■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2024年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


人生の「やり残し」を無くすために

2024年01月05日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

社長ブログランキングへ 

 

 

多くの方が亡くなる直前に、

「やらなかったこと」を

悔やむと言います。

 

私も、もし起業していなかったら、

きっと後悔していたでしょう。

 

もし結婚をしていなかったら、

きっと後悔していたでしょう。

 

もし日本一周をしていなかったら、

きっと後悔していたでしょう。

 

選んだ道が正しいかなんて、

誰にも分かりません。

 

ですから、

 

「正しいかどうか」

 

ではなく、

 

「やりたいかどうか」

 

に素直に従い、

道を選択し続けることでしか、

人生は変わっていかないと思います。

 

人間は誰もが、生きてく上で、

 

「あれもやりたい」

 

「これもやりたい」

 

と、色々と思い描くものです。

 

しかしながら、そのほとんどを、

実現できずに人生を終えていきます。

 

「失敗したらどうしよう・・・」

 

という不安を抱えて、

結局何もやらずに、

後悔だけを大きくしていくのです。

 

そうならないためには、

 

「失敗したらどうしよう?」

 

ではなく、

 

「やり残したらどうしよう?」

 

という意識を持つことが大切です。

 

そしてこれは、

私自身の生き方の信条でもあります。

 

新しいことにチャレンジし続け、

その道で努力をし続け、

選んだ道を、正解にしていく。

 

時に失敗しても、

そこから大いに学び、

軌道修正していく。

 

そうすることで、

己が磨かれていきます。

 

あなたも、

「人生のやり残し」を無くすよう、

まずは、小さな一歩でも良いですから、

勇気を持って踏み出してくださいね。

 

追伸;

 

息子に、新しい自転車を

プレゼントしてあげました!

 

 

いつの間にか、こんなに大きくなり、

足も長くなっていて、感動です!

 

この真新しい自転車が、

小さくなる未来が楽しみです^^

 

 

 

 ※本日の藤沢涼の記事が

  少しでも有益だと感じて頂けたら、

  こちらのブログランキングに

  ご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、

特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

息子は、野球とサッカーの二刀流

2023年12月03日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

社長ブログランキングへ 

 

大谷翔平選手の大活躍の影響で、

ピッチャーとバッターの二刀流を目指す

野球少年達が急増しているそうです。

 

小学校に、大谷選手が寄贈した

グローブが届いたら、さらに、

野球に、そして二刀流に、

夢を持つ子が増えるでしょう。

 

一方で、少し変わっている私の息子は、

野球とサッカーの二刀流を目指しています。

 

「そんなの、無理だよ!」

 

という常識を覆して、

今の大谷翔平フィーバーがある訳ですから、

息子の非常識な夢を、私は応援しています。

 

さて、電話コンサルを重ねて感じるのは、

多くの方が、自分で自分を制限している、

ということです。

 

本当はもっと、凄い力があるのに、

 

「もう若くないから、、、」

 

「私は頭が良くないから、、、」

 

「文章を書く力なんて無いよ、、、」

 

などと、間違った信念を持ち、

本来の能力を引き出せずにいます。

 

人生を大きく変えるための処方箋は、

現在の自分への間違った「信念」を

変えるところから始まります。

 

このような、

自分の力を封じ込めてしまう

不要な信念を、

「リミティング・ビリーフ」と言います。

 

人生を変えるためには、

それまでの信念を、新たな信念に

入れ替える必要があります。

 

アインシュタインは、

こう言っています。

 

「今、あなたが

 このレベルに達してきた思考だけでは、

 次のレベルに上がることはできない。

 

 今、自分が対面している問題には、

 その問題に対面した時の自分のレベルでは

 乗り越えることはできない」

 

「信念」というのは、

「事実」ではなく、「思い込み」です。

 

人生を変えて成功するためには、

「私はできる」という正しい思い込みが

絶対的に必要なのです。

 

多くの方が、

 

「どうやったら成功しますか?」

 

と、成功を自分の外に求めます。

 

しかし、本当は、自分の内側にこそ、

成功への光が眠っています。

 

あなたも、あなたの中の

リミティング・ビリーフを見付け出し、

それを大きく入れ替えることで、

人生を大きく変えてください。

 

リミティングビリーフなど全く持たず、

バットと、グローブと、サッカーボールを、

リュックにぎゅっと詰め込んで、

寒空の公園に向かおうとする、私の息子。

 

 

この常識を破壊する若いエネルギーに、

大いなる刺激を受けている、師走です。

 

 

 

 ※本日の藤沢涼の記事が

  少しでも有益だと感じて頂けたら、

  こちらのブログランキングに

  ご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、

特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

私が「学歴偏重」に反対な理由

2023年11月05日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

社長ブログランキングへ 

 

私は、慶應大学を卒業して電通に入り、

その人生に幸せを感じなかったので、

子ども達の育児に対しても、

学歴を重視していません。

 

また、日本は30年間も経済が悪く、

世界の中でどんどん落ちているので、

日本の政治にも懐疑的です。

 

こんなに不況に苦しめられながら、

ほとんどの日本人が文句を言わないのは、

高偏差値集団の役所が何とかしてくれると

考えているからかもしれません。

 

しかし、30年もの間、

彼らは日本を軌道修正することが

できなかったのですから、

時代に合っていないエンジンが

中央に居座っているとも言えます。

 

だからこそ私は、

日本の学歴偏重社会を

強く疑問視しています。

 

そして、日本の学校教育自体に対し、

ほとんど期待していません。

 

「答えの無い」時代なのに、

「決められた正解」を暗記した人間が

生き抜いていける訳がないからです。

 

ですから、子育てにおいては、

学校ではなく、「家庭での教育」が

重要になると考えています。

 

一般的な家庭は、

父親が母親に教育を任せて、

母親は、学校や塾、家庭教師などに

それをアウトソースしているでしょう。

 

これでは、日本の教育に毒された

ロボットを育てるだけです。

 

私は、子ども達に色んなものに触れさせて、

子ども達が興味を持つものを

一緒になって楽しんでいます。

 

それが、子ども達の感受性を高めて、

生まれ持った能力を

どんどん伸ばしていくと

確信しているからです。

 

子育ての基本は、

このように、親が自分の時間を

どれだけ子どもに割いて

愛情を与えていくかだと思います。

 

私は、親として、

「世界で戦える日本人」を

育てる義務があります。

 

その為にも、

子ども達との時間を最も

大切にしているのです。

 

日本を再生する為に、

子育てにフォーカスする。

 

日本の親の意識がそうなれば、

日本は必ず復活すると信じています。

 

本日の写真は、子ども達と美しい花です。

 

 

 

旅行やスポーツ先行で

様々なものに触れさせていますが、

自然との触れ合いも重要ですね^^

 

 

 

 ※本日の藤沢涼の記事が

  少しでも有益だと感じて頂けたら、

  こちらのブログランキングに

  ご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、

特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

人生には必ず「副産物」がある

2023年10月30日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

社長ブログランキングへ 

 

3Mのポストイットは、

強力な接着剤の失敗作でした。

 

「ちゃんと着くけれど、

 簡単に剥がれてしまう」

 

そんな成果物が、

爆発的なヒット商品になりました。

 

育毛剤で有名なリアップは、

主成分であるミノキシジルが

高血圧の経口薬として

用いられていました。

 

しかし、「体毛が生える」という

副作用が発見されたことで

新たに製品化されたのです。

 

これらのように、

本来の獲得目標とは違う

「副産物」が、多くの人の幸せに

結び付くことがあります。

 

物事の白黒をハッキリ付けて、

仕事や勉強を「成功」か「失敗」に

「二分割思考」で分けてしまうと、

このような副産物に

気付くことができません。

 

成功、失敗と片付けるのではなく、

その過程で得た副産物が、

次の人生を開くことがあるのです。

 

私は幼少の頃から、

音楽家としての人生を

夢見ていました。

 

「自分の思いを表現したい!」

 

「誰かに希望を届けたい!」

 

そう願っていました。

 

しかし、その夢の途中、

インターネットの発展で

誰もが情報発信できるようになり、

自由に表現できる時代が到来したことで、

私は、この時代に挑戦しました。

 

その先に、自由と富を得ながら、

私の思いを多くの方に

届けることができています。

 

音楽家の夢だけに固執していたら、

今の幸せは有り得ないでしょう。

 

ですからあなたも、

何か目標を定めた時、

その成功・失敗に囚われず、

そこから生まれる副産物を

探しに行くような気持ちで

取り組んで欲しいと思います。

 

私も今後の人生で、

またどんな副産物に出会えるか、

ワクワクしています。

 

本日の写真は、ハロウィンの副産物の

パンプキンに喜ぶ、我が娘です^^

 


 

 

 ※本日の藤沢涼の記事が

  少しでも有益だと感じて頂けたら、

  こちらのブログランキングに

  ご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、

特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

自分の人生からの「挑戦状」

2023年09月29日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

社長ブログランキングへ 

 

人生には必ず、何らかの「挑戦状」が

突きつけられる時があります。

 

それは、受験や就職だけではありません。

 

スポーツ、音楽、恋愛、起業、、、

 

あらゆることで、挑む

「チャンス」が到来します。

 

多くの方は、その挑戦状を素通りして、

色々な口実で、自分を納得させます。

 

私自身も、過去を振り返ると、

音楽活動で大きな結果が出せなかったこと、

熱中したバスケットボールでも

大きな成果を出せなかったことなど、

 

「自分は、もっとできたはずだ!」

 

と思うことが、いくつかあります。

 

だからこそ、起業の挑戦状が来た時は、

絶対に成し遂げたいと、

果敢に挑んだのです。

 

結果、しっかり行動すれば

「勝てる」ということを確信しました。

 

ですから、もし、

子ども達の人生に何らかの「挑戦状」が

突きつけられたら、果敢に挑戦させたいと

考えています。

 

何か特定のものを、親の「エゴ」で、

強制するつもりはありません。

 

スポーツでも、アートでも、

ビジネスでも、本人にとっての

何らかのチャンスが到来したら、

絶対に掴みに行かせたいのです。

 

苦労や困難は避けて、

「できるだけ安全な道へ」と考えるのが、

「親心」かもしれません。

 

しかし、ただ甘やかしていては、

社会の荒波の中を、強く逞しく

生き抜くことはできません。

 

時には、険しい道に挑み、

思い通りにいかないような経験を

させるべきだと思うのです。

 

30代、40代、

あるいは50代以上になって、

 

「若い時に、もっと挑戦すれば良かった」

 

と言っている方を、

私はたくさん知っています。

 

もしかしたら、あなたも、

そうかもしれませんね。

 

人生が自分に戦いを挑む時は、

多くの場合、「勝つ条件」が

揃っているはずなのです。

 

ただし、多くの人は、

それを「受けて立つ勇気」がありません。

 

生き方、生活形態、時間の使い方など、

人生のあらゆることの「変更」を

余儀なくされることになる機会に直面すると、

それをすぐに受け入れることが難しいのですね。

 

また、多くの場合は、

リスクを考え過ぎです。

 

成功しなかったからと言って、

命を奪われる訳ではありません。

 

頭の中に築き上げる「悲劇」は、

酷く、的外れであることが多いのです。

 

 人の世には 潮があって

 満潮に乗り出せば 幸運をもたらし

 無視すれば その後悔はすべて

 浅瀬に乗りあげ 不幸に終る

 

シェイクスピアの言葉を、

最近サッカー&野球&バスケを

頑張っている息子と、

挑戦状を手にしたあなたに

送りたいと思います。


 

 

 ※本日の藤沢涼の記事が

  少しでも有益だと感じて頂けたら、

  こちらのブログランキングに

  ご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、

特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

「諦め」ずに、「明らめ」よう

2023年09月15日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

社長ブログランキングへ 

 

 

挑戦した先に、大きな壁を前にしたり、

逆境に遭遇してしまうと、すぐに、

「諦める」方が少なくないです。

 

しかしながら、「もう無理だ」

と感じる、その一歩先に進むことが、

明日の自分を変えていきます。

 

ですから、絶対に、

諦めないで欲しいと思っています。

 

もし、諦めることがあるとすれば、

何かを手にしたい時に、

今持っている何かを手放すということです。

 

つまり、手に入れた何かを捨てること、

そのまま持っておくことを諦めることは

必要になります。

 

たとえば、私は慶應大学を卒業し、

電通に勤務するという

エリート人生を歩んでいました。

 

しかし、その未来には

私が描いた幸せな人生は

ありませんでした。

 

私は、家族との時間を大切にしたい。

 

自分の人生の舵を自分で勝ち取りたい。

 

そう願って、自分1人の力で

生きていく道を選びました。

 

つまり、慶應、電通という

社会的体裁の良い道を捨てたのです。

 

捨てる時は、もちろん、

恐怖を感じました。

 

自分の存在意義が無くなるような、

そんな感覚にさえ陥りました。

 

しかし、過去に持っていた

すべてを捨て去ろうとも、

「こう在りたい」という

強い想いさえあれば、

未来は決して消えません。

 

そう信じて、エリートを諦めたのです。

 

つまり、そんな小さな

プライドを捨てたのです。

 

あなたにも、自分がどう在りたいか、

真剣に考えて欲しいです。

 

人生は「諦める」ためにはありません。

 

「こう在りたい」という自分を

「明らめる」ためにあるのです。

 

「明らめる」とは、文字通り、

「明らかにする」、「明確に固める」

というということです。

 

自分の未来像をしっかり描き、

その未来に向かって

歩んでいくことこそが、

あなたの人生だと、私は信じています。

 

さて、私がトライアスロンで苦しみ、

諦めそうになっていた時、

妻と子ども達は巨大なアスレチックで遊び、

山梨の大自然を満喫していました!

 

 

私は、家族の幸せを守るために、

今の自由な有難い人生を守り続けたいと

改めて、明らめました^^

 

 

 

 ※本日の藤沢涼の記事が

  少しでも有益だと感じて頂けたら、

  こちらのブログランキングに

  ご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、

特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

人生を決めるのは「能力」ではない

2023年08月12日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

社長ブログランキングへ 

 

京セラ創業者の稲森和夫氏は、

人生や仕事の成果を

下記の通り定義しています。

 

「考え方」×「熱意」×「能力」

 =「人生・仕事の成果」

 

「考え方」とは、思想、倫理、哲学、

そして生きる姿勢。

 

「熱意」とは、情熱や努力する心。

「能力」は、才能や知数ですね。

 

この中で最も大切なのが、

「考え方」だということです。

 

何故なら、「熱意」と「能力」は

0-100点で評価出来ますが、

「考え方」は、-100~+100と、

マイナス値が存在するからです。

 

どれほどたくさんの「熱意」があり、

「努力」を行っても、

「考え方」がマイナスだと、

すべてが負の方向に

向かってしまうのです。

 

「能力」が高いのに、

「考え方」がマイナスに向かうと、

大きなマイナスに進んでしまうのです。

 

つまり、「能力」が高いことは、

人生にとっても、

仕事で成果をあげるにも、

絶対的な必須条件ではありません。

 

一方、「考え方」がプラスに

向いていることこそが、

仕事や人生で成果をあげる為に、

絶対に必要な条件なのです。

 

あなたのまわりにも、

IQが高いのに、人生も仕事も

上手くいっていない人がいませんか?

 

「考え方」を磨き、

「能力」と「熱意」の力を

プラスの方向に何倍にも

増幅させていきたいですね!

 

私が育児で意識しているのも、

この「考え方」。

 

人生をより豊かにするために、

子ども達にプラスの考え方を養えるよう、

しっかり向き合いたいです。

 

ということで、本日は、

息子「10歳7ヶ月」娘「7歳3ヶ月」の

お祝いでした!

 

 

旅行で遅くなってしまったけど、

毎月必ず、こうしてお祝いすることが、

人生をプラスに考える力を育てていると

考えております^^

 

 

 

 ※本日の藤沢涼の記事が

  少しでも有益だと感じて頂けたら、

  こちらのブログランキングに

  ご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、

特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

孫正義の「人生の汚点」に感動

2023年06月25日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

社長ブログランキングへ 

 

 

2019年末、私はweworkの契約を検討し、

約300万円の年間賃料を支払う直前まで、

担当者と取引を進めていました。

 

 

素晴らしい内装であることに加え、

ビールやコーヒーを、私だけではなく、

ゲストも飲み放題であるということで、

その空間はきっと、

費用対効果があると考えたのです。

 


 

しかしながら、コロナが

拡大しつつある状況だったので、

契約を破棄しました。

 

元々は、2017年頃から、

孫さんがweworkに対して、

「1兆円」規模の投資をしていたので、

興味を持ちました。

 

「大好きな孫さんが投資をしたなら、

 きっと素晴らしい空間に違いない!

 投資対効果があるに違いない!」

 

そう感じていたのです。

 

ただ、コロナという不運もあり、

weworkは苦しい状況になっています。

 

株価は、最高値から、

300分の1程度です。

 

先日のソフトバンクの株主総会で、

孫さんはこう言いました。

 

「僕の責任。

 

 weworkに訪問して、

 惚れ込んでしまった。

 

 一部役員や社員の忠告が何度もあったが、

 多額のお金をつぎ込んでしまった」

 

また、weworkのアダム・ニューマン

元最高経営責任者(CEO)に対しては、

 

「僕が彼にあおった部分もある。

 彼以上に、僕が悪いのではないか?」

 

と語ったのです。

 

何か失敗をした時に、

環境のせいにしたり、

周囲の方のせいにしたりして、

責任から逃れる方は少なくありません。

 

失敗を全く認めなかったり、

言い訳ばかりで、反省も謝罪も無い方も、

見受けられます。

 

しかしながら、孫さんは、

今回の投資失敗のすべての責任が、

自分にあると認めて、誰も責めませんでした。

 

「私の人生の汚点」

 

とまで、言い切りました。

 

とても素晴らしい姿勢で、

本当に感動しました。

 

この反対のことをしていたら、

孫さんの周囲の方は心が離れ、

ソフトバンク崩壊になったかもしれません。

 

リーダーとして、

どのような立ち振る舞いをすることが大切か、

また深く、学ばせていただきました。

 

「8ヶ月で、630件発明した」

 

という孫さんが、これからまた、

世界を動かしていくことを

心から楽しみにしています。

 

 

 ※本日の藤沢涼の記事が

  少しでも有益だと感じて頂けたら、

  こちらのブログランキングに

  ご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、

特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

人生で大切なのは「金」?「愛」?

2023年06月12日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

社長ブログランキングへ 

 

「愛」の力と「金」の力に関して、

街頭で以下のアンケートを別々にしたら、

過半数から同意を得られるのは

どちらでしょうか?

 

1.古くから「愛の力は金に勝る」

 と言われますが、そう思いますか?

 

2.古くから「金の力は愛に勝る」

 と言われますが、そう思いますか?

 

実は、これらの設問だと、

いずれも過半数を得ます。

 

その理由は、

 

「愛の力が、金に勝るケース」

 

も、

 

「金の力が、愛に勝るケース」

 

も、日常生活の中に

存在するからです。

 

人は、人を評価する時には

最近の誰かとの会話や行動から

判断します。

 

レストランを評価する時には

最近食べた他の料理から判断します。

 

このように、

脳は直近の記憶を思い出しながら、

あらゆることを判断するのです。

 

金か愛かの設問はどちらも、

実例が脳裏に浮かびやすい情報なので、

いずれの場合も「その通り」と感じやすい

ということですね。

 

このように、

人が経験則から判断することを

「ヒューリスティック」と言います。

 

このヒューリスティックは、

「正解」が導ける訳では無く、

間違いを起こしやすいです。

 

このような脳の「誤解」によって、

人とのコミュニケーションで

トラブルになることが多いです。

 

このことをしっかりと注意した上で、

日々のコミュニケーションに

役立てたいですね。

 

ちなみに、金か愛かの議論で

私が意識しているのは、

 

「愛はお金では買えないが、

 愛を維持するためには、

 ある程度のお金が必要」

 

「でも、必要だからと、

 誰かからお金を奪おうとすると、

 周囲からの愛を失う」

 

ということです。

 

何事も、バランス。

 

最適な軸を定めて、愛も、お金も、

しっかり手にしていきたいですね。

 

追伸;

 

父の古希を、寿司屋の個室で祝いました。

 

 

 

こうして、家族で集う愛こそが、

一番のプレゼントだと感じます。

 

 

 

 ※本日の藤沢涼の記事が

  少しでも有益だと感じて頂けたら、

  こちらのブログランキングに

  ご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、

特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

ストレスを人生の「スパイス」に

2023年06月05日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

社長ブログランキングへ 

 

 

ストレスとは刺激に対する反応で、

「良い」ストレスと「悪い」ストレスが

存在します。

 

「良い」ストレスとは、

大きな目標や夢、適度な運動、

刺激し合える人間関係などで、

自分を奮い立たせ、

やる気を生み出す材料になります。

 

「悪い」ストレスとは、

不安、過労、追わされた義務、

理不尽なこと、迷惑行為などで、

心身の健康を害し、

人を病気に導きます。

 

現代はストレス社会です。

 

ただ、実は、ストレス全体を

減らしてはいけないとも言われます。

 

ストレスが少な過ぎることは、

人の心や身体を鈍らせ、

人生の生き甲斐を見失って

しまうことになるからです。

 

ですから、私達は、

「悪い」ストレスを減らし、

それらを「良い」ストレスへと変換する力を

身に付けることが大切なのです。

 

会社員という働き方は、

どうしても、「悪い」ストレスを

溜め込んでしまいますね。

 

イギリス市民サービス従業員

1万7350人の調査結果によると、

トップ経営者の死亡率を「1」とした時、

上級管理職は「1.6」、

事務系作業職は「2.2」、

一般労働者は「2.7」となりました。

 

この結果には

様々な要因があると思いますが、

多くの人の体感の通り、

人を使う側になればなる程、

「悪い」ストレスから解放されている、

と言えるでしょう。

 

私自身、大企業の社員だった頃は、

「悪い」ストレスに塗れていました。

 

「良い」ストレスに変換できない速度で

「悪い」ストレスに攻撃されてしまい、

心身共に、不安定でした。

 

しかし、起業してからは、

「悪い」ストレスは大きく減少し、

「良い」ストレスを意識的に

増やすことができています。

 

つまり、ストレスを自ら

コントロールすることで、

それらのストレスを自分の人生の

「スパイス」にできているのです。

 

鶏口牛後であるべきだ、

ということですね。

 

あなたがもし、

大きな会社の末端社員で

ストレスのコントロールに

苦しんでしまっているなら、

小さな会社のトップになることを

強くお薦めします。

 

それを実現するハードルは、

ITの発展によって

どんどん下がっていますし、

その具体的な道筋を、

私があなたに寄り添って

ご案内していきたいと願っています。

 

追伸;

 

今日は、子ども達とボウリング!

 

 

ガーター落下防止のバンパーが、

年齢で禁止になった息子にとっては、

良いストレスで成長する1日でした^^

 

 

 

 ※本日の藤沢涼の記事が

  少しでも有益だと感じて頂けたら、

  こちらのブログランキングに

  ご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、

特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!