■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2023年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「最高」と「最低」のシナリオを描く

2023年01月07日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

社長ブログランキングへ 

 

新たな挑戦をする時に、

あなたは「最高」のシナリオと、

「最低」のシナリオ、どちらを

描くべきだと考えていますか?

 

私は、ズルいかもしれませんが、

両方の仮説を立てておくべきだと

考えています。

 

例えば、投資の世界では、

最低の仮説を考え、

それに対応する準備をしておかなければ、

数百万円、数千万円という多額のお金を

一瞬にして失うケースがあります。

 

どこまでリスクがとれるかという

「一線」を用意しておかなければ、

冷静に損切りすることが

できなくなってしまうのです。

 

「最高」の仮説しか

用意していないことで、

想定していなかった現実に混乱し、

 

「こんなはずは無い、、、」

 

と損失が膨らんで、

後戻りできない程の致命傷を

負ってしまうのです。

 

このことは、ビジネスにおいても、

セブンイレブンの鈴木敏文氏が、

 

「損の限度額を決めておけば、

 いくらでも、色んなことを試せる」

 

と表現されています。

 

また、日本マクドナルド創業者である

藤田田氏も、

 

「ベンチャーをやるなら、

 全財産の3分の1を使ってチャレンジせよ。

 そうすれば、3回失敗できる」

 

と語っていらっしゃいますね。

 

多くの成功者が、最低のシナリオを

しっかりと描いてきたということです。

 

ただ、思考の力は大きいので、

あまり「最低」を考え過ぎることにより

本当にその流れに導かれてしまうことは

注意しなければいけないと思います。

 

「最低」と「最高」のシナリオを

描いた上で、実際に動く時には、

「最高」のシナリオにフォーカスし、

全力で実践していくというのが

正しい処方箋だと言えるでしょう。

 

インターネットを活用すれば、

ビジネスのリスクは限りなく

ゼロに近付きます。

 

つまり、「最低」も、

リアルビジネスに比べると、

恐れることはありません。

 

リスクを限りなく小さくしてくれた

この現代文明に感謝しながら、

「最高」のシナリオに向かって、

果敢にチャレンジしたいですね。

 

追伸;

 

私の実家での新年会も、

大変盛り上がりました!

 

 

手巻き寿司に合わせた獺祭が、

新年の身体に染み渡りました。

 

妻が撮ってくれた、みんなで

手を繋ぎ帰宅する後ろ姿の写真が、

とても良い思い出になりました^^

 


 

 

 ※本日の藤沢涼の記事が

  少しでも有益だと感じて頂けたら、

  こちらのブログランキングに

  ご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、

特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

「理想」と「現実」のギャップ

2022年11月10日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

社長ブログランキングへ 

 

理想が高くて、なかなかそこに届かないと、

少しずつ理想を下げて、それを、

現実に合わせたいと考える方が多いです。

 

しかし、それは「妥協」であって、

エネルギーを失ったまま、

失意を生んでしまうことになります。

 

成功するためには、

妥協を避けなければいけません。

 

常に高い理想を掲げて、

それを追い求め続ける、

理想主義者であり続ける努力が必要です。

 

周囲の方にどれだけバカにされても、

信念を持って、挑み続けることが大切なのです。

 

現実を理想に近付けようとする過程で、

人は、大きなエネルギーを生み出します。

 

そのエネルギーを高め続けるために、

最も大切なことは、「継続」であると、

私は考えます。

 

もちろん、継続をしなくても、

瞬間的に理想を手にする方はいます。

 

しかし、それは単発のラッキーであり、

決して長続きしません。

 

もちろん、継続していても

なかなか理想に届かない場合も

あると思います。

 

ただ、その継続の先で

理想のステージに到達することができれば、

そのステージに、長く立ち続けられます。

 

だからこそ私は、

理想主義者であり続けたいし、

その為に、継続を惜しみません。

 

これからも、

高い高い理想に向かって、

歩み続けたいと思っています。

 

さて、今日は、

我が家での事件のご報告です。

 

息子が生まれて初めて、

40度以上の熱を出して、

ずっと下痢でした。

 

いよいよコロナか?と思いましたが、

PCR検査が陰性で、医師の診断はなんと、

食中毒でした。

 

最近食べたものを医師に伝えると、

 

「ほぼ間違いなく、鶏のレバーですね」

 

とのこと。

 

同じものを食べた私と妻は

全く問題無かったのですが、

9歳の息子には、まだ早かったようです。

 

いやー、今写真を見ても、

とっても美味しい焼き鳥だったのに!

 

 

もうほとんど、

大人と同じだと感じていた息子も、

現実は、まだ子どもなのですね。

豚や鶏の生焼けには特に、

気を付けなければですね!

 

でも凄いのは、息子は1日で回復して、

もう、

 

「鶏肉が食べたい!」

 

と言っています^^

 

 

 ※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

藤沢涼


あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

与えられた「役」が人を成長させる

2022年11月01日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

社長ブログランキングへ 

 

 

舞台で主役が急遽出演できなくなった時、

たまたま選ばれた代役の方が、その後

大活躍することがあります。

 

ビジネスの世界でも、

同じようなことが良く起こります。

 

例えば、創業者が突然逝去されて、

奥様や子どもが社長として跡を継ぐと、

周囲の人は最初は「この人で大丈夫か?」

と心配します。

 

ところが、この2代目社長が、

自分が演じるべき「役」を必死に

演じようと努力するうちに、

それなりの風格が出てきて

どんどん社長らしくなっていきます。

 

周りの人も、社長の脇を固める役を

自然に演じるようになります。

 

ユニクロの会長・柳井正氏も、

まさに同じパターンだったようです。

 

大学卒業後に就職したジャスコを

9ヶ月で退職しフリーターをしていた柳井氏を、

父親は山口に呼び戻します。

 

そして、銀行通帳と印鑑を預けて、

自分が経営していた2つの洋服店を

息子に譲ったのです。

 

そんな頼りない新社長を見て、

店の社員達は次々と

辞めていったそうです。

 

しかし、父親は諦めず、

店の命運を息子に任せ続けました。

 

そんな父親の態度を見て、

 

「自分が何とかしなくては

 店が本当に潰れてしまう」

 

と心の底から思った時に、

経営が「他人事」から「我が事」に変わり、

柳井氏が経営者という「役」を演じる

覚悟ができたそうです。

 

その後、取引先の方から謙虚に学び、

書籍を大量に読んで経営者像を吸収して、

彼は日本を代表する経営者へと

生まれ変わっていったのですね。

 

「役」を全うする努力こそが、

人を大いに成長させるということです。

 

私は、最近、テレビ番組の中で、

コメンテーターのような立場をいただき、

新たな「役」を与えていただいています。

 

最初は、

 

「私に、そんな役が務まるだろうか?」

 

と不安でした。

 

しかし、

せっかく与えて頂いた役ですから、

私なりに全うしたいと思い直し、

目の前のお仕事に全力で挑みました。

 

そうすると、他局の別番組からも

どんどんお声掛けいただくようになったのです。

 

まだまだ未熟ですので、

もっと成長しなければいけませんが、

与えられた「役」に対して、

自分の最大限の力を出し切るという心掛けが

人生を大きく変えると確信しています。

 

ですから、もしあなたに

何らかの「役」が与えられた時は、

是非、その役を精一杯演じて、

自分の力を大きく飛躍させて下さい。

 

あなたが演じきれない役は、

あなたにはオファーされません。

 

あなただけに

与えられた役を完璧に演じて、

大いに成長していきましょう。

 

追伸;

 

今年のハロウィン、

娘には「白雪姫」という役が与えられ、

娘はその役をしっかり、全うしました^^

 

 

 

 ※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

藤沢涼


あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

「リミティング・ビリーフ」を解除

2022年08月10日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

人生を大きく変えるための処方箋は、

現在の自分への間違った「信念」を

変えるところから始まります。

 

多くの方は、自分で自分を、

制限しています。

 

本当はもっと凄い力があるのに、

 

「もう若くないから・・・」

 

「私は頭が良くないから・・・」

 

「文章を書く力なんて無いよ・・・」

 

「営業なんてできないよ・・・」

 

などと、間違った信念を持ち、

本来の能力を引き出せずにいます。

 

このような、

自分の力を封じ込めてしまう

不要な信念を、

「リミティング・ビリーフ」と言います。

 

人生を変えるためには、

それまでの信念を、新たな信念に

入れ替える必要があります。

 

アインシュタインは、こう言っています。

 

「今、あなたが

 このレベルに達してきた思考だけでは、

 次のレベルに上がることはできない。

 

 今、自分が対面している問題には、

 その問題に対面した時の自分のレベルでは

 乗り越えることはできない」

 

「信念」というのは、「事実」ではなく、

「思い込み」とも言えるのです。

 

人生を変えて成功するためには、

「私はできる」という正しい思い込みが

絶対的に必要なのです。

 

私がビジネスパートナーの方に重んじる最初の一歩は、

リミティング・ビリーフを解除してあげることです。

 

長年縛られて来た「思い込み」を

自分の力だけで取り払うことは、

とても難しいものです。

 

だからこそ、私が対面で、

「成長を阻害する要因」を見付け出し、

その改善を促していくのです。

 

そうして、多くの方が目の色を変え、

新たな人生を歩み出してくださることを、

とても嬉しく思います。

 

私自身も、

 

「長くサラリーマンだった自分が、

 起業して成功することは難しい」

 

というリミティング・ビリーフを

持ってしまっていました。

 

しかし、多くの先輩方が色んな形で

この思い込みを壊してくださったからこそ、

少しずつ、成果を出すことが

できるようになったのです。

 

多くの方が、

 

「どうやったら成功しますか?」

 

と、成功を自分の外に求めます。

 

しかし、本当は、

自分の内側にこそ、

成功への光が眠っています。

 

あなたも、あなたの中の

リミティング・ビリーフを見付け出し、

それを大きく入れ替えることで、

人生を大きく変えてくださいね。

 

追伸;

 

本日の写真は、娘の顔の七変化!

 

 

えっ?

 

どこで、その表情を学んだの?と思う、

豊かな顔のオンパレードです!

 

この子には、リミティング・ビリーフが、

全く見当たりません!笑

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

「大きな努力」で、「小さな成果」を

2022年08月04日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

あらゆるビジネスが、「小さな努力」で、

「大きな成果」を得られる未来を見せて、

繁栄しています。

 

「努力をしないでラクに痩せたい」

 

「すぐにペラペラ話せるようになりたい」

 

「あっという間に大金を稼ぎたい」

 

ダイエットも、英語学習も、お金稼ぎも、

そんなニーズに応えるように「見せる」

商品やサービスが、社会に溢れています。

 

人はこのような誘惑に負けやすく、

罠に陥りやすいのですが、

そうならないためには、

 

「大きな努力」で「小さな成果」を得る

 

という意識で、

対抗していくことです。

 

曹洞宗の禅僧、酒井大岳さんが、

 

「箸よく盤水を回す」

 

とおっしゃっています。

 

盤(丸いお皿)の中のお水を、

箸1本で回しても、

最初は何も起こりません。

 

しかし、それをずっと続けていくと、

少しずつ、水も回り始めます。

 

さらにそれを続けると、

いつの間にか、盤水全体が大きな渦となり、

箸を回さなくても、

水が勢い良く回るようになります。

 

大きな努力を続けると、

小さな成果が得られる。

 

その小さな成果に満足できずやめてしまうと、

そこで終わってしまう。

 

小さな成果に感謝して、さらに努力を続けると、

とてつもない大きな成果が、やがてやってくる。

 

そういう教えです。

 

たとえば、

最初は誰も読んでくれなかった私のブログも、

毎日毎日書き続けると、少しずつ読者の方が集まり、

いつの間にか、ずっと社長ブログNo.1を

いただくようになりました。

 

最初は、損切ばかりだった投資も、

少しずつ勝率が上がり、気が付いたら、

資産を複利で増やせるようになりました。

 

小さな努力で大きな成果を狙わずに、

大きな努力で小さな成果を得ることに、

心から感謝すること。

 

これが、長期的に見て、

大成する考え方だと捉えたいですね。

 

 

追伸;

 

息子が初めての「中日×ヤクルト」野球観戦!

 

 

 

今回は、たまたま2枚のチケットが手に入ったので

息子&妻の2人に楽しんでもらいました。

 

サッカーやバスケが好きだった息子は、

野球にも興味を持ち始めました。

 

視野を狭めずに、何でも体験させた上で、

自分で道を定め、大きな努力で小さな成果を

生んで欲しいと思います^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

「できる!」が、世界を面白くする

2022年07月23日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

難易度の高い仕事を前にした時、

人は、大きく2つのタイプに分かれます。

 

・この仕事は

 「どうやってもできない」と諦める

 

・この仕事は

 「どうしたらできるか?」を考える

 

の、いずれかです。

 

前者は論理的に考えるタイプで、

実際に正しいことを

言っているケースが多いです。

 

しかし、このようなタイプばかりだと、

新しく面白い世界は広がりません。

 

私は電通にいた時、

「不可能が可能になる瞬間」を

たくさん目撃してきました。

 

たとえば、ポカリスエットのCM。

 

宇宙から見た地球が

美しく描かれた映像を

覚えていらっしゃる方も

多いと思います。

 

当時は、制作費や

スケジュールの観点から、

 

「絶対に不可能」

 

だと言われていた、宇宙での撮影。

 

これを見事に、

やり遂げてしまったのです。

 

結果的に、

 

「世界初の宇宙CM」

 

として、新聞でも報道されるような

話題作に成長しました。

 

「無理だ」

 

と決め付ける頭の固い大人は、

世界をつまらなくします。

 

「きっと、できる!」

 

「やってみよう!」

 

そんな頭の柔らかい子どもが、

世界を面白く変えていくのですね。

 

年齢を重ねると、

どうしても可能性を狭めて考えがちです。

 

でもそうすると、

自ずと、自分の可能性も

狭めていることも

自覚すべきだと考えます。

 

さて、そんな視点を持つ

親の元で育つ息子は、

 

「誰よりも早く、

 このスタンプラリーをクリアする!」

 

と目標を掲げ、妻のサポートを受けて、

早々に完走しました。

 

 

4,000人限定のコンプリートボードを、

12人目にゲットしたのです。

 

 

 

 

付き合わされた娘は、道中で爆睡でしたが、

大喜びのお兄ちゃんんから、

何かを成し遂げる「達成感」を、

覚えてくれたと思います^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

自信を発芽させる「自画自賛力」

2022年07月15日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

人間の成功を真に支えるものは、

高いセルフイメージだと考えています。

 

自分を信じて、自分を褒めてあげる力こそが、

人生を飛躍的に向上させるのです。

 

東洋画の余白には、他人が歌(賛)を

書き添えることが多かったのですが、

それを、絵を描いた本人が書き入れることを

「自画自賛」と言いました。

 

今では、ややネガティブなイメージのある

「自画自賛」という言葉ですが、

本来の意義には、悪い意味はありません。

 

そして、現代では、

その悪いイメージを敬遠したためか、

本来は素晴らしい力を持っている

「自画自賛力」を失った人が多いと思います。

 

自分の努力を一番知っているのは、

自分自身であるはずです。

 

それなのに、

人から褒めてもらいたくて、

右往左往してしまい、

誰にも認められないと

がっかりしてしまう。。。

 

というように、

他人に価値観を委ねる方が

とても多くいらっしゃいます。

 

私も、起業直後に事業が失敗した時は、

自信を大きく失い、

他人に慰めの評価を求めました。

 

しかし、成功者を見ていると、

成功したから自信があるのではなく、

自信があるからこそ成功しているように

感じました。

 

だからこそ、

もう一度自信を取り戻すために、

自分なりにできることを取り入れたのです。

 

一番効果的だったのは、

過去の素敵な思い出を、その時の感情と共に

思い出していくことです。

 

私の場合は、

Facebookやブログのヘッダーに刻んだ、

複数の写真の思い出が、その中心でした。

 

電通時代の華やかな仕事、

妻との出会い、プロポーズ、

世界各国への旅行、子どもの誕生、、、

 

自分の歴史を振り返り、

素敵な思い出とその喜びを

何度も心の中に甦らせ、もう一度、

自分への自信を発芽させたのです。

 

後に心理学の勉強をした時、

これが「アンカーリング」なのだと

知りました。

 

人生を前進させる技術の1つとして、

しっかりと体系化されているのです。

 

人の世で生きる以上は、

自信を無くす機会を

完全に回避することは不可能です。

 

ですから、私達は、

どんなささやかなことでも、

自画自賛することで自分を鼓舞し、

折れない心を育てるべきです。

 

描いた未来に自らを導くために、

「自画自賛力」をどんどん磨いて、

胸を張って歩んでいきたいですね。

 

追伸;

 

本日の写真は、自画自賛力の高い、

私の子ども達です!

 

 

また学ばせてくれた子ども達に、

美味しいお菓子をあげました^^

 


 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

「現状の外」に、ゴールがある

2022年06月24日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

「自分が心から願う場所に

 なかなか辿り着かない・・・」

 

そんな場合は、

現実に見える世界の中で、

右往左往している可能性があります。

 

これは、自分を俯瞰で見ることが

できていないということです。

 

本当に願う場所は、

自分の現状の外にあるのに、

現状の中にゴールを

求めているのかもしれません。

 

そうすると、

何度そのゴールに辿り着いても、

 

「ここじゃない・・・」

 

と、繰り返していくことになります。

 

自分を俯瞰で見られるようにするには、

自己意識の枠を出る必要があります。

 

例えば、

すべてを損得で考えてしまうような

合理的な思考を止めて、

自分の利益ではなく、

相手の利益を意識するのです。

 

自分が止めたタクシーでも、

急いでいそうな方がいたら

譲ってあげる。

 

エレベーターでも、

先に他の方を出してあげて、

最後に降りる。

 

自分は興味が無い話題でも、

相手が喜ぶことを話してあげる。

 

損得関係なく、

自ら進んでご馳走してあげる。

 

こんなことを意識することで、

自分の狭い枠を飛び越え、

視野を広げることがます。

 

「自分より相手」

 

という意識が、

自分の抽象度を上げていくのですね。

 

追伸;

 

娘の乳歯が、初めて抜けました!

 

 

娘もこうして、これまでの現状の外へ。

 

どんどん成長して、娘が描く娘のゴールに、

突進して行って欲しいです^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

「隣の人の成功」に、拍手する

2022年06月22日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

競争の激しい組織では、どうしても、

人間の本性がむき出しになってしまいます。

 

そして、そのような世界でこそ、

実践で人間の心理を学び、

成長することができます。

 

大谷翔平選手などをはじめ、

一流のスポーツ選手は、

若くても、深くて、重みのある、

素晴らしいコメントをしますよね。

 

それは、背伸びをして、

大人を装っているのではありません。

 

それなのに、すでに、

人生を味わい尽くしているような

素敵な言葉を紡ぎ出します。

 

これは、それだけ濃密な環境に

身を置いているからだと考えています。

 

猛烈な競争環境では、

足の引っ張り合いや

嫉妬も渦巻きます。

 

誰もが感情を持つ人間ですから、

そうなってしまうのは、

致し方ないでしょう。

 

でも、そのような中でも、

隣人の成功を妬むのではなく、

隣人の成功に心から拍手を送れる、

そんな大きな心を持ちたいものです。

 

そんな心を持つ為には、

自分自身の成功を

明確にイメージすることが大切です。

 

逆に言うと、

自分の成功を信じていれば、

隣人の成功にも、拍手を送れるのです。

 

そして、それだけ成功を信じられるなら、

必ず、実際に成功を掴めると、

私は信じています。

 

その拍手は、

手の届かない偉大な成功者に

向けるものではありません。

 

隣にいる近い成功者にこそ、

心から、拍手を送りましょう。

 

追伸;

 

久しぶりに、子ども達と高いビルに登り、

東京の街を見下ろしました。

 

 

人間同士の衝突など、全てが小さく、

些細なことだと感じますね。

 

私は、私の周囲で頑張り続ける方に、

拍手を送り続ける人間でありたいと

改めて感じました^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

「億」を失う大失敗で、私が得たもの

2022年06月09日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

私は、数億円の売上を

目の前で失ってしまったことが

何度かあります。

 

起業してからもありますが、

最も多く経験したのは、

電通に勤めていた時です。

 

私は、クライアントの広告予算

数億円を獲得する為、競合プレゼンで、

他の広告代理店としのぎを削ってきました。

 

「億」を手にするか、

手放すかの戦いですから、

徹夜、徹夜で挑んできました。

 

数ヶ月、時には年単位の戦いを経て、

勝ったら最高の美酒を交わし、

負けてしまったら、しばらくの間、塞ぎ込みます。

 

このような経験を通して、

今現在の私に活きているのは、

「勝った」経験ではなく、明らかに、

「負けた」経験です。

 

負けた時は、

 

「何故、負けたのか?」

 

と、何度も何度も繰り返し、

集中して考え続けます。

 

そうして穴を見付け、

次回は徹底的に、

その穴をカバーするようにします。

 

こうした努力で、

少しずつ、勝率が上がります。

 

ところが、

それで油断をしていると、

楽勝だと構えていた案件で

大敗してしまったりするものです。

 

このように、

成功はゆっくり訪れますが、

失敗は猛スピードでやってきます。

 

そして、失敗から

這い上がって来る過程でこそ、

人は深く、学ぶのですね。

 

宇宙飛行士の毛利衛さんは、

難関私立高校を卒業した東大生が

 

「私は宇宙飛行士になるのに最適だ」

 

と自信満々に訪れた時、

 

「残念ながら、今の君は向いていない。

 

 失敗の経験が無い人は、

 重要な局面で大きな失敗をする」

 

と伝えたそうです。

 

宇宙飛行士のような

失敗が許されない環境で大切なことは、

頭脳の良さや成功体験ではなく、

むしろ、大きな失敗体験なのでしょう。

 

だからこそ私は、

億単位の、悔しく、苦しい「負け」を

何度も経験できたことに感謝しています。

 

失敗を恐れず、這い上がる度に、

強くなっていきたいですね。

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!