■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


日本の新CEO「世界最高齢」「女性ゼロ」

2017年05月17日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

世界の上場企業2500社を対象としたPwCの調査で、

CEO承継」に関して、日本の問題が改めて

浮き彫りになりました。

 

まず、新任CEOの平均年齢が世界平均53歳に対し、

日本は61歳と、世界最高齢です。

 

また、世界のCEO87%が、

本社所在国と同じ国籍という中で、日本は100%

つまり、海外から全く、CEOを受け入れていません。

 

さらに、世界の女性CEOの起用は

2014年の5.2%から減り、2016年は3.6%ですが、

日本は、なんとゼロです。

 

日本の「平均寿命の高さ」や「少子高齢化」などを

多少割り引いて考えたとしても、

 

・年功序列

 

・ドメスティック

 

・男尊女卑

 

な経営が、明らかになったと感じます。

 

60歳や65歳が「定年」とされる現代社会で、

CEOの平均年齢が61歳ということに、

違和感が拭い去れないのは私だけではないでしょう。

 

視聴率の下落が止まらないフジテレビが、

比較的若かった60歳の亀山千広氏の後に、

73歳の宮内正喜氏を新社長にするのも、

日本の社長人事の象徴的な出来事です。

 

他企業での業務経験も少なく、

「生え抜き内向きシニア」が就く上がりポスト、

というのが、日本の多くのCEOの実態だと感じます。

 

メディアの未来を創っていくためには、

10代、20代の心理や思考も理解した経営が必要ですが、

70歳以上の方に、それができるのでしょうか、、、

 

このままでは、サイバーエージェントの

藤田社長(44歳)率いる「AbemaTV」に、

「マスメディア」を奪われてしまう日も

近いかもしれません。

 

もちろん、「AbemaTV」にも問題はあり、

先日の「亀田興毅に買ったら1000万円」企画で

サーバーダウンしてしまったように、

インフラを整えるコストが積み重なっていますが、

これを乗り越えることができたなら、

その可能性は果てしなく広がっていきます。

 

社内政治に勝った人ではなく、

現在の会社を根本的に変えてしまうような挑戦を、

果敢にできる人こそが、CEOとなって欲しいですね。

日本社会、そして、日本経済のためにも、

真っ先に変えなければいけないことが、

ここにあると思います。

 

追伸;

 

娘が、初めてのソフトクリームを味わう隣で、

私は「黒ビール」の美味しさを(今更?)覚えております^^

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料


「ヤマハ」著作権めぐり「JASRAC」を提訴へ

2017年05月16日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 


日本音楽著作権協会(JASRAC)が、

音楽教室からも著作権料を徴収することに対し、

ヤマハが訴訟を起こす方針を固めました。

 

JASRACは、教室を運営する各社に対して、

年間受講料収入の「2.5%」を、

来年1月から使用料として徴収する予定です。

 

これに対し、ヤマハは、使用料率など

金額の多寡を問題とするのではなく、そもそも、

著作権が及ばないと訴えるのです。

 

著作権法では、公衆に直接「聞かせる」目的に対し、

「演奏権」を、作詞家・作曲家が持つと定めます。

 

 

この点に関して、ヤマハは、

 

「教室での演奏は技芸の伝達が目的で、

 聞かせるためではない」

 

と主張する一方で、JASRACは、

 

「人気曲で魅力を味わう以上、

 聞かせることを目的としている」

 

と反論しています。

 

JASRACは、教室への課金だけで

年間10-20億円の徴収額があると推計し、

新たな収入として見込んでいるのです。

 

注意点としては、

小中学校などの「非営利」の教育機関では、

著作権法が及びません。

 

あくまでも、「営利」であるヤマハなど

民間の教室から、著作権料を取っていくのです。

 

現行の法律では、JARACが有利でしょう。

 

しかし、民意としては、

ヤマハを支持している方が多いようです。

 

私も、とても難しい問題だと感じながら、

気持ち的には、ヤマハ側にいます。

 

私は現在、Ryos Partyメンバーの

ピアニストの方が開校するオンライン教室を

プロデュースしている最中で、

JASRACの課金が個人の音楽教室にも及んだら

価格を多少上げざるを得ず、結局、

生徒さんにもしわ寄せがいくことが一因です。

 

現状では、JASRACが狙っているのは

大手の教室だけのようですが、

これを切り口として拡大していく可能性は高いですから、

ヤマハの「音楽教育を守る会」を支持したいと思います。

 

 

CDが売れなくなり、

JASRACが焦る気持ちもわかりますが、

音楽を愛する人を増やし、

音楽業界全体の底上げをするためにも、

入り口となる「音楽教室」への課金は

するべきではない、というのが私の見解です。

 

しかしながら、

海外ではすでに課金されている国もあるようで、

まだまだ私の考察が不足している部分も

あるかもしれません。

 

訴訟の行方を見守りながら、引き続き、

社会を、そして音楽業界を、

より良くする道を考えていきたいと思います。

 

あなたのご見解もお聞かせくださいね!

 

追伸1

 

この件に関して、最も見解を聞きたいYOSHIKIは、

本日、LAで命を懸けた頚椎の手術を予定しています。

 

今回の手術が無事に成功することを、心から願っています。

 

追伸2

 

本日の写真は、私がグランドピアノや

YOSHIKIのクリスタル・ピアノを弾く写真、

ドラムの前で撮影した写真、そして、

我が家のYAMAHAの電子ピアノと、

ピアノをバックにソファーで遊ぶ、娘の写真です^^

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料


日本経済の「嘘」と「真実」~三橋貴明氏講演~

2017年05月15日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ


 

日本経済をデータで分析し続け、社会の中にある

「嘘」と「真実」を、書籍等で発信し続けている

三橋貴明さんの講演を拝聴しました。

 

 

「国の借金が、国民1人あたり800万円」

 

「日本の借金は、1000兆円を超えた」

 

などと、日経新聞などがデタラメを書き続けますが、

三橋さんは一貫して、この「マスコミの罪」に対し、

「真実」を伝え続けてきました。

 

お金を借りているのは日本政府であり、

そのお金を貸しているのが、銀行等にお金を預けている

私達国民なのですから、真実は、完全に真逆です。

 

「私達は、日本政府に1人あたり800万円貸している」

 

ということなのです。

 

「財務省」や「マスコミ」の罠のせいで、

私達がお金を借りている「債務者」だと

誤解してしまっている方が多いのですが、本当は、

日本政府にお金を貸している「債権者」であり、

まるで反対なのですね。

 

数日前にも、

日経新聞がまた同様の嘘を書いていることに、

多くの日本人は気付いていません。

 

また、

 

「日本は破綻する!」

 

ということも良く言われますが、

日本が破綻するためには、

 

「国債の金利が急上昇すること」

 

「政府の借金が自国通貨建てではないこと」

 

が必要であり、

金利は上昇するどころか下落の一途ですし、

海外に借りている国債は全体の5%程度ですから、

破綻など有り得ないのが、現時点の日本の状況なのです。

 

三橋氏のご見解によると、

諸悪の根源は、橋本龍太郎政権。

 

1997年にバブル崩壊の後、緊縮財政をしたせいで、

極度のデフレになり、実質賃金指数も下がり続けています。

 

本来は、適度なインフレを保つ政策が必要でしたが、

全く反対に、増税などをし続けたために、

どんどん、抜け出せないデフレになっているのです。

 

日本は、海外に貸しているお金が930兆円、

借りているお金が610兆円で、実質、

320兆円の資産があり、これは、「世界1位」です。

 

つまり、世界最大の「お金持ち国家」なのに、

破綻だ、破綻だと叫ばれているという、

異常事態になっているということですね。

 

さて、黒田日銀総裁がお金をバラまき始め、

マネタリーベースは増え続け、

日本円は300兆円も刷られ続けました。

 

しかし、2016年はインフレ率-0.2%で、

2%のインフレターゲットは全く実現できていません。

 

日本の問題は、発行されたお金が、社会に流れず、

企業や個人も、お金を使わないことです。

 

お金の量が増えたとしても、

企業がどれだけ利益を出したとしても、

それが社会や個人に還元せず、国や企業に留保されれば、

経済成長は有り得ません。

 

これから、生産年齢人口がどんどん減り、

「超人手不足」社会に向かう日本において、

国や企業が生産性を高める投資をし続け、

貴重な人材に富を還元し続けることが、

極めて重要だということですね。

 

三橋氏のご見解は明快で分かりやすいので、

これからも学ばせていただきたいと思います。

 

追伸;

 

「私」から「母」へ、「息子」から「妻」へ、

「母の日」のカーネーションをプレゼントしました!

 

 

日頃から感謝の気持ちを伝えているつもりではいますが、

こうして、イベントにも乗らせていただいて、改めて、

息子と一緒にそれぞれの母に感謝することができて、

とても幸せです^^

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料


「フィンテック」等新事業育成へ、規制凍結

2017年05月12日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

日本政府が発表する施策として、久しぶりに、

とても前向きなニュースがありました。

 

「規制改革」のスピードを上げるために、

金融とITを融合した「フィンテック」や、

共有型経済である「シェアリングエコノミー」など、

急拡大する先進的な市場に対して、

関連法則を一時凍結し、規制に風穴を開け、

企業の新事業育成を促していくのです。

 

凍結が想定される規制は、

 

・金融業務にベンチャー企業が参入しにくい「銀行法」

 

・個人の旅行プランに対価を得られない「旅行業法」

 

・電柱にカメラやセンサーを設置できない「電波法」

 

などです。

 

これらにビジネスチャンスを感じながらも、

日本の規制で参入できなかった個人や企業に、

素晴らしいチャンスが舞い込みます。

 

「日本版レギュラトリー・サンドボックス」

 

という名称で、未来投資会議で提言され、

政府が6月にまとめる成長戦略の柱に据える

とのことです。

 

今秋から制度設計を始めて、

早ければ来年度中にも

トライアル期間の開始を見込むということなので、

これは期待したいですね。

 

また、このトライアル期間が終了した後も、

実証が成功して、課題が整理できれば、

「規制自体を無くす」ことも有り得るとのことです。

 

私は、中途半端な「支援」よりも、

「規制緩和」の方が圧倒的に革命につながると

感じていますから、この動きに着目し、私自身も、

ビジネスチャンスを探したいと考えています。

 

さて、「サンドボックス」とは、

安全が約束された「砂場」で子供が遊ぶように、

何かに守られた特別な環境の中で、

新規事業にチャレンジしていくことを指します。

 

元々は、インターネット上で

セキュリティーチェックのために、

ソフトウェアの動作などを制限する環境を指し、

それが広義に解釈されるようになりました。

 

私自身、子供たちを砂場で遊ばせたり、

その他の公園の守られた環境の中で遊ばせる中、

「遊び」が「創意工夫」につながることを

日々、感じています。

 

 

そして本来、ビジネスもそうであるはずで、

誰かに与えられた義務をこなすのではなく、

自分の才能を最大限に発揮する遊びの延長に、

新しいイノベーションがあり、それが、

誰かの幸せにつながっていくはずです。

 

ですから、私はこれからも、

子供たちを安全な場所で遊ばせながら、

私自身も、日本政府の新たなチャレンジの中で遊び、

社会を変革できる何らかの新しいものを

生み出していきたいと願っています。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料


フランス39歳新大統領と、日本の「恥」

2017年05月08日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

下馬評通りではありましたが、フランスに、

「史上最年少39歳の大統領」が誕生しました。

 

私より1歳年上の方が、1つの国をリードしていく、

という事実に、大いなる刺激をいただいています。

 

EUが抱える問題は、決して小さくはありません。

 

マーケットは好意的に反応していますが、

決して欧州危機が終わった訳ではなく、

これが、本当の危機の始まりかもしれないのです。

 

これから、マクロン氏が、財政の問題、移民の問題、

そして、アメリカとの交渉をどう軌道修正するか、

その手腕が問われますね。

 

さて、一方で日本のニュースを確認すると、

 

「みずほ銀行に34歳の最年少支店長が誕生した」

 

との報道がありました。

 

その文脈では、

 

「年配の経営者が、自分の子ども、

 下手をしたら孫に近い年齢の支店長に対して、

 事業承継のようなデリケートな相談をするのか」

 

というメガバンクの社員の声が取り上げられていて、

同じ日本人として、恥ずかしく感じています。

 

Facebookの創業者マーク・ザッカーバーグは、

まだ32歳ですが、7兆円を超える個人資産を持ち、

みずほ銀行を丸ごと買収することが可能です。

 

「年上が偉い」「若い人間はバカにされる」

 

このような風土のままでは、この国は終わるでしょう。

 

若い世代が経済や政治を担うようにならないと、

未来を創っていくことはできないのです。

 

ちょっと若い支店長を登用しただけで、

「年功序列破壊」などと言っているようでは、

日本に明るい未来はやってきません。

 

もちろん、「お年寄りを尊敬すべきだ」という

日本の教育すべてを否定するつもりはありません。

 

5/5に、川に流された10歳の男の子の命を救った

75歳の医師のあり方などは、日本が誇るべき、

大先輩の姿だと思います。

 

ただ、能力が負けていることを自認しながら、

偉そうにしている「老害」のような方も、

残念ながら、多く存在します。

 

それは、私が大企業に所属した時期に

嫌という程経験していますし、私は絶対に、

そうならないようにしたいと決意しています。

 

実際に、私は子供たちに、

プログラミングや金融の教育を

早いうちからしていきたいと思うので、

自分の「能力」や「資産」を、子供たちに抜き去られる日も

きっと遠くは無いと思うのです。

 

資産だけではなく、

能力も複利のように拡大していくならば、

若さほど、尊いものは無いと言えるのではないでしょうか。

 

ですから、私はいつまでも、

年下の方からも素直に学び続けたいし、

私から学んでくださる年上の方には、

心から敬意を持ち、私もそうありたいと願っています。

 

追伸;

 

フランスのことを考えながら、

お隣のイタリア料理に感動していました。w

 

 

新婚旅行以来10年ぶりに、

家族でヨーロッパに行きたいと考えております^^

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料


教育無償化の財源に「相続税増税」案

2017年05月04日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

日本維新の会の橋下徹氏が、憲法改正の柱とする

「教育無償化」の財源として、「相続税増税」を

検討しています。

 

年間で総計3兆円が必要となる大学や大学院などの

高等教育の授業料「無償化」に向けて、

徹底した行財政改革で捻出した税金の無駄を充てた上で、

不足分を、相続税の引き上げで補うというものです。

 

また、この増税によって、中小企業の後継者が

廃業に追い込まれてしまうのを防ぐために、

株式を継承する際に納める相続税を軽減する

「事業承継税制」の適用範囲も拡充します。

 

その一方で、幼児教育の無償化に関しては、

地方自治体が財源を確保するべきだと

考えているようです。

 

小泉進次郎氏が主張する「こども保険」は、

社会保険料の値上げでそれを賄おうとしているので、

橋下氏とは、「財源」と「無償化する対象」が全く違います。

 

ただ、いずれにしても、

日本の未来を担う子供達への教育に関して、こうして、

真剣に議論されていくのは素晴らしいことだと思います。

 

小泉氏をはじめ、自民党の23世議員は、

経済的存立基盤が揺るがされるので、

相続税には触れてきませんでした。

 

そこに、橋下氏が斬り込んでいくというのも、

さすがだと感じます。

 

日本電産の永守会長のように、

国に任せずに自分で日本の未来を創っていくと、

私財を自ら大学に寄付するという尊敬すべき生き様も、

相続税増税が固まれば、増えていくでしょうね。

 

日本は、資産を溜め込んだ高齢者が多いので、

その資産を社会に還流させていく仕組みを作れば、

より良い国家になっていきます。

 

少子高齢化への不安も叫ばれますが、

この課題をどの国よりも先に解決して、

世界にその叡智を継承していくべきですね。

 

さて、日本よりも、

高齢化の問題が深刻なのが、韓国です。

 

高齢者の6割が年金ゼロという状況で、

高齢者の自殺率がOECD加盟国でトップです。

朴槿恵前大統領は、

65歳以上全員への年金支給を掲げましたが、

税収不足を理由に、その公約が果たされませんでした。

 

大統領選5/9には、この点の政策が見極められますが、

明確な方針を打ち出せる候補者は出るのでしょうか。。

 

日本も含めた世界的な課題として、

この問題の行方を見守っていきたいですね。

 

追伸;

 

子供達を、どこで、どう教育していくか、

人生において大きな課題を真剣に考えつつ、

「長寿化」が幸せだと感じられるよう、

私自身が高齢になるまでにしっかり資産を形成したいと

改めて、強く感じています。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

無料お薦め

有料


心の「脱藩」は、日本の素晴らしい伝統

2017年05月03日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

私は、組織から離れて自由に生きていくことを、

明治維新の志士の行動になぞらえて、

「脱藩」と表現しています。

 

そして、私自身が、電通から脱藩し、

個人で様々なビジネスをする中で、

とても幸せな人生を歩むことができているので、

日本にこのような動きを拡げたいと考えているのです。

 

特に、昨年は「過労自殺」という悲劇があったので、

これは自分の使命として、取り組みたいと思っています。

 

現在の日本は、「肩書き」や「立場」を

重んじ過ぎてしまっていると感じます。

 

「どの会社の人か」

 

「役職は何か」

 

それを意識せずに、相手の話を聞くことは

ほとんど無いのではないでしょうか。

 

同じことを言っていても、

肩書きや立場が無い人が言うと軽視され、

それらがある人が言うと、高く評価されます。

 

しかしながら、日本には本来、

本質をしっかり見る伝統があります。

 

たとえば、「万葉集」には、

天皇、貴族、防人、無名の者、

様々な人の歌が集められています。

 

その中では、

 

「誰が詠んだか」

 

ということは決して重要ではなく、

 

「どんな歌なのか」

 

という、歌の本質が見られていたのです。

 

これは、とても美しい世界観だと思います。

 

そして、このように、

精神的にそれぞれが独立していることを

「心の脱藩」と表現すれば、日本人は、

本来は心の脱藩ができている国民だったのです。

 

ですから、私はまず、日本にもう一度、

「心の脱藩」を拡げていきたいと思います。

 

そのためには、

現在所属している会社がすべてだと思わず、

精神的に自由になることです。

 

それは決して、所属する会社にとって

ネガティブに働くだけではありません。

 

これからの時代は、

視野を広く会社の外を見る人こそが、

会社の中でもイノベーションを起こすからです。

 

心の脱藩が取り戻されれば、

日本は必ず、もっと素敵な国になります。

 

そして、その先に、

私のように、身も心も脱藩するかどうか、

個々人が判断して欲しいと考えています。

 

追伸;

 

息子に買ったキックボードが楽し過ぎます!

 

 

しばらくは、これで家族全員、遊べそうです^^

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

無料お薦め

有料


「全部使ってあの世に」永守会長の生き様

2017年04月21日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

日本が誇る経営者の1人である日本電産の永守会長が、

億単位の私財を次々と、京都の大学に寄付しています。

 

「税金はどう使われるか分からんが、

 寄付なら使い道がはっきりする。

 全部使ってあの世に行くということや。

 教育が一番良い。」

 

京都で生まれ、京都で創業し、

世界的な企業を創り上げた大経営者が、

生き抜いた京都にて、教育改革に挑むのです。

 

府立医科大には、癌治療のための陽子線施設、

70億円を寄付。

 

京都大学には、次世代モーターを研究する

寄付講座を開講し、5年間で2億円以上を寄付。

 

京都学園大には、工学部新設にあたり、

100億円以上を寄付、自身も理事長に就任し、

大学名も変える予定とのことです。

 

「大学を作るのが夢だった。

 他国と比べて日本の大学は即戦力を出せていない。

 企業や社会が求める人材を育てる。金も口も出すよ。」

 

かっこ良過ぎる、72歳の大先輩です。

 

京都学園大の工学部が新設される予定の「太秦」は、

私が電通在籍時に「水戸黄門」の撮影で

何度も訪れた場所なので、あの美しく温かい街から、

永守会長の思いを受け継いだ未来を切り拓く若者が

続々と育っていくことを想像し、とても嬉しく思っています。

 

そして、口だけでは無く、

行動し続ける永守会長を、心から尊敬しています。

 

以前は、「元日の午前中を除き、365日働く」と、

モーレツに働き続け、社員も働かせてきた永守会長は、

 

2020年には、残業をゼロにする。」

 

と、これまでと真逆の方針を公言しています。

 

時代の流れを読み、

迅速で的確な決断をし続けている彼の言動は、

日本を確実に良い方向に導いていきますね。

 

また、1年程前のインタビューで、

 

「自分への古希祝いだと、

 家にトレーニングセンターを作った。

 毎朝30分から1時間はトレーニングする。

 腕立て伏せも50回はできる。」

 

と語っていたのを拝見しましたが、

いくつになっても、健康だけでは無く、

気力や体力も維持している姿勢を、

改めて見習わせていただきたいと感じました。

 

日本の多くの経営者に影響を与える永守会長ですから、

彼のような、日本の未来を変えていく言動が

社会に拡がっていくことを願っています。

 

そして、私自身はまだまだ未熟ですが、

少しでも、彼の生き様から学びながら、

社会に貢献できるよう、努力し続けたいと思います。

 

追伸;

 

息子が幼稚園でいない時間は寂しいですが、

その分、娘を溺愛して楽しんでおります^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

無料お薦め

有料


旅行業界に激震「てるみくらぶ」騒動

2017年03月27日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

 

私達家族は全員、「旅」が大好きで、

個人で旅行ビジネスにも参入していますので、

「てるみくらぶ」の騒動に注目しています。

 

「航空券の発券システムにトラブルが生じた」

 

という理由で、

顧客に一方的にキャンセルを連絡し、

観光庁が立ち入り検査をしている問題です。

 

関係各所の情報によると、すでに、

デフォルト(債務不履行)の状況だと

見られています。

 

価格競争の中で、とにかく安価にする会社の筆頭が、

ついに、追い込まれてしまったということです。

 

私自身、旅行ビジネスに参入して感じるのは、

日本の旅行会社のキャンセルポリシーの凄さです。

 

海外ですと、10日前、あるいは30日前でも、

キャンセルフィーを50%、あるいは、

100%チャージされることがあるのに対して、

日本は甘過ぎる設定になっています。

 

実際に、「てるみくらぶ」のHPには

現在もしっかり記載されていますが、

 

40-31日前まで:10%

 

30-3日前まで:20%

 

2日前当日:50%

 

・旅行後:100%

 

となっていて、

当日のキャンセルでも、半額が戻ってきます。

 

そして、これは日本の各旅行会社で、

ほぼ一律になっているのです。

 

このしわ寄せは、

当然、旅行会社に行く訳ですから、

薄利多売を続けると、

どこかで痛い目を見ます。

 

少し前に話題になった

配送業者の再配達などの問題と似ていますが、

顧客のためにと、「安くて良いサービス」を続けると、

自分の首を締めてしまうということです。

 

そして、良いサービスを安く受けられることに

日本人が麻痺してしまうと、いつの間にか、

グローバル化の中で、日本も、日本国民も、

ガラパゴス化していくのです。

 

また、「安くしよう」という力を入れ過ぎたことが、

日本をデフレに導いてきたことも問題です。

 

私は、配送業者も、旅行業者も、

その他のあらゆる業者も、

これまでの「無料」の過度なサービスに、

「値段」を付けていくべきだと思います。

 

それによって、お金がまわり、

経済が改善していくからです。

 

わがままになり過ぎた消費者には辛いことですが、

そろそろ軌道修正しないと、近い未来に、

もっと痛い思いをすることになるでしょうね。

 

「てるみくらぶ」は

JATA(日本旅行業協会)会員なので、

倒産した場合も補償があるでしょうが、

全額というのは難しいでしょう。

 

時期的には、学生の卒業旅行なども多いでしょうから、

利用者さんのことを思うと、とても気の毒です、、、

 

今回の問題からも、

日本が今後、社会をどう構築して行くべきなのか、

しっかりと考えていきたいですね。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料


100周年パナソニックの大英断から学ぶこと

2017年03月12日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ


 

 

私を育ててくれた企業の1つ「パナソニック」が、

同社を退社した樋口泰行氏(現マイクロソフト会長)を

41日付で、専務役員に登用します。

 

自己都合で辞めた社員を「出戻り」として迎え、

経営幹部にするという人事に、

100周年となる2018年、パナソニックが大きく

変わろうとしていることがわかります。

 

昨日ご紹介した「電通の深層」の中でも書かれている通り、

私は、電通2年目から5年間、パナソニックを担当しました。

まだ20代前半だった私が、

年間50億円の売上を担った期間は、

胃が溶けるようなストレスを味わいながらも、同時に、

非常に大きな学びを得られた貴重な時間でした。

 

「一社提供番組の水戸黄門はやめるべき」

と生意気を言っていた私に、

松下幸之助の哲学を叩き込まれたことも、

現在の私に少なからず影響を与えています。

 

樋口氏は、パナソニックに12年勤めた後に退社し、

日本HP、ダイエー、日本マイクロソフトと、

各社の社長を担ってきた凄腕の方です。

 

そのような方が、25年ぶりに古巣に復帰し、

2018年度に100周年を迎えるパナソニックを、

 

 さらに50年、100年続く会社にするためにお役に立ちたい」

 

と、古巣に恩を返しながら、

経営幹部として努力していく姿を尊敬しています。

 

日本は、自社からスピンアウトした社員を

「裏切り者」とみなすような文化がありますが、

今回の大英断のように、

 

「武者修行を積んだ有能な人材を取り込む」

 

という形で柔軟な姿勢を見せたパナソニックは、

評価されるべきだと思います。

 

「日に新たやね、旧態依然はあかん」

 

松下幸之助の言葉の通り、

これまでのタブーを打ち破っていく姿勢、

見習いたいですね。

 

追伸;

 

自宅近くのフレンチ、空いている時間を狙って

家族でとっても美味しいお料理をいただきました。

 

 

 

 

コース料理は日々、旬の食材をどう活用するか、

見直し続けているそうです。

 

まさに、「日に新た」の精神、

お食事を通しても、また学ばせていただきました^^

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料