■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


2016年を振り返って~「命」を見つめた1年間~

2016年12月31日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

2016年の365日、私自身が綴った記事を読み返し、

「命」を見つめた日々を歩んできたと感じています。

 

1月は、私の誕生日を大好きな街・京都で迎え、

妊娠していた妻の「安産祈願」をしてきました。

 

 

宿泊した「ANAクラウンプラザホテル京都」に、

YOSHIKIが愛用するクリスタルグランドピアノがあり、

とても興奮したことを思い出します。

 

 

2月は、OyaGHIPHOP界の重鎮ZEEBRAから、

「格好良いオヤジ像」を教えていただきました。

 

 

そして、日本名水百選の忍野八海に家族で行き、

美しい水をいただいて妻のお腹に育つ子の安産を

引き続き願いました。

 

 

3月は、ホワイトデーに妻にプレゼントした際、

起業直後に苦しい思いをさせて、

格好悪い姿を見せたことをお詫びしたら、

 

「家族のために全力で頑張ってくれたあなたは、

 輝いていて、最高に格好良かった」

 

と言ってくれて、

翌月生まれる予定の娘のためにも、

改めてビジネスを頑張ろうと誓いました。

 

 

4月は、家族3人でマタニティフォトを撮り、

いよいよ、生まれ来る新たな命を心待ちにしていました。

 

 

また、ロータリークラブでの講演を

グランドパレスの「葵の間」でさせていただき、

娘の名前候補だった「葵」と名付けることを決めた翌日、

その葵が元気に生まれてきてくれました。

 

 

5月は、生まれてきてくれた娘の育児に毎日向き合い、

インターナショナルスクールに行かせていた息子も

家庭に戻し、家族4人の家庭保育の時間を大切にしました。

 

 

6月は、井口晃さんのご自宅を訪ね、

FAS社長の吉村さんと一緒にLAに行き、

大規模プロモーションの撮影をさせていただきました。

 

 

7月は、LAからラスベガスに移動し、セドナも訪れ、

ビジネスの成功と家族の幸せを願いました。

 

 

また、帰国後すぐに、家族4人で初めて、

ディズニーランドに行きました。

 

 

8月は、Ryos Partyの山口誠一郎さんのご結婚式で

名古屋を訪れ、貞方邦介社長とも交流させていただき、

「大衆と真逆の判断・行動をする」という成功法則を

直接学ばせていただきました。

 

 

 

 

妻の誕生日祝いでは、偶然MEGUMIさんと再会し、

水戸黄門でキャスティングさせていただいた頃を

懐かしく思い出しました。

 

 

9月は、名古屋で家族の国内旅行に目覚めた勢いのまま、

広島、徳島、愛媛を周遊させていただきました。

 

 

カープの大躍進で歓喜に沸く広島の皆さんに、

大きなエネルギーをいただきました。

 

 

10月は、電通の新入社員が

過労自殺で亡くなるという大変悲しい報道を受け、

「東京新聞」、「中日新聞」、「週刊現代」、

各紙(誌)から、元社員としての声を求めていただきました。

 

 

プライベートでは、その悲しみを忘れるように、

Visual Japan Summit」に3日間連続で興奮し、

日本発カルチャーの素晴らしさを確信しました。

 

 

11月は、電通に強制捜査が入り、報道が過熱。

TBS」、「AbemaTV」、「AERA」、「ZAITEN」など、

各マスコミで私の見解を取り上げていただきました。

 

 

その報道が落ち着いた頃、スマイリンングベイビーで

家族4人の写真を撮影させていただき、

母と息子と3人で行ったカラオケでは、

母から命を受け継ぎ、息子や娘を授かったことに加え、

電通のことなどで様々な感情が沸き起こり、

恥ずかしくも、号泣してしまいました。

 

 

12月は、今年の話題の多くを創った「週刊文春」と組み、

「電通の真実」という特集記事の制作に関わりました。

 

 

また、YOSHIKIのクラシックコンサートに感動、

 

 

雨の中のAIのフリーライブに感動、

 

 

音楽に、心を癒されました。

 

このような1年の中で、心を見つめる意識を持って

取り組んだ「エニアグラムプロジェクト」では、

多くの仲間と出会うことができました。

 

 

ということで、駆け足で1年を振り返りましたが、

前半は娘の「誕生」、後半は電通新入社員の「死」と、

「命」と向き合い続けた1年だと感じます。

 

有り難くいただいた人生、どう生きるか。

 

2017年は、このテーマを見つめ続けながら、

引き続き、私なりの視点で発信し続けていきます。

 

本年は大変お世話になりました。

関わってくださったすべての皆様に、御礼申し上げます。

 

来年も、何卒宜しくお願い致します。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

電通幹部事情聴取へ「組織的な残業隠蔽」

2016年11月08日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

社長ブログランキングへ

 

電通への強制捜査を受けて、元社員としての

私の見解を各メディアが求めてくださり、

昨日は「TBS」に加え、「テレビ朝日」と

「サイバーエージェント」が手掛ける

AbemaTV」に出演させていただきました。

 

いよいよ、テレビも本格的に動いてくださり、

「日本人の働き方を、今こそ変えたい」と願う、

私の声を日本全国に届けてくださったことに、

心から感謝申し上げます。

 

放送していただいたのは、

 

TBSNスタ」

 

dentsu20161108_1

 

TBSNEWS23

 

dentsu20161108_2

 

TBS「あさチャン!」

 

dentsu20161108_5

 

dentsu20161108_6

 

AbemaTVAbema Prime

 

dentsu20161108_3

 

dentsu20161108_4

 

4番組です。

 

放送後、多くの方から、

「テレビ見ました!」とメッセージをいただき、

テレビが持つ力を再認識しています。

 

そして、テレビが動けば日本が変わると

これまでお伝えしてきた通り、これからの日本は、

きっと変わっていくと信じています。

 

これまでの電通への捜査で、少なくとも30名の社員が、

100時間以上の残業の過少申告をしていた実態が

明らかになりました。

 

最大の資産が「人」であるとする電通が、

人にとって最も貴重な「時間」を軽視するという、

明らかなる矛盾が発覚したのです。

 

私自身も、電通に勤務していた時代には

サービス残業に涙を飲んできましたし、

電通だけではなく、他の多くの会社の社員も、

似たような苦しみを味わっているでしょう。

 

だからこそ、まずは電通を変えて、

日本全体に「働き方改革」を拡げていくことが

急務だと思います。

 

当然、「セクハラ」「パワハラ」という

企業風土も同時に変えていくことが大前提です。

 

今回、「Abema Prime」で共演させていただいた

NHKアナウンサーの堀潤さん、

博報堂の現役社員でいらっしゃる原田曜平さんも、

同じ問題意識を持っていらっしゃることがわかり、

心強く思いました。

 

また、ウーマンラッシュアワーの村本大輔さんも、

私に賛同してくださり、彼の言葉で、

働き方の改善への提言をしてくださって、

感謝しています。

 

これからも、各メディアからのご依頼に応え、

私なりに、社会に提言し続けていきますね。

 

さて、その一方で、、、

 

慶應ではまた、不祥事が起こってしまいました。

 

交際相手を駅のホームから線路に突き落とした慶應生が、

「殺人未遂容疑」で逮捕。

 

駅員が緊急停止ボタンを押さなければ、

列車が突入し、大惨事になるところでしたので、

本当に腹立たしい事件です。

 

このような社会情勢の中で、日本人は、

「心のあり方」を見つめ直さなければいけないと、

思いを日に日に強くしています。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

「レコ大」1億円買収報道とHIRO社長退任

2016年10月27日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

family20161027

 

三代目JSBTBS「レコード大賞」の受賞を

1億円で買収した」決定的な証拠が報じられ、

その裏で、所属事務所LDHの社長HIRO

退任を発表しました。

 

音楽を愛する心がある人であれば、

最近のレコード大賞には明らかな

違和感を覚えていたはずですから、

この報道も、あまり驚かれていません。

(本当の音楽ファンは、あの番組を見ないでしょうが)

 

ただ、1億円の生々しい請求書という

物的証拠が出てきていることに対し、私は、

芸能界、マスコミの膿が溜まりに溜まり、自ら、

その膿を出さざるを得なくなっている苦境を感じます。

 

私自身、音楽の世界に夢を見た1人です。

しかし、電通に入社してから、

その裏側のあまりにも汚い部分を見てしまい、

それ以前に憧れていた輝かしい舞台を

嫌悪するようになりました。

 

そして、その一方で、

業界の汚さを知りながら、それでもなお、

自己表現を志すアーティストの苦悩を

悲しく見つめていました。

 

その視点で見ると、

LDHを代表するアーティストATSUSHIが、

海外音楽留学を理由に

EXILELDHと距離を置いているのは、

業界のあまりの汚さに嫌気が差したことが主因だと

捉えています。

 

LDHは、今回の問題だけではなく、

パワハラなどの企業体質が指摘されています。

ところが、これらの説明責任を負う社長のHIROが、

このタイミングで退任してしまうのは、

看過できません。

 

成功の賞賛だけ浴びて、糾弾から逃げる姿勢は、

リーダーとして失格です。

 

LDHの売り上げを支えてくれたファンの皆様への

裏切り行為です。

 

利権を握る人間が、裏側で汚い金儲けをするのは

歴史の中で繰り返されてきました。

 

清濁併せ吞むことができないと、

ビジネスで成功できないのも事実かもしれません。

 

しかし、私は、

若い人の夢や希望を奪うようなことは、

撲滅しなければならないと考えます。

 

日本がもう一度輝くためには、

若者の健全な夢や希望が絶対的に必要です。

 

そのためにも、溜まった膿を出す自浄作用を

社会全体が求めていくべきではないでしょうか。

 

広告業界、マスコミ、芸能界、、、

 

古過ぎて、汚過ぎる世界を、

少しでも美しくしていくことが、

それらの世界の中心に存在する電通を卒業した

私の使命の一つだと捉え、努力していきたいと思います。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

雨宮塔子さんが「子供を捨てた」バッシング

2016年08月03日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

mama_aoi_tasubasa20160803

 

TBSアナウンサーの雨宮塔子さんが、

フランスに2児を置いて「NEWS23」に復帰し、

「子供を捨てた」と批判を受けています。

 

元ご主人であるパティシエの青木定治さんとは

昨年離婚が成立しており、青木さんはすでに、

別の女性と結婚しています。

 

そして、青木さんの現在の奥様が、

 

2人の子供を押し付けて帰国するなんて身勝手。

 私はベビーシッターじゃない!」

 

と憤慨していると「女性自身」が報じたため、

 

「ニュースキャスター失格だ!」

 

「子供を捨てる母親が増えている」

 

「離婚だけでも身勝手なのに有り得ない」

 

などと、激しいバッシングが起こっているのです。

 

しかしながら、雨宮さんの「婦人公論」での

インタビューを拝見すると、

別の真相が浮かび上がってきます。

 

古巣であるTBSに与えられたチャンスに、

雨宮さんがとても悩んでいると、

小学生、中学生になっている2人の子供が、

 

「ママはこの仕事を諦めちゃダメ。」

 

「ママはママの人生を生きて。」

 

「でも、自分達は今の学校を変えたくない。」

 

と、明確な意志を示したのだそうです。

 

その上で、フランスの法律に則り、

親権を共同で持つ青木さんが子供達を引き受ける

と合意したことで、子供達も安心して見送った、

ということのようです。

 

日本では、少子化問題への対策や、

女性の社会進出を望む声も大きくなりますが、

雨宮さんへの批判が拡がる風潮を見ると、

まず、その風土を変えなければいけないと感じます。

 

私自身も、妻に対しては、

良きタイミングで、ビジネスに

再チャレンジして欲しいと考えています。

 

長男を見ていると、3歳くらいまでは、

子供が大きな愛を求めますから、

できるだけ家庭に軸足を置くべきだとも

考えていますが、その後は、

夫婦で相談しながら、適切なバランスを取るべきです。

 

特に、インターネットを活用すれば、

そのバランスは取りやすい時代になっていますので、

 

「子供を産んだら育児に専念すべき」

 

という固定観念を外して、

しっかりと子供達の様子を見ながら、

家族の人生設計をしていきたいですね。

 

雨宮さんのご活躍を願い、

1人の母親としての生き方を、

参考にさせていただきたいと思います。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

金閣寺、清水寺に救われた日々

2016年01月27日

※激戦の社長ランキングの中で、

 藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

 

kyoto0127_1

 

20代で京都太秦の撮影現場に入った当初、

京都の方々はとても怖い存在でした。

 

ドライで、排他的で、ガラが悪く、

若い私に真剣に向き合ってくれる方は

全くいないと感じていました。

 

スタッフ間の喧嘩も頻繁にあり、

怒号が飛び交う度に、

胃がキリキリ痛む、、、

そんな日々を送っていたのです。

 

視聴者として見ると、

とても温かい番組である「水戸黄門」も、

現場では揉めることが多くありました。

 

・演じる「俳優」

 

・放送する「TBS」

 

・制作する「東映太秦映像」

 

・番組提供する「松下電器(現パナソニック)」

 

それぞれに思惑があり、

時にそれらが交錯することで

現場に多大なストレスが溜まります。

 

その時、それを解決する役回りは、

広告代理店である電通の、

現場担当=私だったのです。

 

その様相は、

「板挟み」ではなく、「四面楚歌」。

 

20代前半の私にとって、

あまりにも荷が重い仕事でした。

 

ですから、時々、

現場から逃げるようにして、

金閣寺や清水寺の壮大な景観を眺めに行き、

心を落ち着かせていたことを思い出します。

 

kyoto0127_2

kyoto0127_3

kyoto0127_4

kyoto0127_5

kyoto0127_6

 

その後、

未熟ながらも一生懸命奮闘する私を見て、

京都の方々も少しずつ心を開いてくださり、

番組担当後半には、「心の友」のように

とても優しく接してくださいました。

 

このようにして

絆をとても大切にされる姿勢を見て、

最初は苦手だった京都の方や京言葉を、

私は愛するようになったのです。

 

快晴に恵まれた中、

久しぶりに金閣寺、清水寺を訪れ、

これらの場所が大切なことを

思い出させてくれました。

 

当時の関係各位の皆様には改めて、

感謝申し上げたいと思います。

 

お寺巡りの後は、京友禅を初体験しました。

 

元禄時代から続く京都の文化を

この手で実際に味わえて、

素晴らしい経験となりました。

 

私は、妻、息子、私、

それぞれの干支の絵を描いた

ハンカチを作りましたよ^^

 

kyoto0127_7

kyoto0127_8

kyoto0127_9

 

最後に、「北山モノリス」という

デザイナーズ空間で頂いた懐石料理も、

とても素晴らしかったです。

 

kyoto0127_10

kyoto0127_11

kyoto0127_12

kyoto0127_13

kyoto0127_14

kyoto0127_15

kyoto0127_16

kyoto0127_17

 

さて、明日は私の誕生日です。

 

ご報告させて頂きたいことがありますので、

また明日もご覧になってくださいね!

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

元電通マンの告白21~TBSとの深い関係~

2013年10月02日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

1002_2

電通はテレビ局と蜜月関係にあります。

特に、TBSは設立当初から
電通が関与しており、
最も深い仲を築いています。

例えば、「水戸黄門」は
パナソニックと電通が番組を制作し、
TBSが放送しました。

放送局が著作権を持たないという
異例の番組です。

また、TBSの役員の子供が電通に、
あるいは、その逆もあるなど、
人材も共有し合っている状況です。

さて、そんなTBSは、
放送事業が赤字続きで、
赤坂に持つ不動産事業で
生き延びていると
揶揄されて来ました。

視聴率はどんどん下がり、

「振り返ればテレ東」

と言われ、
民放5局の中で
長らく4位に甘んじてきました。

しかし最近は、
少し調子を取り戻しています。

先日の「半沢直樹」の大ヒットも、
更にそれを後押しするでしょう。

ちなみに、
「半沢直樹」の監督・福澤克雄さんは、
福沢諭吉の玄孫で、

「GOOD LUCK!!」

「砂の器」

「華麗なる一族」

などを担当してきた
TBSの名物監督です。

ところで、
TBSの代わりに凋落しているのが、
フジテレビ。

ライブドア騒動の余波で
制作費を削らざるを得ないのが
主因と見られています。

メディアとしての力が
衰退しているテレビですが、
視聴率は二極化しています。

今後、テレビは
どなっていくのか?

各放送局の運命はいかに?

テレビに10年従事してきた私は、
その動向を複雑な思いで
見守っています。

 

 

【Ryo’s Video】

・vol.1 「コミュニケーションデザイナーになろう」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2793

・vol.2 「電通SIPSの考察」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2802

 

【Ryo’s Voice】

・vol.1 「情報業界ってどうなの?」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2729

・vol.2 「就職はすべきかどうか?」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2767

 

藤沢涼


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料