■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2023年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


電通に「強制捜査」現役社員も逮捕か?

2022年11月25日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

社長ブログランキングへ 

 

 

電通の元社員である高橋治之氏が、

受託収賄容疑で逮捕されてから、

私は複数のテレビ番組に出演して、

電通社内を実際に見てきた立場で、

私の見解をお伝えしてきました。

 

その中で、

 

「これは高橋氏個人だけの問題ではない。

 電通という、古くも巨大な組織が、

 犯罪の温床になっている」

 

と言い続けてきました。

 

ところが、残念ながら、

その部分は基本的には、

放送でカットになっていました。

 

生放送でも、私がそう斬り込むと、

発言を止められるシーンがありました。

 

もちろん、未確定情報を断定するような

見解をそのまま、報道番組で取り扱うことは

難しかったのだと理解しています。

 

ただ、あれから捜査が進み、いよいよ、

電通に強制捜査が入りました。

 

独占禁止法違反(不当な取引制限)

容疑による、家宅捜索です。

 

私が電通に在籍していた頃から、

 

「こんなに分かりやすい

 既得権益があって良いのか?」

 

と自社の仕事のあり方を

疑問に思い続けてきました。

 

仕事を創発する力は必要とされず、

前年の実績から、億単位のお金を受注する。

 

その繰り返しの日々に、

チャレンジ精神は失われる一方でした。

 

私は、新たな挑戦で人生を変えたかったし、

社会を少しでも変えたいと思っていたので、

このまま、電通というぬるま湯に浸かっていたら、

人生が終わってしまうと、電通を退社しました。

 

奇しくも、同じ広告業界の中で、

決して談合などはせずに、

メディアを変えようと挑戦し続けた

サイバーエージェントが、ABEMAで、

W杯を全試合無料放送しています。

 

先日のドイツ戦では、NHKよりも、

本田圭佑さんが解説したABEMAの方が、

圧倒的に視聴者に評価されていました。

 

ABEMA開局以来、

初の1日1000万人視聴も達成されました。

 

既得権益に胡座をかき、

そこにあった罪に、

ついにメスが入った電通と、

メディアに革命を起こし続け、

国民の支持を集め続ける、

サイバーエージェント。

 

私が読んだ通りに、

いや、私が読んだ以上に、

時代は大きく変わっています。

 

ついに、電通の現役社員にも、

逮捕者が出てしまうのか?

 

「電通の膿=日本の膿」

 

を、とことん出すためにも、

東京地検特捜部には、今回、

思いっきりやって欲しいと思います。

 

メディアの皆様、

また私の声が必要でしたら、

少しでもお力になりたいので、

ご連絡をお待ちしております。

 

追伸;

 

今日は、訳あってスーツを着ています。

 

 

あれだけ嫌いだったスーツですが、

電通時代のトラウマを解消して、

少しずつ、ファッションの1種として

楽しめるようになってきました。

 

 

 ※本日の藤沢涼の記事が

  少しでも有益だと感じて頂けたら、

  こちらのブログランキングに

  ご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、

特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

西前涼も「元電通マン」を名乗る?

2022年11月17日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

社長ブログランキングへ 

 

藤沢涼から西前涼への改名に関して、

好意的に受け止めていただけて、

とても嬉しく思っております。

 

まだ決定ではありませんが、ちょうど、

電通を退社して、毎日投稿を

スタートしてから、10年。

 

次の10年は「西前涼」として発信し、

「藤沢涼」がこの10年間で

築いてきた信頼とブランドを

大きく超えていくことも視野に入れて、

検討を進めております。

 

今回、いただいたご意見の中には、

 

「歌舞伎役者みたいに、

 名前を継承していくのはどうですか?」

 

「現在活躍しているYouTuberみたいに、

 Ryokinとか、リョウとかにするのも、

 面白いのではないですか?」

 

というものもありました。

 

様々な感性に合わせていくことは

とても重要だと思いますので、

そのような面白い案も、

選択肢に入れていきますね。

 

さて、名前と共に、いや名前以上に、

ご注目いただいているのが、

「元電通マン」という肩書きを

いつまで名乗っていくか?です。

 

私が電通を退社して、

3年を過ぎた頃から、時々、

 

「おまえ、いつまで、

 元電通を名乗ってるんだよ?」

 

という、アンチさんからのご意見を

いただいていました。

 

退社から10年以上が経った今、

私への直接の批判は減っていますが、

「いつまで?」というご見解を持つ方は、

潜在的には増えているかもしれません。

 

ただ、私は、引き続き、

「元電通」を名乗っていこうと思っています。

 

なぜなら、私は、

 

「良い大学、良い会社に進めば、

 幸せになることができる」

 

という日本の常識の通りに歩んだのに、

そうではなかったという現実を

伝える使命があると思っているからです。

 

私が電通を退社して、

電通の悪しき文化を発信し始めたばかりの時は、

多くの人が、私が嘘を吐いているとか、

社内で出世できなくて逆恨みしているなどと、

私を非難しました。

 

ところが、私が発信し続けてきた通り、

電通に大きな問題があったことが、

様々な事件で明らかになっていますし、

その証人として、私がメディアに

呼ばれることも増えてきました。

 

ですから、電通が膿を出し切って

素晴らしい企業に生まれ変わるか、

残念ながら倒産してしまうまでは、

私の使命は終わらないと思うのです。

 

ということで、私は引き続き、

「元電通マン」としての

発信を続けていきます。

 

応援してくれるあなたも、

アンチさんのあなたも、引き続き、

温かく、見守ってくださいね。

 

本日の写真は、祖母の葬儀で、

全てのお酒が無くなるまで

祖母を偲んで一緒に飲んだ弟が

こっそり撮影してくれたものです。

 

柩の扉を開けた瞬間だったので、

先日は公開を控えたのですが、

故人が写っているものでは無く、

私達から祖母への愛が伝わる写真だと

見返していて感じたので、

改めてアップしています。

 

 

 

 

 ※本日の藤沢涼の記事が

  少しでも有益だと感じて頂けたら、

  こちらのブログランキングに

  ご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、

特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

電通退社時に、自分に課したこと

2022年11月14日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

社長ブログランキングへ 

 

 

私の祖母である西前久子に対して、

大きな大きな愛をくださった皆様に、

心から、感謝を申し上げます。

 

SNSのコメントやメルマガへのお返事で、

たくさんの方が温かいお言葉を

掛けてくださったので、

私の心は救われました。

 

オーストラリアのビジネスパートナー・

パーカーたまえさんは、

まだ1度もお会いしたことがないのに、

素敵なお花を贈ってくださいました。

 

 

メッセージカードには、

 

「涼さんの命を繋いでくださった

 お婆様に感謝申し上げます」

 

と綴られていました。

 

温かい愛を、本当に、

ありがとうございます。

 

私は、電通を退社する時に、

 

「毎日、インターネットに記事を書く!」

 

と、自らに課し、

 

「それでも成功できなければ、 

 この道を諦める!」

 

と、決意を持って起業し、

文章を書き続ました。

 

そして、何とかその先に、

経済的自由を確立することができました。

 

まだまだ未熟ですが、

大変な時でも書き続けたからこそ、

信念を貫いて発信し続けたからこそ、

今の私があると思っています。

 

今回、祖母が危ない状態になってから、

記事を書くことが難しくなって

しまった時期もあります。

 

特に、亡くなってからの数日間は、

書くのをやめようかと、

何度も考えました。

 

しかしながら、それでも、

こうして書くことが、

誰かの希望になり、誰かの勇気になり、

少しでも、その方達の人生を

より良くできる可能性があるならと、

書き続けてきました。

 

この覚悟を持てたのは、

祖母のおかげだと、改めて感じています。

 

祖母が書き続けてくれた手紙が、

私の人生を変えてくれた思い出が、

私の心には強く刻まれています。

 

「早く目的を定め、何をしたい、

 何になりたいとゆう希望と夢を持って

 それに向かって頑張ってほしい」

 

などという言葉に、

何度も何度も、励まされました。

 

 

ですから、言葉は人を動かすと、

私は信じていますし、

実際に私の人生を変えてくれた祖母に、

改めて、感謝すると共に、

西前家の子孫であることを誇りに思います。

 

今日、娘と遊んでいたら、突然娘が、

 

「パパが焼かれちゃうの、嫌だ!」

 

と言いました。

 

娘にとっては、

衝撃的だった祖母の葬儀。

 

私も、祖母の出棺時に

耐え切れずに号泣してしまったので、

事の重大さを認識し、

深く傷付いた私の心を理解してくれて、

私の心に寄り添ってくれたことが嬉しいです。

 

「あおちゃん、、、

 残念ながら、パパが焼かれてしまう未来も

 いつかは来てしまうけど、

 だからこそ、1日1日を大切にして、

 生きていこうね!」

 

祖母は、私と娘の絆も、

さらに強く、強くしてくれました。

 

 

 

 ※本日の藤沢涼の記事が

  少しでも有益だと感じて頂けたら、

  こちらのブログランキングに

  ご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、

特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

ADK社長逮捕で「報道ステーション」出演

2022年10月19日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

社長ブログランキングへ 

 

東京オリンピック・パラリンピックを巡る汚職事件で、

東京地検特捜部は19日、広告会社

「ADKホールディングス」の社長ら3人を

贈賄の疑いで逮捕しました。

 

今回逮捕されたのは、

「ADKホールディングス」社長の

植野伸一容疑者ら「ADK」側の3人です。

 

また、受託収賄の疑いで

組織委員会・元理事の高橋治之容疑者も

再逮捕されました。

 

特捜部によると、

植野容疑者らは「ADK」が

大会スポンサーの契約に関連した業務を

担当できるよう高橋容疑者に依頼し、

およそ1400万円の賄賂を

渡した疑いが持たれています。

 

一方、高橋容疑者は「ADK」や、

大会マスコットのぬいぐるみを販売した

「サン・アロー」からあわせて

およそ5400万円の賄賂を

受け取った疑いがあるということです。

 

この事件に関して、元電通マンとして、

私の見解を放送させて欲しいとのことで、

テレビ朝日「報道ステーション」から

出演依頼をいただき、つい先程、

宮崎空港でZOOM取材していただきました。

 

 

今夜の生放送にて、

22時の放送開始直後に

私が出演する予定ですので、

是非、ご覧くださいね。

 

電通関連で逮捕者が多数出ることは、

OBの私にとってはとても悲しいことですが、

私には、時代の大きな変化を

社会に伝える使命があるのだと、

強く感じております。

 

今後も、私を必要としていただける番組があれば、

そのお力になりたいと考えております!

 

 

 

 ※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

藤沢涼


あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

電通勤務時代の「ヤンチャ写真」公開

2022年09月10日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

元電通の高橋治之氏の汚職事件を受け、

TBS「サンデージャポン」、

ABEMA「ABEMA Prime」と続けて、

出演させていただきました。

 

そして、これらの番組の中での、

私の見解をご評価いただき、この度、

また次の番組のオファーをいただきました。

 

その番組のスタッフさんから、

 

「藤沢さんの電通勤務時代の写真を、

 番組内で使わせていただけませんか?

 

と、ご依頼いただきました。

 

私が、どんな電通時代を過ごし、

どうして退社を決断したのか、

その細かいストーリーも、

当時の写真を映し出しながら、

番組内で描きたいとのことです。

 

「私は入社当時、生意気だったので・・・」

 

と、やわらかく

お断りしようとも思ったのですが、

隠すのもどうかな?と感じたので、

過去の写真を選んで、

スタッフさんにお送りしました。

 

 

すると、

 

「イケイケでございます!」

 

とのお返事が!笑

 

 

これは、もしかしたら、

番組出演自体が無くなってしまうかも・・・

 

と危機感を覚えておりますが、

さて、どうなることやら!?

 

今回の事件は、

以前の記事にも書いた通り、

電通の企業文化の延長線上に起こっていると、

私は捉えています。

 

そして、私自身も、

その電通の悪しき文化に

染まりかけた時期がありました。

 

染まり過ぎたら、私も賄賂を受け取り、

逮捕される末路だったかもしれません。

 

人生、どの選択が正解だったかなんて、

絶対的な答えは分かり得ませんが、

自らが選んだ道を正解にする努力を、

これからも、一歩ずつしていきたいなと、

感じた次第です。

 

それでは、次回の番組出演情報、

また改めて、ご案内させていただきますね!

 

 

 ※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

ABEMA出演映像を公開します!

2022年09月09日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

今回の東京五輪贈収賄事件は、

高橋治之氏の個人的な犯行だったのか?

 

あるいは、電通の組織的な犯行なのか?

 

汚職の真相はいよいよ、

その核心に迫ってきたと考えています。

 

そして、私は後者の、

 

「電通の、企業としての犯罪である」

 

に、帰結すると思います。

 

高橋まつりさんが亡くなった時も、

そのような展開を辿りました。

 

最初は、彼女の

個人的な問題で亡くなっていて、

電通に罪は無いと、

片付けられてしまいそうでした。

 

ところが、彼女がTwitterに残していた

電通社内のパワハラ・セクハラ、そして、

過重労働の事実が明らかになると、一転、

電通の会社としての責任が追及され、

電通は、“殺人企業”と断定されました。

 

今回も、高橋治之氏が、

電通を離れてから個人的に犯した罪ではなく、

その共犯者が電通社内にいたこと、

そして、彼が電通に在籍していた頃から、

このような贈収賄が繰り返されていたことが、

捜査によりどんどん明らかになっていくと、

私は睨んでいます。

 

もちろん、

現時点では、そう断定できないからこそ、

公平性・透明性を重んじる報道機関では、

私のような見解は封じられるのが一般的です。

 

ところが、ABEMAでは、

生放送で放送してくれました。

 

 

場を仕切る平石直之アナウンサーが、

少し軌道修正する場面もありましたが、

それでも、一見解として、

私の声を報道してくださったことは、

大変大きな意義があると思います。

 

さて、今回の

久しぶりのテレビ・スタジオ出演に、

私は、息子を同伴しました。

 

 

 

番組が創られ、放送される現場を、

息子にも体感させてあげられたことを、

とても嬉しく思います。

 

大きな控室を用意してくださり、

 

 

EXITの兼近大樹さんが、

その前で写真撮影してくださり、

 

 

帰路は、アルファードのタクシーを

手配してくださいました。

 

 

親子の貴重な人生経験にもなって、

ABEMAさんに感謝です。

 

放送された「ABEMA Prime」の映像は、

6日間、無料でご覧になることができますので、

こちらのURLから是非、ご覧になってくださいね!

 

http://fujisawa-ryo.com/ab9_b

 

なお、他局さんを含め、

私の声を必要としてくださる番組があれば、

引き続き、私の各SNSでお声掛けください^^

 

 

 ※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

電通の元上司が、逮捕されました

2022年08月20日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

大々的に報道されているので、

多くの方がご承知の通りかと思いますが、

東京五輪2020で組織委員会の理事を務めた

元電通の高橋治之氏が、

受託収賄容疑で逮捕されました。

 

私が入社した2001年当時から、

高橋氏は、社内で注目を集める存在でした。

 

「伝説の電通マン」

 

であり、

 

「サッカーをビッグビジネスにした張本人」

 

であり、

 

「スポーツビジネスのフィクサー」

 

という、

電通社員という枠組みを超越するような

唯一無二のビジネスマンでした。

 

それまでは、

お金にならなかったスポーツを、

巨万の富を生み出すイベントに仕立て上げた、

正真正銘の天才です。

 

だからこそ、社内でも特権を持ち、

そこに流れ来る一部のお金を

ポケットマネーにしている噂は、

常に囁かれていました。

 

世田谷の豪邸は、

電通の給料だけで建てられるはずが無いと、

多くの社員が疑っていました。

 

それでも、この社会は、

清濁併せ呑むことが必要であり、

それを第一線でやっているのが、

高橋氏だという印象でした。

 

それはまた、

社会を潤滑に回すための必要悪とされ、

そこにメスが入ることは無いだろうと、

同僚達も、私も、考えていました。

 

ところが、ついに、

東京地検特捜部が動き出しました。

 

私は個人的に、

安倍元総理が亡くなったことが、

今回の件を追及する動きを

加速させたと考えています。

 

奥様の昭恵さんは、元電通社員です。

 

こうして、政治の世界とも

深く付き合っていた電通は、

ある意味、治外法権のような立場で、

ずっと守られていました。

 

その壁が崩壊してしまって、

巨悪が罰せられる時が、

いよいよ到来したと感じているのです。

 

そのような見解を、

私の記事にしようと思っていた時、

あるテレビ局から、取材の依頼をいただき、

撮影していただきました。

 

私の見解をどこまで

放送していただけるかは分かりませんが、

テレビ局も、電通との良い関係を

構築するべき立場でありながら、

電通の悪をしっかり報道する姿勢を、

私は素晴らしいと感じました。

 

放送が正式に決まりましたら、

また記事にさせていただきますね。

 

さて、汚いお金が溢れた東京五輪ですが、

子ども達に夢を与えてくれたことは、

紛れもない事実。

 

私達は家族で、夏休みの遊びの一環として、

国立競技場スタジアムツアーに行きました。

 

 

 

 

 

選手達の美しい汗と、感動の涙を、

美しくないお金で汚して欲しくないなと、

複雑な感情を抱えながらも、、、

 

選手ロッカールームに入ったり、

 

 

競技トラックで走ったり、

 

 

満喫してきました。

 

ビクトリーサインの映像で、

サインを終えた子ども達がハグしているのが、

また1つ、夏の素敵な思い出となりました^^

 


 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

私が銀座と「絶縁」していた理由

2022年06月16日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

SIXPAD SHOWROOM GINZAでの体験を終え、

久しぶりに訪れた銀座を、子ども達と一緒に

散策してみました。

 

私は、汐留に本社がある電通を退社した後、

その隣に位置する銀座には、数年間、

足を踏み入れませんでした。

 

「電通社内で体験した

 辛いことを思い出してしまう」

 

「私に暴力を振るった

 元上司に会いたくない」

 

「起業して未来に向かうため、

 過去を振り返りたくない」

 

などと考えていたからです。

 

つまり、私にとって、

汐留・新橋・銀座は、“絶縁した街”でした。

 

抵抗無く訪れるようになったのは、

私がもし、電通を退社していなかったら

得られていたであろう生涯賃金を、

退社後の事業や投資での収入が超えてからです。

 

私は、私の判断が間違っていたと

感じたくなかったのでしょう。

 

もちろん、収入はたった1つの側面であり、

起業して得られた「自由」の方が、

私にとっては、価値があるものです。

 

それでも、たった1つの側面でも、

「負け」たくなかったという、

未熟で幼稚な、私の意地ですね。

 

さて、

 

「銀座は大人の街」

 

という印象がありますが、

子ども達も楽しめる空間が

たくさんありました。

 

特に、GINZA SIXは、

 

 

ロボットと会話ができる「Robot Planet」、

 

 

ドライビングシミュレーターの「DRiVe-X」、

 

 

「DIOR」の素敵な屋上庭園などがあって、

 

 

親子で楽しむことができました。

 

息子も、娘も、

 

「渋谷より、銀座が好き!」

 

と言っていたので、これから家族で、

銀座に通うことが増えそうです^^

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

「電通暴力事件」赤裸々に語ります

2022年04月30日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

私は、電通の入社1年目に上司から殴られて、

頸椎損傷の怪我を負いました。

 

「全治3週間」という診断でした。

 

すぐに、警察に届けて、

刑事事件にしてもらおうと考えましたが、

様々な理由で、見送りました。

 

その後、望んでいた部署に異動となり、

やり甲斐を感じられる仕事もできましたが、

結果的には、

 

・やはり、電通の風土が合わなかった

 

・労働者であり続けることに限界を感じた

 

・いつまでも広告主の奴隷だと思った

 

・インターネットの台頭に勝機を見出した

 

などの理由により、退社しました。

 

そして、メルマガやSNSで、

電通の悪しき文化に関して、

私なりに発信していました。

 

「私のように、縦社会の中で苦しみ、

 パワハラや暴力の被害を受けて欲しくない」

 

という思いが強くありましたし、

 

「良い大学・良い会社の時代が終焉したこと」

 

を、広く伝えたいと思っていました。

 

すると、毎日新聞出版の

 

「週刊エコノミスト」が取材してくださり、

田原総一朗さんなどと名を連ねて、

私の見解を取り上げてくださいました。

 

その中でも、私が電通で体験した

暴力事件のことに触れ、

マスコミの力を借りて多くの方に、

この事件が知られることになりました。

 

ただ、その誌面でも、

この事件の真相や詳しい状況は、

お伝えし切れていませんでした。

 

今回、当時を思い出しながら、改めて、

事細かに、赤裸々に語らせていただきました。

 

 

 

「怒り」や「悲しみ」の感情が湧き上がり、

暗い映像になってしまったかもしれませんが、

私は、この事実をもっと多くの方に

伝えていく義務があると感じています。

 

是非、こちらからご覧になってください。

 

【電通暴力事件】元社員が赤裸々に語ります

 


 

なお、動画の中でもお話ししていますが、

お子様がいらっしゃる親御さんには、

次の被害者を出さないように、お子様にもシェアして、

一緒にご覧いただきたいです。

 

私のこのような発信が、

日本社会を少しでもより良くする未来に

繋がることを願っています。

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

会社を解雇された先に、年商1億円

2022年01月08日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

大きな成功を勝ち取っている方の大半は、

過去に、大きな痛みや傷を抱えています。

 

「数千万円の借金があった」

 

「日常生活が困難になる程の

 大病をしてしまった」

 

「大切な方を亡くしてしまった」

 

「親族や親友の保証人になって裏切られた」

 

「自己破産した経験がある」

 

乗り越えられない程の苦悩を背負って、

その先に、人生を激変させたのです。

 

何の痛みも無く、

生まれてきてからずっと順風満帆に

人生を豊かにしている人は、きっと、

1人もいないのではないでしょうか。

 

私自身も、実の父親に捨てられ、

2番目の父親からは、虐待を受けました。

 

電通では、パワハラ・暴力の嵐でした。

 

私が味わった痛みなど、

他の方から比べると、

大したことは無いかもしれません。

 

それでも、

私なりに抱えた苦しさを脱却するために、

努力を重ね続けた先に、現在の幸せがあります。

 

そして、この方も、

大きな痛みを負った先に、

人生を劇的に変えられたお1人です。

 

博報堂という一流の広告代理店に勤められ、

スター社員としてご活躍されていたのに、

突然、会社から解雇されてしまった、

三浦孝偉さんです。

 

その経緯を、私は深くお聞きしましたが、

組織にあった罪を、不運にも、

三浦さんお1人に被せられたと、私は感じました。

 

私が勤めていた頃の電通では、

当たり前のようにあった光景なので、

“罪”と言い切ることもできないようなことで、、、

 

「関係者達に、殺意を覚えた」

 

三浦さんはそうおっしゃっていましたが、

もし私だったら、本当に、

その行動をしてしまったかもしれません。

 

そのくらいの、許し難い悲劇です。

 

でも、三浦さんは、乗り越えられました。

 

「組織から切り捨てられ、人間不信になり、

 しばらくは塞ぎ込んでしまった」

 

「でも、家族のために収入を得なければならない。

 だからこそ、ネットビジネスに光を求めた」

 

「その場で、先に活躍していた藤沢涼の存在は、

 とても有り難かった」

 

そうおっしゃってくださった三浦さんは、

瞬く間に、年商1億円を達成されます。

 

業界全体が、玉石混交の情報に溢れていた頃も、

三浦さんは、

 

「俺は、本物しか紹介しない」

 

というポリシーを貫かれました。

 

そのスタンスで達成された、年商1億円。

 

常軌を逸しています。

 

このように美しくビジネスをされ、

大成功されている三浦さんが、

昨年末、リアルセミナーを開催されました。

 

度肝を抜かれるような

素晴らしい内容であったことは、

私の記事に綴った通りです。

 

そして、そのセミナーを受講できるチャンスが、

この新年、また東京と大阪にやってきました。

 

前回のセミナーへの複数の方の感想も、

募集ページに掲載されていますが、

素晴らしいメッセージが揃っています。

 

意識の高い皆様が、

高く高く評価されたリアルセミナー。

 

私の感想も、“元電通 起業家”として

掲載してくださっているので、

セミナーの詳細とあわせて、ご確認ください。

 

http://fujisawa-ryo.com/koim202112_b

 

ZOOMでは感じることが難しい、

三浦孝偉さんの熱い熱い、魂。

 

セミナー会場で、リアルに感じてくださいね!

 

追伸;

 

昨年末の会場での三浦さんとの2ショットと、

お酒の席での2ショットを再掲載します。

 

 

多くの方がおっしゃるのですが、

三浦さんの凄さは、

飲みの場でこそ、最大化します。

 

飲みニケーションの真髄、

もし学べる機会があったら、

逃さないでくださいね^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆藤沢涼のスマホ在宅「月収5万円」プロジェクト

 

完全在宅で、まずは「月収5万円」を

着実に得ていきたいあなたへ。

 

こちらから、私のLINEにご申請の上で、

「お名前」と「藤沢涼 無料コンサル希望」

というメッセージをお送りくださいね。

 

http://fujisawa-ryo.com/smart_b