■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「メルカリ」の海外進出、日本の逆襲

2017年06月22日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

フリーマーケットアプリの「メルカリ」が、

Facebook幹部であるジョン・ラーゲリン氏を

執行役員最高事業責任者(CBO)として迎え、

米国を中心とする海外事業を本格化させます。

 

メルカリは、すでに2014年に米国に進出し、

アプリダウンロード数が2500万件に達しています。

 

また、今年の3月には

英国にも進出しているのですが、

このような海外への展開を、

さらに加速させていくのです。

 

ジョン・ラーゲリン氏は、

NTTドコモ、米Googleを経て、

2014年にFacebookの副社長として就任し、

マーク・ザッカーバーグとともに、

新規事業開発などを担ってきた人物です。

 

これまで日本は、米国発のIT系サービスに

国内市場を奪われてきましたが、いよいよ、

逆襲が始まっていくと期待されますね。

 

メルカリを多用している私の妻に聞くと、

その他オークションと比較した上での優位性は、

 

・電話番号との結び付けで不正が抑制されている

 

・お金の支払いが商品到着後なので、詐欺が少ない

 

・販売者と購入者の評価が同時になされるので、

 実態に見合った評価になる

 (ヤフオクなどは時間差評価が可能なので

  実態より高く評価されがち)

 

・送料込みの価格設定が大半なのでわかりやすい

 

・スマホで見やすいインタフェース

 

ということです。

 

ただ、ここ半年くらい、若干、

事務局の対応が悪化しているようですね。

 

拡大路線の渦中にあるので、

致し方無い部分もあるかと思いますが、

既存の顧客が離れてしまったら本末転倒ですから、

その部分は注意が必要だと感じました。

 

内需を疎かにせず、その上で、

外需の獲得も狙っていくような企業が

このメルカリの動きに触発されて増えれば、

日本全体の経済も改善していくと思います。

 

追伸;

 

子ども達が働く未来、

日本発の「グローバルカンパニー」や、

世界に羽ばたく「個人」が

たくさん増えていることを願っています。

 

 

そして、

そのような社会でも活躍できるよう、

子ども達の視野を拡げていくのが、

私達親の1つの使命だと感じています。

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

日経平均株価2万円突破、暴落はいつか?

2017年06月03日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

日経平均株価が1年半ぶりに2万円を突破して、

先行きの景気回復持続を裏付ける明るい材料だと

受け止められています。

 

ただ、実態としては、米国株が最高値を更新し、

世界の株の時価総額も最高となる中で、マネーが

日本株にも流入しているだけだと言えるでしょう。

 

世界市場を牽引するのは、

AppleGoogleMicrosoft

AmazonFacebookなどの米国新興企業ばかりですが、

日本国内の上位は、トヨタ、NTT、三菱UFJなど、

伝統的な企業ばかりです。

 

日本においても、米国のように、

革新的で世界を変えていくような企業が生まれ、

名実ともに、景気回復していくことを願っています。

 

さて、これだけ株が上がってくると、

ダウンサイドリスク(下落で損失を被る可能性)

も気になります。

 

私は、「頭と尻尾はくれてやれ」の精神で、

国内株の一部は現時点の利益を確定して売却し、

FX投資の原資にしました。

 

短期的な利回りで見ると、

月利10%以上が目指せるFXに比べて、

株式での利回りが相対的に低いために、

方針転換をすることにしたのです。

 

「最高値を更新」

 

というニュースが駆け巡る時に飛び付くと、

暴落にやられることを、先日のビットコインも、

証明してくれましたよね。

 

株などの長期投資をするのであれば、

暴落してバーゲンセールになるまで待つか、

バフェットのように、確実に未来が明るい企業を

時間を掛けて選び抜いていくかです。

 

私は、短期的にはもっとレバレッジを利かせた

資産拡大をしたいと考え、FXをメインにしています。

 

FOMCでも3月に株高が指摘されていましたし、

NYダウは、株価暴落の前兆とされる

「ヒンデンブルグ・オーメン」も点灯したようですから、

注意したいですね。

 

ところで、最近私は、事業の多角化も進めていて、

恋愛系にも関わらせていただいています。

 

その中でお聞きしたのは、

 

・彼氏に送るべきメール

 

・彼氏に送ってはいけないメール

 

だと、圧倒的に後者の方が注目を集めるということです。

 

「株の暴落」「日本破産」などもそうですが、

人は失敗を恐れるので、ネガティブなもの、

悲観的なものにこそ興味を持つということを、

改めて学びました。

 

追伸;

 

親しくさせていただいている有本周平さんから

脂の乗った「石垣牛」をいただき、

家族で美味しくいただきました^^

 

 

有本さん、いつもありがとうございます!!

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

大企業のネットビジネスが失敗する理由

2016年07月05日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

ryo0705

 

近年、莫大な富を生み出すことになった

インターネットのサービスは、ほとんど、

新興企業によって提供されています。

 

「検索エンジン」

 

Eコマース」

 

「動画共有サイト」

 

資本や人脈で強みを持っている大企業が、

これらの主要プレイヤーになれなかったのは、

何故なのでしょうか?

 

例えば、1996年には、

IBMが「World Avenue」という

電子商店街サービスを開始しました。

しかし、翌年には、莫大な損失を出し、

事業撤退してしまっています。

 

三木谷さんが楽天を立ち上げた時も、

「あのIBMが失敗したのに、、、」と

揶揄されましたが、三木谷さんは、

少なくとも国内では、楽天を大成功させました。

 

また、NTT1995年に、

NTT Directory」という検索サービスを

開始しています。

 

Yahoo! Japanのスタートは1996年なので、

それより先行していたのですが、周知の通り、

NTTYahoo!に完敗してしまっています。

 

さらに、経済産業省は、2006年に、

「情報大航海プロジェクト・コンソーシアム」

という壮大な計画で、50社の民間企業を巻き込み、

300億円の国家予算を投じて、

「打倒Google」を目指した最強の「検索エンジン」を

作ろうとしていましたが、150億円を投じた3年目に、

プロジェクト自体が中止となってしまいました。

 

これらの歴史を見てみると、

 

「指令に従うエリート」

       VS

「好奇心に突き動かされる起業家」

 

という戦いの構図の中で、常に、

後者が勝っているということが分かります。

 

エリートには、好奇心が欠落しているのです。

 

私が起業してからも、

周囲の起業家の好奇心や野心には、

本当に驚かされる毎日です。

 

これだけのエネルギーで取り組んでいるから、

大きな成功を勝ち取ることができるのかと、

いつも、学ばせていただいています。

 

つまり、いつまでもエリート思考で、

プライド高く構えていたら、

あっという間に地に落とされるのが、

ビジネスの現場だと思い知らされているのです。

 

逆に言うと、

勝敗が早く決まるインターネットの世界では、

判断の遅いエリートより、好奇心のまま突っ走る

起業家の方が圧倒的に成功しやすいということですね。

 

インターネットがもたらした

この大いなるパラダイムシフトの中で、

人生を早期に好転させられるように、

「好奇心旺盛」に、目の前のことに真剣に

取り組んでいきたいですね!

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料