■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2022年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「電通暴力事件」赤裸々に語ります

2022年04月30日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

私は、電通の入社1年目に上司から殴られて、

頸椎損傷の怪我を負いました。

 

「全治3週間」という診断でした。

 

すぐに、警察に届けて、

刑事事件にしてもらおうと考えましたが、

様々な理由で、見送りました。

 

その後、望んでいた部署に異動となり、

やり甲斐を感じられる仕事もできましたが、

結果的には、

 

・やはり、電通の風土が合わなかった

 

・労働者であり続けることに限界を感じた

 

・いつまでも広告主の奴隷だと思った

 

・インターネットの台頭に勝機を見出した

 

などの理由により、退社しました。

 

そして、メルマガやSNSで、

電通の悪しき文化に関して、

私なりに発信していました。

 

「私のように、縦社会の中で苦しみ、

 パワハラや暴力の被害を受けて欲しくない」

 

という思いが強くありましたし、

 

「良い大学・良い会社の時代が終焉したこと」

 

を、広く伝えたいと思っていました。

 

すると、毎日新聞出版の

 

「週刊エコノミスト」が取材してくださり、

田原総一朗さんなどと名を連ねて、

私の見解を取り上げてくださいました。

 

その中でも、私が電通で体験した

暴力事件のことに触れ、

マスコミの力を借りて多くの方に、

この事件が知られることになりました。

 

ただ、その誌面でも、

この事件の真相や詳しい状況は、

お伝えし切れていませんでした。

 

今回、当時を思い出しながら、改めて、

事細かに、赤裸々に語らせていただきました。

 

 

 

「怒り」や「悲しみ」の感情が湧き上がり、

暗い映像になってしまったかもしれませんが、

私は、この事実をもっと多くの方に

伝えていく義務があると感じています。

 

是非、こちらからご覧になってください。

 

【電通暴力事件】元社員が赤裸々に語ります

 


 

なお、動画の中でもお話ししていますが、

お子様がいらっしゃる親御さんには、

次の被害者を出さないように、お子様にもシェアして、

一緒にご覧いただきたいです。

 

私のこのような発信が、

日本社会を少しでもより良くする未来に

繋がることを願っています。

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

会社を解雇された先に、年商1億円

2022年01月08日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

大きな成功を勝ち取っている方の大半は、

過去に、大きな痛みや傷を抱えています。

 

「数千万円の借金があった」

 

「日常生活が困難になる程の

 大病をしてしまった」

 

「大切な方を亡くしてしまった」

 

「親族や親友の保証人になって裏切られた」

 

「自己破産した経験がある」

 

乗り越えられない程の苦悩を背負って、

その先に、人生を激変させたのです。

 

何の痛みも無く、

生まれてきてからずっと順風満帆に

人生を豊かにしている人は、きっと、

1人もいないのではないでしょうか。

 

私自身も、実の父親に捨てられ、

2番目の父親からは、虐待を受けました。

 

電通では、パワハラ・暴力の嵐でした。

 

私が味わった痛みなど、

他の方から比べると、

大したことは無いかもしれません。

 

それでも、

私なりに抱えた苦しさを脱却するために、

努力を重ね続けた先に、現在の幸せがあります。

 

そして、この方も、

大きな痛みを負った先に、

人生を劇的に変えられたお1人です。

 

博報堂という一流の広告代理店に勤められ、

スター社員としてご活躍されていたのに、

突然、会社から解雇されてしまった、

三浦孝偉さんです。

 

その経緯を、私は深くお聞きしましたが、

組織にあった罪を、不運にも、

三浦さんお1人に被せられたと、私は感じました。

 

私が勤めていた頃の電通では、

当たり前のようにあった光景なので、

“罪”と言い切ることもできないようなことで、、、

 

「関係者達に、殺意を覚えた」

 

三浦さんはそうおっしゃっていましたが、

もし私だったら、本当に、

その行動をしてしまったかもしれません。

 

そのくらいの、許し難い悲劇です。

 

でも、三浦さんは、乗り越えられました。

 

「組織から切り捨てられ、人間不信になり、

 しばらくは塞ぎ込んでしまった」

 

「でも、家族のために収入を得なければならない。

 だからこそ、ネットビジネスに光を求めた」

 

「その場で、先に活躍していた藤沢涼の存在は、

 とても有り難かった」

 

そうおっしゃってくださった三浦さんは、

瞬く間に、年商1億円を達成されます。

 

業界全体が、玉石混交の情報に溢れていた頃も、

三浦さんは、

 

「俺は、本物しか紹介しない」

 

というポリシーを貫かれました。

 

そのスタンスで達成された、年商1億円。

 

常軌を逸しています。

 

このように美しくビジネスをされ、

大成功されている三浦さんが、

昨年末、リアルセミナーを開催されました。

 

度肝を抜かれるような

素晴らしい内容であったことは、

私の記事に綴った通りです。

 

そして、そのセミナーを受講できるチャンスが、

この新年、また東京と大阪にやってきました。

 

前回のセミナーへの複数の方の感想も、

募集ページに掲載されていますが、

素晴らしいメッセージが揃っています。

 

意識の高い皆様が、

高く高く評価されたリアルセミナー。

 

私の感想も、“元電通 起業家”として

掲載してくださっているので、

セミナーの詳細とあわせて、ご確認ください。

 

http://fujisawa-ryo.com/koim202112_b

 

ZOOMでは感じることが難しい、

三浦孝偉さんの熱い熱い、魂。

 

セミナー会場で、リアルに感じてくださいね!

 

追伸;

 

昨年末の会場での三浦さんとの2ショットと、

お酒の席での2ショットを再掲載します。

 

 

多くの方がおっしゃるのですが、

三浦さんの凄さは、

飲みの場でこそ、最大化します。

 

飲みニケーションの真髄、

もし学べる機会があったら、

逃さないでくださいね^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆藤沢涼のスマホ在宅「月収5万円」プロジェクト

 

完全在宅で、まずは「月収5万円」を

着実に得ていきたいあなたへ。

 

こちらから、私のLINEにご申請の上で、

「お名前」と「藤沢涼 無料コンサル希望」

というメッセージをお送りくださいね。

 

http://fujisawa-ryo.com/smart_b

「電通」と「博報堂」の違いが、ここに

2021年12月21日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

クリスマスが近付き、寒さが厳しくなる中、

渋谷で開催された三浦孝偉さんのセミナーに

参加させていただきました。

 

全体3時間の中、私は元々の先約があり

前半1.5時間しか滞在できなかったのですが、

大変多くのことを学ばせていただいた、

素晴らしい時間でした。

 

三浦さんは、まず、

2021年を深く振り返って、

解説してくださいました。

 

社会の大きな変化を様々な指標で切り取り、

それぞれを具体的に教えてくださって、

これからも、発信する個人が

大きな力を持ち続けることを学びました。

 

また、SNSを牽引してきた

「Facebook」が「メタ」に社名変更し、

大きく変化していく発信媒体の中で、

どのように行動するべきかを

提議してくださったので、改めて、

私も情報を取って、進む道を決めたいです。

 

アメリカをはじめとした各先進国が、

製造業から知識産業へと

あっという間に移行していく中、

日本はそれが極端に遅れ、

お金持ちが全く増えず、

中間層ばかりになっています。

 

私達が立ち上がり、多くの個人と共に、

この遅れを取り戻すことが、

とても大切だと感じましたし、それが、

社会を少なからず改革する未来に繋がると

希望を持ちました。

 

なお、

 

「ネットを使った個人ビジネスは、

 もう飽和状態だ!」

 

「今から参入は遅い!」

 

などと感じる方が多いと思いますし、

私の大学の同級生や元同僚にも、

このような見解を持つ方が

少なくないです。

 

しかしながら、

まだまだブルーオーシャンのLinkedinなど、

チャンスはこれからも拡大していくので、

躊躇せずに動き出すことが、

とても重要だと強く感じました。

 

全体を通して、

論理的でスマートにまとまったセミナーは、

さすが、元「博報堂」の三浦先輩!

 

元「電通」の私の場合は、

勢いで大雑把な資料を作ってしまうので、

見習わなければ、、、と反省しました。

 

後半こそ、真剣に聞きたかったので、

かなり後ろ髪引かれましたが、

また次の機会に学ばせていただきたいです。

 

さて、渋谷の街中は、

たくさんの方で賑わっていましたが、

三浦さんの素晴らしいセミナーの会場は、

ご参加者が想像よりもずっと少なかったです。

 

 

 

年末の急なお誘いだったこともありますが、

きっと、ZOOMに慣れてしまい、

出不精になっている方が多いのだと思います。

 

オンラインに甘えず、

足を運んで取るべき情報も、多くあります。

 

次のチャンスは、ZOOM依存症を脱して、

しっかりと掴んでくださいね!

 

12/27の大阪の回は、

来年にリスケされるとのことですから、

ご参加ご希望される方は、

是非、私にメッセージください^^

 

追伸;

 

三浦さんと2ショットを撮りましたが、

三浦さんがこんなに大きかったことに

今更ながら気が付きました!

 

 

私は182cmなのですが、

三浦さんは、185cmだそうです^^

 

リアルだからこそ体感できる、

THE・高身長でした~!

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆藤沢涼のスマホ在宅「月収5万円」プロジェクト

 

完全在宅で、まずは「月収5万円」を

着実に得ていきたいあなたへ。

 

こちらから、私のLINEにご申請の上で、

「お名前」と「藤沢涼 無料コンサル希望」

というメッセージをお送りくださいね。

 

http://fujisawa-ryo.com/smart_b

「電通マン」を諦めました

2021年12月05日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

電通の同期や先輩達との会合が続いたので、

電通関連の話題が続いていますが、

もう少しお付き合いください。

 

私は、電通マンであり続けることを諦め、

家族との時間に溢れたライフスタイルを

絶対に諦めなかった。

 

そんな気持ちも、強く思い出しました。

 

私達日本人は、

 

「努力する」

 

「がんばる」

 

「あきらめない」

 

ということを大切にしています。

 

これらは至上の美徳と信じられていますし、

この風潮が高度経済成長を招いたことは

間違いないでしょう。

 

しかし、経済が縮小に向かう現代では、

この日本人らしさが、自分を苦しめていると

認識するべきだと感じています。

 

あきらめるべき時にあきらめないことが、

人生を負の方向に導いている側面を

知るべきだということです。

 

例えば、終身雇用、年功序列が当然の過去には、

会社員として、あらゆることを我慢することが

幸せへの近道でした。

 

理不尽な上司、過労やストレス、自由の欠如、、、

 

このようなものを我慢し、乗り越えて、

そのご褒美として出世していくことが、

幸せの階段を登ることに繋がったのです。

 

ところが、現代では、出世の道は

あっという間に、閉ざされてしまいました。

 

例え、運良く出世できたとしても、

責任だけが増えて、収入が増えない時代です。

 

そのような環境では、

「あきらめない」と意固地になることで、

かえって、不幸に導かれてしまうのです。

 

私は、出世をあきらめました。

 

エリートサラリーマンであり続けることを

あきらめました。

 

社会的体裁を気にする人生をあきらめました。

 

そうすることで、

私の人生のビジョンは明確になり、

本当に望んでいた人生を手にすることが

できるようになったのです。

 

つまり、「あきらめる」ことで

幸せを手にするという、

これまでの日本の美徳と真逆の価値観で

生きているのです。

 

仕事、結婚、恋愛、体裁、美貌、友情、、、

 

大切な何かを「あきらめる」ことは、

喪失体験を伴いますので、苦しいものです。

 

しかし、あきらめられないことが、

心をもっと苦しめて、うつ病などの疾患に

追い込まれていることも事実です。

 

ですから、私達は、時に、上手に、

あきらめる方法を手にすべきだと考えています。

 

本日の写真は、息子「8歳11ヶ月」、

娘「5歳7ヶ月」のお祝い写真です。

 

私は、電通マンであり続けることを諦めて、

本当に良かったです。

 

毎月、子ども達の成長を見守り、

ゆっくりお祝いできる人生に感謝です^^

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆藤沢涼のスマホ在宅「月収5万円」プロジェクト

 

完全在宅で、まずは「月収5万円」を

着実に得ていきたいあなたへ。

 

こちらから、私のLINEにご申請の上で、

「お名前」と「藤沢涼 無料コンサル希望」

というメッセージをお送りくださいね。

 

http://fujisawa-ryo.com/smart_b

電通に火をつけてやる!

2021年12月04日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

昨日の記事では書かなかったのですが、

せっかく思い出した大切な感情なので、

ここに綴っておこうと思います。

 

電通の先輩達と10年以上ぶりにお会いして、

私が電通を退社した直後の感情が

急に蘇ってきました。

 

私が電通に対して抱えていた負の思いは、

 

・上司からの暴力

 

・長時間のサービス残業

 

・奴隷のような扱い

 

・激しい男尊女卑

 

・社内に当然のようにあったセクハラ

 

・大企業への忖度

 

・マスコミと共犯の偏向報道

 

などから成り立っています。

 

入社前に想像していた高貴な雰囲気と、

悪しき文化が蔓延る実態のギャップに、

私は、呆然とする日々を送りました。

 

そして、久しぶりにお会いした先輩達から、

 

「おまえ、部長へのメールで、局長にCC入れて

 サービス残業の件を告発したよな?」

 

「若手なのに、支配層への反逆的な姿勢を貫いたよな」

 

「辞めた後にメディアで電通を批判する前から、社内でも、

 妙に正義感が強過ぎるところがあったよな」

 

こう言われて、思い出しました。

 

自分がおかしいと思うことが黙っていられず、

理不尽な人間に強くぶつかっていったのです。

 

そんな私が一番血気盛んだった新入社員の頃、

配属した部署では、上司から殴られて、

頚椎損傷の怪我を負いました。

 

刑事事件にする直前で思い留まり、

別の部署に異動することになったのですが、

ずっと、

 

「あの部署にだけは、絶対に異動したくない」

 

そう感じていました。

 

殴った上司もいなくなっていましたが、

あの自己尊厳を破壊された嫌な気持ちを

思い出してしまうからです。

 

その後に配属したどの部署でも、

部長に対してこの気持ちを伝えていたのに、

きっと、私への嫌がらせでしょう。

 

私は無惨にも、

その部署への異動を命じられました。

 

完全なるイジメだと、私は感じました。

 

私なんて所詮、組織のコマでしかなく、

こんなところで働き続けたら、

心身を完全に壊されると嘆きました。

 

その辞令が出た日、私は汐留の本社ビルに、

火をつけてやろうと思いました。

 

もちろん、それは実行していないから、

犯罪者にならずに済んでいますが、、、

 

こうして、

自分の中でも封じ込めていた嫌な気持ちを、

先輩達との再会で思い出しました。

 

そして、本当はこんな感情を公にしたく無いですが、

そんな過去がある私が、今、

こうして幸せに生きていることから、

少しでも力を得て欲しいと思いました。

 

人生は変えられるのです。

 

不快に感じた方がいらっしゃったら、

申し訳ないです。

 

私は日々、できるだけ、

明るい記事を書きたいですが、

過去の闇があったからこその、今の光です。

 

ご理解くださいますと幸いです。

 

さて、本日の写真は、息子とステーキ!

 

 

純粋無垢な息子には、

私が味わったあんなに辛い思いだけは、

絶対に味わわさせたくないです。

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆藤沢涼のスマホ在宅「月収5万円」プロジェクト

 

完全在宅で、まずは「月収5万円」を

着実に得ていきたいあなたへ。

 

こちらから、私のLINEにご申請の上で、

「お名前」と「藤沢涼 無料コンサル希望」

というメッセージをお送りくださいね。

 

http://fujisawa-ryo.com/smart_b

電通の先輩達と、久しぶりの会合

2021年12月03日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

先月、電通の同期達と飲んだばかりですが、

昨晩は、電通の先輩達と飲みに行きました。

 

私が退社する3年くらい前に所属した部署で、

お昼も夜も、頻繁にご一緒していた方々です。

 

電通という会社は超縦社会で、

後輩をいじめるような

高圧的な態度の人が多い中で、

この方々は後輩思いで、優しく、

温かく接してくれていました。

 

私は恩知らずな人間で、

このお世話になった先輩方にも、

退社のご挨拶をせずに、突然辞めています。

 

「不義理な人間で申し訳ないです。

 でも、こうしてお誘いいただいて、

 本当に嬉しかったです」

 

今回は、お2人の中でも年上のHさんから、

 

「最近の活躍、すごいな。

 仕事でも相談したいことがあるから、

 久しぶりに飲みに行かないか?」

 

そう誘っていただいたのです。

 

もう1人のOさんと私は、

一緒にステージに立った

バンドファミリーでもあります。

 

そのOさんからも、

 

「音楽という道ではないけど、

 文章の記事配信という形で

 多くのファンに恵まれているんだから、

 おまえは“言葉のアーティスト”だよ」

 

と持ち上げていただきました。

 

Hさんが、すかさず、

 

「いやいや、その表現、、、

 たいして上手くないから!」

 

とツッコんで笑い合う、

とても楽しい夜でした。

 

10年以上お会いしていませんでしたが、

ブランクを感じないで盛り上がる、

あっという間の時間。

 

「おまえ、この話題は記事にするなよ」

 

そう釘を刺された

最新の電通の情報があるのですが、

約束なので、ここでは控えます。

 

間違いなく言えるのは、この10年で、

電通ブランドが崩壊したことです。

 

それを予見し、

インターネットに生きる道を変えた私ですが、

 

「おまえがHIKAKINくらいに有名になってたら、

 もっと面白かったのになあ」

 

と言われたことが、

少し悔しくもありました。

 

「電通から発注するインフルエンサー案件で、

 おまえを指名できるくらいになってくれよ」

 

別れ際に言われた言葉は、

まだまだ力不足であることを感じたと共に、

より向上する意識を持つきっかけとなり、

感謝しています。

 

「いや、あれだけ電通をディスったおまえには

 発注できないかもしれないけどな」

 

とも言われましたが(笑)、

いつか、実現したいです。

 

お立場があるお2人の顔は隠しますが、

3ショットもアップします!

 

 

Oさんが選んでくださった

代々木公園「イルキャンティ」、

江ノ島店以外は初めてでしたが、

とても美味しかったです^^

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆藤沢涼のスマホ在宅「月収5万円」プロジェクト

 

完全在宅で、まずは「月収5万円」を

着実に得ていきたいあなたへ。

 

こちらから、私のLINEにご申請の上で、

「お名前」と「藤沢涼 無料コンサル希望」

というメッセージをお送りくださいね。

 

http://fujisawa-ryo.com/smart_b

「電通入社20年目」奇跡の同期会

2021年11月17日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

約2週間前、私はジムのサウナで、

電通の同期と遭遇しました。

 

20年目で東京五輪担当部長でもある彼は、

9年前に退社した私のことなど、

あまり相手にしないと思っていたのですが、

その後も、LINEのやり取りを続けてくれて、

同期会を開催してくれることになりました。

 

そして、特に仲良しだった4人が集結。

 

この9年間のお互いのドラマを、

深く語り合いました。

 

その奇跡的な会合の中で、私は、

大きな勘違いをしていたことに

気が付きます。

 

「電通を辞めた奴は敵」

 

「さらに、辞めた電通を叩く奴は論外」

 

まだ電通に残る2人と、

少し前に転職した1人の3人からは、

そんな見方をされていると思っていましたが、

少なくとも、ここに集まってくれたメンバーは、

私に対して全く批判的な目を持たず、

温かく見守ってくれていました。

 

「高橋まつりさんの事件の時は、

 あいつ、電通を叩いてるなあと思ったよ。

 でも、おまえの見解も、良く分かるよ」

 

そう言って迎え入れてくれて、

こうして久しぶりに集えたことを、

とても喜んでくれました。

 

お酒が進んでいくと、

同期の名前が次々に出て、

 

「Aは全く出世できてない!」

 

「Bは結婚する気配もない!」

 

「俺ら同期に、スター電通マンいなくない?」

 

なんて話で盛り上がり、

新入社員だった頃のように笑い続け、

あっという間に、時間が過ぎ去りました。

 

特に印象に残ったのは、

 

「ちょっと待って、

 29%オフのクーポンの上限は、

 5000円だから!食い過ぎだろ!」

 

なんて声が出て、お肉を我慢したことです。

 

起業家仲間と飲みに行くと、

余るほどに食事を注文して、

 

「シャンパン入れようか?」

 

「よし、漢気ジャンケン!」

 

などと、どんどん消費する機会が

とても多くあります。

 

年収が1500万円〜2000万円もある

トップクラスの会社員達が、

会計をしっかり気にしたことは、

とても新鮮でした。

 

また、私が忘れかけていたこの感覚は、

とても大切だと考えさせられました。

 

ただ、

 

「俺らが金使わないと、経済回らんだろ!」

 

と突っ込んで、結果的には、

2次会までたくさん食べ、

たくさん飲んで、満腹でお開き。

 

また人数拡大して、

忘年会か新年会をしたいと思います。

 

いやあ、、、、

 

あんなに大嫌いになっていた電通のことが、

同期3人のおかげで、

また少し、愛せそうです。

 

電通を叩いてきた私との4ショットなので、

3人の顔は隠しますが(右下の人が隠せと言いました)、

集合写真をアップしますね!

 


 

クーポンクーポンうるさかったのも、

右下のK.Sです!笑

 

本当は晒したい!!ww

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆藤沢涼のスマホ在宅「月収5万円」プロジェクト

 

完全在宅で、まずは「月収5万円」を

着実に得ていきたいあなたへ。

 

こちらから、私のLINEにご申請の上で、

「お名前」と「藤沢涼 無料コンサル希望」

というメッセージをお送りくださいね。

 

http://fujisawa-ryo.com/smart_b

サウナで、電通の元同僚と遭遇!

2021年11月02日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

トライアスロンで全身筋肉痛の中、

少しでもコンディションを整えようと、

ジムでストレッチをしてから、

サウナに入りました。

 

平日のお昼間は空いているので、

ほぼ貸切の日もあるくらいなのですが、

サウナの扉を開けてすぐ、奥の方に、

知っている顔の人がいることに気付きました。

 

「Kだよね?久しぶりー!」

 

K君は、電通の同期で、20年前、

新入社員として苦楽を共にした仲です。

 

彼は、関西支社に配属となり、

東京支社配属の私とは、

距離が遠く離れてしまいました。

 

さらに、お互いが激務になったので、

研修期間が終わった後は

あまり会えなくなっていましたが、

定期的に楽しくお酒を飲める、

良き同僚の1人でした。

 

K君は今でも、

電通を辞めずに頑張っていて、

東京五輪を担当する部署の部長。

 

関係各社も含めると、

150人くらいを率いるリーダーの立場で、

激務をこなしてきたそうです。

 

東京五輪が無事に終わってからは、

一気に仕事が少なくなって、最近は、

テレワークで穏やかな日々を

送っているそうですが、開催前と開催中は、

本当に大変だったとのこと。

 

「正直、羨ましいよ。

 

 あんなにダイナミックな仕事、

 電通に勤めてないとできないからさ。

 

 電通を辞めたことを後悔する1つの仕事が、

 東京五輪だよ」

 

そう伝えた時に、

少し誇らしそうにしたK君が、

また一段とカッコ良く感じました。

(Kは同期トップレベルのイケメン、THE電通マン)

 

「Kみたいに頑張ってる元同僚がいるのに、

 電通に苦言を呈するような発信をしていることは、

 正直、心苦しいよ」

 

そう付け加えましたが、

 

「いや、おまえの判断は正しかったよ。

 

 実際にこの10年で、社内は大きく変わった。

 あれだけ厳しく指導されてきた俺達も、

 今は、部下を叱ることさえ気を遣う」

 

電通愛がとても大きいK君に、

私は嫌われていると思っていましたが、

退社した私の立場も理解してくれていることを、

嬉しく思いました。

 

「ちょうどコロナも落ち着いたし、

 SとかHとかも誘って、飲みに行こうぜ!」

 

ふとしたきっかけで、

また電通の仲間達と交流が持てそうで、

色々と深い話ができることを楽しみにしています。

 

追伸;

 

本日の写真は、

 

・電通勤務時代の私

 

 

・汐留の電通社屋(現在は売却)

 

 

・元電通マンとしてテレビ出演した最新画像

 

 

です^^

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆藤沢涼のスマホ在宅「月収5万円」プロジェクト

 

完全在宅で、まずは「月収5万円」を

着実に得ていきたいあなたへ。

 

こちらから、私のLINEにご申請の上で、

「お名前」と「藤沢涼 無料コンサル希望」

というメッセージをお送りくださいね。

 

http://fujisawa-ryo.com/smart_b

電通勤務時「レッドブル」の話

2021年10月24日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

私が電通で入社7年目に所属した部署が、

レッドブルを担当していました。

 

私達のデスクの真ん中に、

レッドブル缶デザインの冷蔵庫があり、

その中には、山盛りのレッドブルが冷えて、

毎日、飲み放題でした。

 

この広告効果は絶大で、

私達の部署の近くを歩く媒体担当を捕まえ、

レッドブルをご馳走し、

良いテレビ枠、新聞枠、雑誌枠、ラジオ枠を

割安で獲得していきました。

 

彼らも、レッドブルをタダ飲みできるので、

定期的に遊びに来ては、良い媒体枠の

お土産をくれました。

 

そのような環境の中で、私も毎日、

レッドブルを飲み続けました。

 

多い日は、1日4〜5本。

 

そのうち、朝起きてから出勤するまで、

レッドブルで頭が一杯になり、

日中の仕事中にずっと飲み続け、

残業時にもレッドブルを相棒に

ギリギリ終電まで、頑張りました。

 

あの頃は、完全にレッドブル中毒でした。

 

カフェインと砂糖の中毒性の凄さを、

自らの身体で体感しました。

 

部署異動になってからは、

飲む機会が減っていましたが、

街中のサンプリングや

スポーツイベントの協賛を見る度に、

飲みたくなるエナジードリンクでした。

 

それだけ、糖質とカフェインの爆弾で、

身体が欲してしまうということですね。

 

あの部署にいた後半は集中力が散漫になり、

ぶくぶくと太ってしまったので、

ネガティブな側面があるのも事実ですが、

一瞬で元気になるのも、間違い無いです。

 

アスリートが、

自らの身体を極限で追い込んだ時は、

冷えていないぬるいコーラでも

最高に美味しいと感じるそうです。

 

レッドブルも、きっと同じでしょうね。

 

さて、そのレッドブルは、

私がエントリーしている

九十九里トライアスロンに協賛しています。

 

私の自宅に、

 

「翼をさずかれば、九十九里でも最高の

 パフォーマンスを発揮できるかも?」

 

 

というメッセージカードと共に

レッドブルが2本届きました。

 

 

久しぶりに飲んでみようと、先程、

ウィスキー割りで飲んでみたところです。

これは、ちょっと美味しい飲み方を発見!

 

またハマってしまいそうです!笑

 

これまでのトレーニングの成果で、

海でも1.5km泳げるようになったので、

ここからは追い込み過ぎず、

万全な体調を維持できるように

身体を整えていきたいと思います^^

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆藤沢涼のスマホ在宅「月収5万円」プロジェクト

 

完全在宅で、まずは「月収5万円」を

着実に得ていきたいあなたへ。

 

こちらから、私のLINEにご申請の上で、

「お名前」と「藤沢涼 無料コンサル希望」

というメッセージをお送りくださいね。

 

http://fujisawa-ryo.com/smart_b

電通の上司に「完敗」した日

2021年07月11日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

ビジネスにおいても、恋愛においても、

“自分の正義”が“相手の正義”と

 

「違う」

 

という認識が、

とても大切だと考えています。

 

例えば、

 

「連絡は、電話でするのが礼儀だ」

 

という正義を持っている人と、

 

「相手の時間を邪魔しないように、

 メールで連絡するべきだ」

 

という正義を持っている人は、

どちらが正しいとは言えません。

 

違う正義を持っている者同士ならば、

どちらかが歩み寄らなければ、

その関係性は破綻してしまいます。

 

理想はお互いが歩み寄ることですが、

相手の力が大きいのであれば、

こちらから歩み寄る意識が大切ですね。

 

私が広告代理店で会社員をしていた頃、

クライアントの社員から、

ある大物アーティストの

コンサートのチケットを依頼されました。

 

広告代理店の営業は、このような

“チケット屋”を兼ねることも多く、

無理難題をクリアすることで、

次の大型発注につながるようなことも

珍しいことではありませんでした。

 

ところが、若かった私は、

本業の広告をしっかりやれば良いと捉え、

そのアーティストのチケットだけは難しいという

同期からの情報だけで、早々に諦め、

クライアントに謝罪の連絡をしました。

 

諦めきれないクライアントは、

私の上司に依頼をしました。

 

上司は、人脈をフルに活用し、

手当たり次第に連絡をして、ついに、

プラチナチケット2席をもぎ取りました。

 

後日、その上司に言われた言葉は、

私の胸に突き刺さりました。

 

「良いか。

 俺たちの仕事は、広告だけじゃない。

 

 広告だけで評価してもらおうと思うな。

 

 クライアントの人生の課題すべてに、

 全力で向き合うのが、俺達の使命だ。

 

 彼だって、無理を承知で頼んでるんだ。

 

 結果、無理だったとしても、

 本気で挑むかどうかが大切だ。

 俺達がどれだけ

 相手のことを想っているのか、

 それが試されていると思え。」

 

私は、早々に諦めて赤っ恥をかいた上に、

 

「仕事以外は、力を抜いて良い」

 

という自分の正義を

勝手に振りかざしていたことに気付きました。

 

クライアントのおかげで

自分の給料がある以上、

クライアントの正義に向かって

死力を尽くすことを

学ばせていただいたのです。

 

さて、本日は子ども達と砧公園へ。

 

 

私がどれだけ子ども達を想っているか、

それを自ら感じる、

公園日和の休日でした^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆藤沢涼のスマホ在宅「月収5万円」プロジェクト

 

完全在宅で、まずは「月収5万円」を

着実に得ていきたいあなたへ。

 

こちらから、私のLINEにご申請の上で、

「お名前」と「藤沢涼 無料コンサル希望」

というメッセージをお送りくださいね。

 

http://fujisawa-ryo.com/smart_b