■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


心の「脱藩」は、日本の素晴らしい伝統

2017年05月03日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

私は、組織から離れて自由に生きていくことを、

明治維新の志士の行動になぞらえて、

「脱藩」と表現しています。

 

そして、私自身が、電通から脱藩し、

個人で様々なビジネスをする中で、

とても幸せな人生を歩むことができているので、

日本にこのような動きを拡げたいと考えているのです。

 

特に、昨年は「過労自殺」という悲劇があったので、

これは自分の使命として、取り組みたいと思っています。

 

現在の日本は、「肩書き」や「立場」を

重んじ過ぎてしまっていると感じます。

 

「どの会社の人か」

 

「役職は何か」

 

それを意識せずに、相手の話を聞くことは

ほとんど無いのではないでしょうか。

 

同じことを言っていても、

肩書きや立場が無い人が言うと軽視され、

それらがある人が言うと、高く評価されます。

 

しかしながら、日本には本来、

本質をしっかり見る伝統があります。

 

たとえば、「万葉集」には、

天皇、貴族、防人、無名の者、

様々な人の歌が集められています。

 

その中では、

 

「誰が詠んだか」

 

ということは決して重要ではなく、

 

「どんな歌なのか」

 

という、歌の本質が見られていたのです。

 

これは、とても美しい世界観だと思います。

 

そして、このように、

精神的にそれぞれが独立していることを

「心の脱藩」と表現すれば、日本人は、

本来は心の脱藩ができている国民だったのです。

 

ですから、私はまず、日本にもう一度、

「心の脱藩」を拡げていきたいと思います。

 

そのためには、

現在所属している会社がすべてだと思わず、

精神的に自由になることです。

 

それは決して、所属する会社にとって

ネガティブに働くだけではありません。

 

これからの時代は、

視野を広く会社の外を見る人こそが、

会社の中でもイノベーションを起こすからです。

 

心の脱藩が取り戻されれば、

日本は必ず、もっと素敵な国になります。

 

そして、その先に、

私のように、身も心も脱藩するかどうか、

個々人が判断して欲しいと考えています。

 

追伸;

 

息子に買ったキックボードが楽し過ぎます!

 

 

しばらくは、これで家族全員、遊べそうです^^

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

無料お薦め

有料


電通、検察が立件へ 国策捜査とその深層

2017年04月26日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

 

 

電通の違法残業事件で、ついに検察当局が、

法人としての電通を立件する方針を固めました。

 

長時間労働を容認する企業体質が根付いていたため、

個人の刑事責任を問うのは困難だという理由で、

本支社幹部の4人は起訴猶予となる公算が大きいようです。

 

ただ、強制捜査着手から、1部の書類送検までには

たったの1ヶ月半しか掛かっておらず、

検察幹部も「国策と言われても仕方ない」と

語っているほどです。

 

この裏にあるのは、日露接近を恐れている米国が、

それを主導する大物政治家と、その政治家と共に

大きなお金を動かす電通を追い込んでいるためだ、

という説もあります。

 

違法残業をさせている企業は無数にあるので、

電通だけがここまでやられるのは、確かに、

何らかの深層があるのでしょう。

 

働き方改革の広告塔(見せしめ)、

というだけでは無さそうです。

 

しかしながら、私は、そこを追及することには

興味がありません。

 

今回の事件の発端となった、

過労自殺してしまった電通の新入社員、

高橋まつりさんが苦しんだのは、

残業だけでは無いはずです。

 

人を死に追い込む、残酷な企業風土(パワハラ)が、

そこにあったのです。

 

それなのに、こうして「残業時間」だけが

取り上げられ続けることに、強い違和感を覚えています。

 

東大に入る努力をして、一流企業に入ったのに、

奴隷のように扱われ、自己尊厳を破壊されて、

生きる気力を失ってしまった。

 

そこにこそ、再発防止策を講じて、

社会全体に周知していく必要があります。

 

就活生に関わる友人に聞くと、

昨年末にあれだけ社会問題になっても、

電通を希望する学生はあまり減っていないようです。

 

そうすると、電通が抜本的に変わらなければ、

必ず、また苦しむ若者が生まれてしまいます。

 

そして、電通だけではありません。

 

現在、有名企業を含んだ多くの会社員が、

会社を辞めて個人で生きていくことを望み、

私のアドバイスを求めてくださっています。

 

ですから、私の知見がお役に立てるのであれば、

そして、今苦しんでいる方に希望を与え、

命を救うこともできる可能性があるのなら、

私は、もっと積極的に啓蒙活動をして、

多くの方と出会っていきたい。

 

そう願って、新たなプロジェクトを立ち上げました。

 

本日の写真は、そのために撮影したものの中の、1枚です。

 

私に賛同してくださり、力強く支えてくださる

素敵なプロジェクトメンバーにも恵まれ、

全員の力を合わせて、社会を改革していきたいと

意気込んでいます。

 

幸せな「働き方」、「生き方」を、

日本中に拡げられるように。

 

全力で、挑んでいきます。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

無料お薦め

有料


生まれて初めての「お弁当」に親子で感動♪

2017年04月13日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

今朝、息子は生まれて初めてのお弁当を持ち、

「早く、クラスのお友達に自慢したい!」と、

大喜びで幼稚園に登園していきました。

 

 

インターナショナルスクールでは給食が出て、

親としては、とても有り難く感じていました。

 

しかしながら、

現在の園の園長先生がおっしゃる通り、

お弁当の時間は、お母さんから離れた子供達が、

 

「お母さんの愛を感じる、とても大切な時間」

 

なのです。

 

そして、園の中で、

子供達がお弁当を食べている時は、

 

「預かっているお子様を、お母様に返す時間でもある」

 

とおっしゃっていただけたので、

息子も、今頃そう感じてくれているかな?と、

ワクワクしながら、息子の笑顔を想像しています。

 

お迎えの時間が待ち遠しいです。w

 

さて、私自身の過去を振り返っても、

母が作ってくれたお弁当や、

受験勉強の時の温かい夜食などに、

 

「自分が大切にされている」

 

ことを感じ、感謝してきたことを思い出します。

 

中学生の時は、バスケットボール部の監督が、

夏の強化練習の時に、冷えたスポーツドリンクを

差し入れしてくれたことに、感激しました。

 

とても辛い練習でしたが、あの優しさに、

もう一踏ん張り努力することができました。

 

また、電通では、心身ともに苦しかった時に、

 

「おまえに食わせたいものがある。」

 

とおっしゃって、上司が出身地の郷土料理を

ご馳走してくださったことがあります。

 

他の先輩も、深夜の残業中に、

栄養ドリンクなどの差し入れをしてくださって、

もう少し頑張ろう!と、活力を与えてくださいました。

 

妻と付き合い始めたばかりの時も、

慢性疾患が悪化してボロボロだった私のために、

妻が玄米菜食を一生懸命勉強して、

毎日、手料理を作ってくれたことに、

どれだけ感動し、感謝していたか、、、

 

このように、生きることに欠かせない飲食を通して、

多くの感動があったことが、次々と思い出されます。

 

人間が健全に生きるために、一番大切な「食」。

 

それに真剣に向き合うことの価値を、

改めて今、子育てを通して感じています。

 

妻は、夜中に娘に授乳するだけでも大変なのに、

睡眠時間を削って、頑張ってお弁当を作っています。

 

それなのに、不思議と、朝からとても元気なのです。

 

これが、母の偉大な愛であり、

子供を「食」で大切にすることの喜びを

妻自身も感じているからこそだと考えています。

 

とはいえ、体力を消耗しているのは確実なので、

疲労が溜まらないよう、私も自分にできることで支え、

共に、育児に全力投球していきたいと思います。

 

ということで、

午後の打ち合わせが夕方からになったので、

もう少ししたら、娘と2人で息子を迎えに行き、

そのまま、公園でたっぷり遊んで来ますねー^^

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料


残業時間上限「100時間」が「画期的」の愚

2017年03月19日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

政府が導入を検討する「残業時間上限規制」は、

100時間を基準とすることで決着し、

安倍首相は、これを「画期的」と評価しました。

 

もう、国に「働き方改革」など任せられないですね。

 

過労死の基準が80時間であるのに、

100時間を容認してしまったら、

過労死が合法的に認められたようなものです。

 

さらに、現行の制度では、

休日の残業はカウントされないのです。

 

「企業は、国民の命を奪って良い」

 

と、国が認めてしまったことと

「同義」と言っても過言ではありません。

 

国も、会社も、

人の命を犠牲にした成長しか描けないのならば、

私達は何にも依存せずに、自分の力だけで

強く生きていく道を創っていくしかないのです。

 

そもそも、労働基準法に45時間制限があるのですから、

36協定など撤廃して、45時間以上残業させる会社に

重罰を与えていくくらいのことをしなければ、

「働き方」など、何も変わらないでしょう。

 

パーキンソンの法則「第1法則」にある通り、

 

「仕事の量は、完成のために与えられた時間を

 すべて満たすまで膨張する」

 

のですから、自明のことです。

また、そもそも、「労働時間」だけに

焦点が当たっていることが問題です。

 

昨年の電通問題の際に再三指摘しましたが、

パワハラ・セクハラという異常な縦社会の風土が、

日本企業に色濃く残っていることにこそ、

メスを入れていかなければいけません。

 

東芝の問題も、下が上に何も言えない風土が、

不正会計等につながったという指摘と同じです。

 

このような歪な上下関係を破壊しないと、

働く環境は全く改善されないでしょう。

 

まあ、多くの識者が言う通り、

このままでは、「会社」というものの存在自体が、

近いうちに危ぶまれるのは間違いありません。

 

旅行中にネガティブな情報に接したくなかったので、

この報道は見て見ぬ振りをしていましたが、

帰京後に改めて、この報道や周辺情報を確認して、

あまりにも酷いと感じています。

 

電通の後輩、高橋まつりさんのお母様のコメントを、

ここに引用します。

 

 月100時間働けば経済成長すると思っているとしたら、

 大きな間違いです。

 

 人間は、コンピューターでもロボットでも

 マシーンでもありません。

 

 長時間働くと、疲れて能率も悪くなり、

 健康をそこない、ついには命まで奪われるのです。

 

 人間のいのちと健康にかかわるルールに、

 このような特例が認められていいはずがありません。

 

 繁忙期であれば、命を落としてもよいのでしょうか。

 

 命を落としたら、

 お金を出せばよいとでもいうのでしょうか。

 

 娘のように仕事が原因で亡くなった多くの人たちがいます。

 

 死んでからでは取り返しがつかないのです。

 

私は、国や会社を変えていこうとする、

彼女の活動を心から応援しつつ、

国や会社に頼らない強い生き方を

自ら、啓蒙し続けていきたいと思います。

  

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料


「電通の深層」出版、命を見つめる日に。

2017年03月11日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

2011311日、私は電通本社の26階にいて、

汐留周辺のビルが強風に煽られた木々のように

大きく揺れる様子を見て、恐怖に襲われました。

 

あの日から6年になる本日、私の手元には、

奇しくも、私の体験談が40ページ近く掲載された

「電通の深層」が届きました。

 

私が電通に入社した直後、

上司のデスクに並んでいた一冊の本、

「小説電通」を書いた大下英治さんの作品です。

 

品川のプリンスホテルでお会いした大下さんは、

70歳を超えているとは思えない程にエネルギッシュで、

精力的に執筆活動を続けていらっしゃり、

社会にある問題に深く深く、斬り込んでいく姿勢を

見せてくださいました。

 

広島で1歳の時に被爆され、

お父様を亡くされたという過去を持つ大下さんに、

「命」の大切さを改めて考えさせられた私は、

昨年、社会問題になった電通の過労自殺事件に関連し、

私が体感した電通社内のあらゆる問題を、

真剣にお話しさせていただきました。

 

少しずつ、社会の中で

忘れ去られてしまっているように感じるこの問題は、

日本人の働き方を見つめ直すためにも、

引き続き議論していくべきだと考えています。

 

そのためにも、この本を通して、

改めて、社会に問題提起できれば幸いです。

 

主な内容としては、

 

・東大卒電通新入社員 高橋まつりさん過労自殺死の深層

 

・電通、闇の実態ーこれが天下の電通か

 

NHKと電通ー海老沢勝二 VS 成田豊

 

・永田町と電通ー自民党イコール電通

 

・オリンピック利権ー国家的スポーツイベント儲けの構造

 

・電通は「鬼十則」をなぜ捨てた

 

など、電通問題の核心に迫るものになっています。

 

全国の書店に来週以降並んでいきますので、

是非、ご覧になってくださいね。

 

さて、私自身が電通を退社する決意をしたのも、

東日本大震災の経験から、

いつ、何が起こるかわからないという現実を

目の前に突き付けられたことに加え、

東電の問題を隠そうとするマスコミを見て、

このまま電通に残ったら「共犯だ」と感じたことが

大きく影響しています。

 

本日、311日という日をきっかけにして、

人生を変える決断をしたということです。

 

ですから、本日は、

 

 東日本大震災の悲劇も、

 電通で起こった過労自殺事件も、

 決して風化させてはいけない、、、

 

このような思いを強く持ちながら、

「命」を見つめる日にしたいと思います。

 

日本社会の中で、私達11人が、

自分にできることを考え続け、行動し続けて、

日本をより良い国にしていきたいですね。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料


「信じられる者」こそが「儲かる」

2017年03月05日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

自宅近くに真のナポリピッツァを頂けるお店があり、

ピザが食べたくなる度に家族で食べに行くのですが、

このお店がとても「商売上手」なのです。

 

 

イタリア人の気さくな笑顔で、お食事に合うワインや、

時価での「お肉」や「お魚」をお勧めいただき、

お会計でびっくりすることもあります。

 

 

しかしながら、とても美味しい食材を頂けますし、

温かいサービスをしていただけるので、

また次の機会でも、お任せしています。

 

素晴らしいお食事とサービスを、

「信じて」いるからです。

 

ですから、ビジネスの本質とは、

いかにお客様に信じていただけるか、

信じ続けていただけるかだと感じます。

 

「儲かる」の「儲」という漢字が、

「信じる」「者」、あるいは、「信じられる」「者」、

という言葉で成り立っていると指摘されるように。

 

もし、こちらのお店に通い続ける中で、

会計に合わない食事やサービスだと感じることがあったら、

2度とお邪魔しなくなるでしょう。

 

まやかしの「信用」を創っても、

いずれ必ず、見放されてしまいますよね。

 

それらを認識した上で、私は、

いつまでも信じられるために必要なものは、

「モチベーション」ではなく、「ミッション」で、

人に向き合うことだと思います。

 

何らかの目標値を定め、

そこに向かって行く「モチベーション」も素晴らしいです。

 

しかし、それだけに留まらず、

自分に与えられた「ミッション」を達成するために

信念を貫いていくことが重要だと思います。

 

私がこのお店を選び続けるのも、

 

「本場ナポリの味を届けて、日本の食を変えていく」

 

というミッションを感じるからです。

 

たとえ、安く、それなりに美味しいお店が隣にあっても、

私は、このミッションを感じに行くのです。

 

ですから、私自身も、ビジネスをする中で、

自分のミッションに全力で向き合いたいと考えています。

 

それは、

 

「大企業の時代から、個人の時代へ」

 

新たな生き方、働き方を創り上げ、

日本社会を大きく変えていくことです。

 

特に、電通の問題があってから、

この使命を強く感じています。

 

私に与えていただいた使命を全うするために、

これからも、努力し続けますね。

 

さて、今朝はロンドンからの生中継で、朝4時半から、

X JAPANのウェンブリー・アリーナ公演を観ました。

日本語の歌詞を合唱するロンドンの皆さんの笑顔。

 

日本人としての「誇り」を感じられました。

 

また、「紅」のイントロを弾くHIDEが映し出され、

その映像に熱狂するウェンブリーの様子を見て、

HIDEも、一緒に海外を沸かせていることに感動しました。

 

日本の「文化」と「愛」を、世界に届ける。

 

そして、音楽で、国境や人種の壁をぶち壊していく。

 

彼らの「ミッション」も、見つめ続けたいと思います。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料


電通発表「日本の広告費」に見る異常

2017年02月24日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

電通が発表した「日本の広告費」によると、

インターネット広告費が全メディアの中で

初めて、20%を超えました。

 

各媒体の広告費と構成比は、下記の通りです。

 

・プロモーションメディア 21,184億円(33.7%)

 

・テレビ 19,657億円(31.3%)

 

・インターネット 13,100億円(20.8%

 

・新聞 5,431億円(8.6%

 

・雑誌 2.223億円(3.5%)

 

・ラジオ 1,285億円(2.1%

 

2016年「日本の広告費」)

 

図をご覧になれば、すぐにお分かりになる通り、

新聞、雑誌の広告費が10年で半減している間に、

インターネットは、約4倍と急進しています。

 

ただ、このインターネットの伸び率は

その他の先進国に比較するとまだまだで、

アメリカは、すでにテレビと同等の規模ですし、

イギリスは、テレビを凌駕しています。

 

日本は、ネットへの転換でかなり出遅れているのです。

 

私が電通で営業を担当していた頃を振り返ると、

いかに利益が取れる「テレビ」に寄せるかという意識が

常に働いていましたから、その力が、テレビの下降を防ぎ、

インターネットの伸びも抑止していることは

否めないと考えています。

 

私達が日々接するメディアがこれだけ変化しているのに、

テレビが広告費を維持しているのは「異常」なことで、

その裏には、何かがあると考えるべきなのです。

 

そして、そのように数字を何らかの力で歪めてしまうと、

バネが反発するように、どこかで必ず、

何らかの揺り戻しが起こると、私は考えています。

 

一方、インターネットの声を見ると、

 

「そもそも、不正請求をする会社が出す数字は信用できない」

 

「架空請求の広告費も入っているのですか?」

 

などというものもあり、

一度失った信頼を回復するのは

本当に大変なことだと感じています。

 

私がお世話になった古巣ですから心苦しいですが、

これから信頼を回復できるよう、

努力して欲しいですね。

 

さて、今後の未来展望において間違い無いのは、

インターネットの広告費が確実に伸び続けていき、

そのプラットフォームに乗った人の中から、

人生を激変させる人が出てくるということです。

 

ただ、一つ、注意点があります。

 

インターネットは「上りのエスカレーター」ですが、

すでに、満員御礼になっているエスカレーターも複数あります。

 

そのエスカレーターに無理矢理乗ると、

エスカレーター自体が壊れてしまい、

乗っていた人が大ケガをしたり、

一気に落ちていくリスクがあるのです。

 

私達に大切なのは、いかに、

空いている上りのエスカレーターを見つけるかです。

 

市場を見つめていると、

 

「このエスカレーターはぐんぐん上っていて、

 誰も気付いていなくて、快適だな、、、」

 

というものを、いくつも見付けます。

 

このようにアンテナを張って、

家族や仲間を、そのエスカレーターで

幸せな人生に導いていきたいですね。

 

追伸;

 

息子は42ヶ月になりました。

 

 

 

先月の41ヶ月はお店でのお祝い写真を掲載したので、

自宅で撮り直したものも、改めてアップします^^

 

 

娘はいつも笑顔なのですが、

集合写真ではいつも、無表情(怒ってる?)ですが、、、

 

でも、このような表情も大好きです!ww

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料


就職人気ランキングの「罠」と「チャンス」

2017年02月19日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

起業直後に私が作成した資料を改めて見て、

就職人気ランキングの罠を思い知りました。

 

8位:JAL

11位:電通

18位:フジテレビ

27位:シャープ

28位:東芝

2005年リクルート調べ)

 

破綻したり、社会的な問題を抱えたり、

買収されたり、経営難に陥ったり、、、

 

昨今、苦境に立つ企業ばかりが、

ランキングの上位にいることを改めて感じたのです。

 

その一方で、そこには、「光」もあります。

 

たとえば、関空とホノルルを

片道12,900円で飛ぶ「エアアジア」のような、

コストを抑えたLCCの台頭。

 

インターネットの拡散力と

個人へのカスタマイズ広告で躍進している

Googleなどの発展。

 

電波という利権で最強メディアだったテレビに対抗し、

映像と音声による手作りの情報発信を担った

YouTube」や「ニコニコ動画」。

 

技術力を磨き続け、低価格で高品質を実現した

韓国や台湾などの家電企業、

洗練されたデザインや機能性を持つことで

圧倒的なブランドを構築したApple

 

2005年当時に社会的地位が高かったものの、

現時点では窮地に陥っている企業の裏には、

必ず、社会を改革し、大きな成果を生み出す企業が

存在していることに気付きました。

 

投資家的に見ると、

凋落している企業が多い業界こそ、

「買い」の業界であり、

イノベーションのチャンスが眠っている、

ということです。

 

それら事業の根本が、

人間の根本的な欲求に基づいている限り、

そして、ニーズが消滅していない限りは、

既存の「商品」や「サービス」を

少しでも革新できた企業や個人が勝つ、

ということですね。

 

私自身も、

「人生をより豊かにしたい」というニーズに対し、

長く学び続けた「広告」の知見を活かして

自分なりの「商品」や「サービス」で応えたことで、

多くの方に支持していただけるようになりました。

 

凋落する何かの裏にある「光」を見つめて、

自分自身が歩む方向を定めていけば、

より豊かな人生を歩んでいくことができますね。

 

追伸;

 

写真は、アイスクリームを食べてみたいという

妹の可愛いニーズに応えてあげる、お兄ちゃんです^^

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料


労働環境改革に70億円、電通の後輩から…

2017年02月16日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

会社員時代に可愛がっていたものの、

私が退社してから音信不通になっていた後輩から、

4年ぶりに連絡がありました。

 

「先輩、ごめんなさい。

 正直に申し上げると、先輩のこと、

 バカにしてしまっていました。

 

 突然、電通を辞めてしまうなんて、

 有り得ないことだと感じていました。

 

 でも、昨年の電通の様々な問題があって、

 先輩の活躍を拝見してから、、、

 

 ずっと先輩の連絡を無視していた自分を

 恥ずかしく思いました。

 

 バカだったのは、僕でした。。。」

 

私自身は、「バカ」であることを否定しません。

 

世界の歴史を見ても、社会を改革している人は、

誰もが、常識外の言動をしているように感じるからです。

 

現在の、私の娘のような「赤ちゃん」が

何でも好奇心を持って食べようとするように、

好奇心旺盛にトライする人の中に、

奇跡を起こす人が現れています。

 

たとえば、スティーブ・ジョブズは、

「インド放浪」や「禅の修行」が転機となり、

マーク・ザッカーバーグは、Facebook

「女子大生人気投票サイト」でスタートしました。

 

予期せぬ行動が、予期せぬ成功を産み、

社会が大きく変わっています。

 

そして、フロンティア精神が、アメリカを作り、

そのアメリカが、世界を牽引しています。

 

新たな挑戦は、当然失敗することも多いので、

「常識人」はバカにして敬遠しますが、

だからこそ、挑戦した人が報われるのです。

 

若者・バカ者・よそ者こそが、

「次代」を切り拓くということですね。

 

電通の山本敏博新社長は、

「労働環境改革費用」として、

2017年に70億円を投資すると発表しています。

 

一時的な減収減益を、

中長期の成長のための必須プロセスとして、

電通を改革しようと本気で挑むようです。

 

そこで、後輩にはこう伝えました。

 

「おまえが個人で自由に生きたいなら、

 俺が直接指導するよ。

 

 でも、電通は生まれ変わろうとしている。

 

 

 だから、電通に残るのなら、

 その改革を役員に任せずに、現場から、

 会社を変えていって、社会を変えて欲しい。

 

 俺は、どれだけバカにされても、

 引き続き、「個人の時代」を到来させるべく、

 努力していくよ。

 

 お互い、バカであり続けようぜ。」

 

彼とは、近日中に飲みに行って、

人生を語り合いたいと思います。

 

さて、私は、子供の教育でも、常識に染まらず、

視野を拡げていくことを重んじています。

 

ですから、今日の写真のように、

息子がちょっと個性的な表情をしてくれると、

「よし、子育て順調!w」と感じます^^

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料


「電通事件」出版、命に感謝する誕生日

2017年01月28日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

本日1/28は、私が命をいただいてから38年目、

娘が産まれてきてくれてから9ヶ月目という

奇跡に感謝する1日です。

 

昨夜0時から、多数のお祝いメッセージをいただき、

心より、感謝申し上げます。

 

昨年の誕生日は、家族で京都に旅行をして、

妻のお腹の中に娘の命を宿したことを、

京都からご報告させていただきました。

 

今年は、無事に産まれた娘も一緒に、昨夜、

前夜祭でお祝いし合えたことを幸せに感じながら、

新居の真新しい空間でゆっくり過ごしています。

 

 

昨年は、私の古巣である電通で過労自殺問題が起こり、

各メディアで電通を糾弾する報道をする際に、

元社員としての私の声を取り上げていただきました。

 

そして、その集大成として、

フリージャーナリストの北健一さんが総力取材された

 

「電通事件~なぜ死ぬまで働かなければならないのか~」

 

が、1/25に旬報社から発売され、ちょうど本日頃から、

全国の書店に並んでいます。

 

 

 

どうしてこのようなことが起こったのか、

この過ちを繰り返さないためにはどうするべきか、

私の見解を多く取り上げていただいていますので、

是非、ご覧になってください。

 

私達は今、働き方を問われています。

 

その一つの示唆として、息子には、

ウルグアイのムヒカ大統領のスピーチを絵本にした

 

「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」

 

を与え、一緒に読んでいます。

 

 

 

 

大統領としての給料の大半を貧しい人に寄付し、

公邸に住まずに農場に暮らす彼は、こう言っています。

 

「貧乏とは、少ししか持っていないことではなく、

 かぎりなく多くを必要とし、

 もっともっと欲しがることである。」

 

「命よりも大事なものはありません。

 必要以上にものを手に入れようと

 働きづめに働いたために、

 早々に命が尽きてしまったら・・・?」

 

現代の日本人は、全員が、ムヒカ大統領の言葉に

耳を傾けるべきだと思います。

 

電通で起こった悲劇も、

2012年のリオデジャネイロ国際会議で

ムヒカ大統領が指摘したことをしっかり聞いていれば、

防げたことではないでしょうか。

 

電通とご遺族は合意が成立していますし、

新社長が発表されて体制も大きく変わるようですから、

私は、これからの変化を見守りたいと思います。

 

ただし、もちろん、何も変わらないようであれば、

日本社会のためにも、引き続き、古巣に対して、

刃を向け続けたいと考えています。

 

私達は発展するためにこの世に生まれたのではなく、

幸せになるために、この惑星に生まれた。

 

今日はそのことを、改めてしっかり考え、

これからの生き方、働き方を自らに問います。

 

そして、未来の日々においても、

人生をたっぷり味わっていきたいと思います。

 

あなたも、今日は生き方、働き方を

少しでも考える日にしていただければ幸いです。

 

私の人生に関わってくださるすべての皆様、

本当にありがとうございます!!

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料