ!」

 

と感じています。

 

また、先日のW杯を機に、

これからきっと、日本でも、

バスケ人気が急拡大していくと

考えています。

 

ただ、選ぶのは、息子自身。

 

まずは、息子の希望で、

サッカーに本格参入しようと、

ジュニアスクールに入ることになりました。

 

 

そして、初日の今日。

 

人工芝ではありますが、

夕方からはライトアップもされる

しっかり整備されたグラウンドで、

数年前からプレーしている先輩に混じり、

早速、ゴールを2本決める息子を見て、

とても嬉しく思いました。

 

 

その一方で、

 

「自分も、スポーツをもっと

 本気でやれば良かった」

 

という、後悔の念に駆られました。

 

私の弟は、バスケで田臥選手と一緒に、

世界大会に行っています。

 

その弟に影響を与えた、中学校時代の私は、

現在の富永選手レベルの成功率で、

3ポイントシュートを入れていました。

 

ところが、バスケで人生を切り拓く道と、

勉強を頑張って良い会社に入る道の岐路で、

私は、勉強を選びました。

 

その後の私は、定期的に記事に書く通り、

良い大学・良い会社の時代は終わったと

悟っていますから、改めて、

 

「あの時、スポーツの道を選んでいれば、

 もっとエキサイティングな人生を

 歩めていたのでは・・・」

 

と感じたのです。

 

ただ、時を戻すことはできません。

 

今こうして、いつでも息子の応援ができる

自由な人生を勝ち取れたことに感謝して、

思いっ切り、息子の成長を

応援していこうと思います。

 

 

つばさ、頑張れよー!

 

あきらめたら、

そこで試合終了だぞー^^

 

 

 

 ※本日の藤沢涼の記事が

  少しでも有益だと感じて頂けたら、

  こちらのブログランキングに

  ご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、

特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

慶応と妻へ、おめでとう!ランチ

2023年08月23日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

社長ブログランキングへ 

 

 

本日のランチは、妻の誕生日お祝いで、

私の両親や、弟家族と集いました。

 

 

家族全員の誕生日を大切にする私達は、

誕生日当日か、その前後に必ず集まって、

お互いをお祝いしています。

 

 

命が誕生した記念日を、

こうしてお祝いする気持ちは、

子ども達にもしっかりと、

継承していきたいです。

 

 

そんなランチ中ではありましたが、

14時からは、甲子園の決勝が始まり、

妻をお祝いしつつも、

野球の熱い観戦がスタート。

 

私の父、私の叔父、私は慶応出身で、

107年ぶりの慶応の2回目の優勝を

応援しました。

 

一方で、私の弟は早稲田なので、

微妙な心境のようでしたが、弟自身も、

バスケで全国大会に行く程に

熱くスポーツをしてきましたし、

弟の息子も、野球を頑張っているので、

全員で、この甲子園を見守っていました。

 

慶応の1番・丸田湊斗選手が、

夏の甲子園史上初という

先頭打者本塁打を打つという幕開けに

心が躍り、そのまま、

慶応が優勢の状況で試合が進みました。

 

これまでの試合でもそうでしたが、

慶応の異常な程の応援に、

球場全体が巻き込まれていきます。

 

 

結果、そのまま慶応が勝ち進め、

「8:2」で優勝!

 

私は、慶応を卒業し、

電通勤務というキャリアですが、

ずっと、

 

「良い大学・良い会社の時代は終わった」

 

と言ってきました。

 

学歴や会社名だけを目指すような

旧来型の生き方の価値は、

時代の変化の中で、大きく毀損したと

感じていたからです。

 

その道を進んだ私の素直な感情を、

そのまま発信し続けてきました。

 

ところが、今日の慶応の優勝を見て、

新たな感覚を覚えました。

 

本来は、勉学ばかりに励んで、

スポーツが苦手なイメージの慶応が、

 

「エンジョイベースボール」

 

というスローガンを掲げ、

こうして、甲子園のトップに立ったこと。

 

坊主にすることなく、

長い髪を遊ばせる選手達が、堂々と、

優勝旗を受け取っていること。

 

その姿に、常識の大きな変化、

多様性の時代の到来を、

強く感じました。

 

様々な世界で、常識は破壊され、

新たな価値観が生まれていく

時代になっていますね。

 

その変化を楽しみながら、

新たな時代を親子で、

謳歌していきたいと思います。

 

慶応、おめでとう!

 

そして妻も、おめでとう!

 


 

 ※本日の藤沢涼の記事が

  少しでも有益だと感じて頂けたら、

  こちらのブログランキングに

  ご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、

特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

僕は、腹が出たら野球を辞める

2023年08月18日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

社長ブログランキングへ 

 

人は習慣の生き物ですから、

その習慣をマネジメントすることを、

子ども達に教えたいと思っています。

 

人は習慣に左右されるからこそ、

「習慣力」を身に付けることが、

人生を変えるための条件となるからです。

 

たとえば、モデルやタレントなど

人に見られる仕事をする人は、

自分の顔や身体を美しいままに

維持しなければいけません。

 

そのためには、

「私はこうありたい」という

正しい自己イメージがあり、

そのために、正しい習慣を

継続することが大切です。

 

少しでも太ったら、

 

「絶対にダイエットを成功させる」

 

という強烈な信念が無いと、

仕事が無くなってしまうのです。

 

さて、イチロー選手は以前、

 

「僕は、腹が出たら野球を辞める」

 

と話していました。

 

野球は、お腹が出ていてもできる

数少ないスポーツの1つです。

 

少し、ふっくらしていても、

大活躍している選手も少なくありません。

 

それでも、このように意識していたことが、

イチロー選手が正しい自己イメージを

明確に持っていたことの証拠ですよね。

 

また、私が毎日記事を書き続けられるのは、

 

「毎日待ってくださる方に、

 少しでも良い記事を届けたい!」

 

という思いで、

習慣化に成功したからです。

 

習慣化のゴールは、

 

「それをしないと気持ち悪い」

 

という状態になった時だと考えています。

 

毎朝毎晩の歯磨きのように、

生活の中に「当たり前のこと」として

取り入れられるようになると、

やらないことが有り得なくなります。

 

そうして、毎日の情報発信が習慣化すると、

私だけでなく、読んでくださる方の人生を

少しでも変えていきたいという

「信条」を持つようになりました。

 

つまり、「習慣」は、「信条」に

繋がっていると感じているのです。

 

ですから、あなたも、

何らかの習慣化を成功させ、

その延長線上に「信条」を描けるよう、

常に、正しい自己イメージを持ってくださいね。

 

そんなことを教えながら、

息子と楽しむキャッチボール!

 

 

一緒に公園に来ていた娘も、

ホッピングを練習していましたが、

あまりの灼熱の中で

熱中症にならないように切り上げ、

ファミマで打ち上げしました^^

 


 

 ※本日の藤沢涼の記事が

  少しでも有益だと感じて頂けたら、

  こちらのブログランキングに

  ご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、

特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

「初心」の忘却が、失墜を招く

2023年04月02日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

社長ブログランキングへ 

 

 

どんな世界でも、結果を出す方は、

「初心」を忘れません。

 

WBCでも、大谷翔平選手が、

高校生の頃に描いた目標達成シート、

マンダラチャートが注目され、

 

「優勝してMVPになる」

 

という目標をその通りに

達成したことが話題となりました。

 

イチロー選手の小学校時代の

卒業文集にも、明確な目標を書き、

それ以上の結果を手にしています。

 

野球をやることの楽しさ、喜びという、

初心の先に描いた夢を、叶えているのです。

 

サッカー選手でも、

ボールを蹴る喜びや、

ゴールを決めた時の爽快感、

そして、もっと上手くなりたい

という願望などを持ち続ける選手が、

W杯で活躍していました。

 

「カズ」こと三浦知良選手が、

今でもサッカーをやり続けているのも、

このような「初心」を持ち続けている

からこそでしょう。

 

これまでにたくさんの収入を

手にされているはずですが、

欲求が「お金」に向いているようには

全く思えません。

 

「お金なんて要らないから、

 サッカーをやらせて欲しい」

 

そんな気持ちで

初心を貫き通しているから、

ずっと現役でいられるのだと思います。

 

仕事の成果が大きくなり、

収入が増えてくると、

「初心」を忘れてしまう方は多いです。

 

お金や、異性や、名誉に振り回され、

仕事への情熱を失ってしまうのです。

 

だからこそ、私は常に、

初心を忘れないようにしています。

 

「大企業から個人の時代へ」

 

時代の流れの中で、

その革命の旗を持つ人間でありたいと

願い続けています。

 

これからも私は、初心を忘れず、

自分の仕事に誇りを持って、

取り組んでいきます。

 

初心を忘れてしまった途端に、

周囲の方からも信用を失うと

心得ておきたいですね。

 

追伸;

 

最近は野球やサッカーに夢中だった息子は、

東急ストアと日清食品のコラボ

「胃袋行きの電車」カップラーメンで、

電車好きの初心を取り戻しています!

 

 

ずっと車掌さんを夢見ていた息子は、

どんな道に向かい、その道で、

どんな初心を胸に刻むのか、

とても楽しみです^^

 

 

 ※本日の藤沢涼の記事が

  少しでも有益だと感じて頂けたら、

  こちらのブログランキングに

  ご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、

特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!